LANDFXのスワップポイントまとめ。一覧表と付与タイミングまで徹底解説

LANDFX(ランドエフエックス)は、スプレッドの狭さと約定力の高さが特徴の海外FX業者です。

スプレッドの狭さや約定力の高さは、スキャルピングや自動売買(EA)の相性に優れているものの、中長期トレードの相性はどうでしょうか?

本記事では、ポジションの持ち越しが前提となる中長期トレードで重要なスワップポイントを解説します。

この記事で分かること

LANDFXのスワップポイントに関する注意点

✓LANDFXのスワップポイントに関する注意点
口座タイプによってスワップポイントが異なる
LANDFXのスワップポイント付与タイミング
スワップ3倍は木曜日

LANDFXのスワップポイントに関する上記の注意点を3つ解説します。

LANDFXのスワップポイントに関する仕様や、付与されるタイミング、そして付与が3倍になる曜日など重要な要素をあらかじめ確認しておきましょう。

口座タイプによってスワップポイントが異なる

LANDFXのスワップポイントは、口座タイプによって異なります。

スタンダード口座・プライム口座・ECN口座の3種類があり、いずれの口座タイプでもスワップポイントが個別に設定されているのが特徴です。

ただし、スワップポイントは政策金利やLANDFXの提携する金融機関の提示レート等によってスワップポイントへ変動します。

状況によっては、スタンダード口座とプライム口座が共通、プライム口座とECN口座が共通のスワップポイントといった場合も有りうるため、スイングトレードやスワップ狙いの取引を行う際は事前に確認しておくことが大切です。

LANDFXのスワップポイント付与タイミング

LANDFXのスワップポイントは、冬時間の場合だと月曜日から土曜日の午前7時、夏時間の場合は月曜日から土曜日の午前6時に付与されます。

スワップポイントが付与されるタイミングで保有しているポジションが対象となり、付与タイミングまでに決済されたポジションは対象外です。

また、前述したスワップポイント付与タイミングは日本時間で記載していますが、LANDFXはGMT(グリニッジ標準時)を採用しており、取引プラットフォームや公式サイトの時間表記と時差があることに注意しましょう。

スワップ3倍は木曜日

スワップポイントは、金利差を清算する役割を担っているため土日に関しても実際にはスワップポイントが発生しています。

ただし、メインとなる市場が土日は休場となっており、土日にスワップポイントが付与されません。

したがって、各FX業者では土日分を含めた3倍のスワップを特定の曜日に保有中のポジションを対象に付与します。

LANDFXでは、水曜日(日本時間では木曜日の早朝)に行われるスワップポイントの付与が3倍となるので、スワップポイントで稼ぎたい、スイングトレードでコストを下げたいといった方は要チェックです。

【ランキング】LANDFXでスワップポイントが多い通貨ペアとは?

スワップポイントを利益として狙う場合には、やはりスワップポイントの高い通貨ペアを取引することが最も効率的です。

しかし、本記事執筆時点(2022年5月時点)では、LANDFXのスワップポイントは全てマイナススワップとなっており、スワップ自体で稼ぐことができない状態となっています。

したがって、LANDFXのスワップポイントは、スイングトレードやポジショントレードといったポジションを持ち越す取引のコストとして考え、マイナススワップの少ない通貨ペアを探すことが重要です。

マイナススワップの少ない通貨ペアランキング

ここでは、マイナススワップの少ない通貨ペアをランキング形式でご紹介します。

マイナススワップの少ない通貨ペアは、ポジションを持ち越すコストが低いため、スイングトレードやポジショントレードといった取引で有利に立ち回り易いのが特徴です。

✓マイナススワップの少ない通貨ペアランキング【ロングポジション】

順位

通貨ペア

ロングスワップ

第1位

AUD/CHF

-0.38pips

第2位

CAD/CHF

-0.41pips

第3位

NZD/USD

-0.46pips

第4位

NZD/JPY

-0.46pips

第5位

USD/CHF

-0.47pips

2022年5月時点のLANDFXのロングポジションに適用されるスワップポイントでは、上記の通貨ペアのマイナススワップが少ない結果となりました。

1位と2位は、どちらもCHF(スイスフラン)を含む通貨ペアであり、上位5通貨ペアはいずれも0.5pips未満です。

✓マイナススワップの少ない通貨ペアランキング【ショートポジション】

順位

通貨ペア

ショートスワップ

第1位

NZD/USD

-0.51pips

第2位

AUD/USD

-0.51pips

第3位

EUR/GBP

-0.53pips

第4位

NZD/JPY

-0.63pips

第5位

AUD/JPY

-0.63pips

ショートポジションでは、USD(米ドル)を含む通貨ペアがマイナススワップが少ない結果となりました。

また、全体の傾向としてロングポジションより、ショートポジションの方がマイナススワップが大きいです。

ショートポジションでポジションを行う際はマイナススワップを確認しておくことをおすすめします。

マイナススワップが多い通貨ペアランキング

ここでは、2022年5月時点のLANDFXのスワップポイントでマイナススワップの多い通貨ペアをランキング形式でご紹介します。

マイナススワップの多い通貨ペアは、ポジションの持ち越すコストが高く、スイングトレードやポジショントレードには不向きです。

✓マイナススワップが多い通貨ペアランキング【ロングポジション】

順位

通貨ペア

ロングスワップ

第1位

EUR/AUD

-1.53pips

第2位

GBP/AUD

-1.41pips

第3位

EUR/CAD

-1.35pips

第4位

GBP/CAD

-1.29pips

第5位

GBP/JPY

-1.05pips

ロングポジションでは、欧州系の通貨とAUD(豪ドル)とCAD(カナダドル)の通貨ペアのマイナススワップが多く、5位のGBPJPY(ポンド円)以外は全て欧州系の通貨と豪ドル、カナダドルで構成される通貨ペアでした。

✓マイナススワップが多い通貨ペアランキング【ショートポジション】

順位

通貨ペア

ショートスワップ

第1位

EUR/AUD

-1.36pips

第2位

GBP/AUD

-1.35pips

第3位

GBP/CAD

-1.26pips

第4位

USD/CHF

-1.19pips

第5位

GBP/CHF

-1.15pips

ショートポジションでは、ロングポジションでマイナススワップの多かった通貨ペアとほとんど同じラインナップとなりました。

EUR/AUD・GBP/AUD・GBP/CADの通貨ペアは、ロングポジションとショートポジションのどちらもマイナススワップが多く、スイングトレードやポジショントレードとの相性が悪いです。

【全銘柄】LANDFXのスワップポイント一覧表

2022年5月時点のLANDFXのスワップポイントを一覧表にまとめました。

先に解説した通り、LANDFXでは口座タイプによって異なるスワップポイントを設定しています。

したがって、スワップポイントの一覧表は、LANDFXの口座タイプ別に作成しました。

スプレッドの狭いECN口座、約定力に優れるプライム口座、ビギナーに使いやすいスタンダード口座でスワップポイントを確認しましょう。

LANDFXの外国為替のスワップポイント

LANDFXでは、自社でリクイディティ・プロバイダーも運営しており、提携する金融機関も含めて高い流動性を確保することで低スプレッドな外国為替の取引環境を実現していました。

スワップポイントは、異なる通貨同士で構成される通貨ペアの金利差を清算する役割を担っています。

スプレッドでは好条件だったLANDFXのスワップポイントはどういった数値になっているか、ポジションの持ち越しコストを見る参考としましょう。

【スタンダード口座】外国為替のスワップポイント

通貨ペア

ロング

ショート

EUR/USD

-0.97pips

-0.72pips

GBP/USD

-0.89pips

-0.84pips

USD/JPY

-0.69pips

-0.88pips

USD/CHF

-0.47pips

-1.19pips

AUD/USD

-0.51pips

-0.51pips

USD/CAD

-0.99pips

-0.99pips

EUR/GBP

-0.80pips

-0.53pips

GBP/JPY

-1.05pips

-1.06pips

AUD/CAD

-0.72pips

-0.72pips

AUD/CHF

-0.38pips

-0.68pips

AUD/JPY

-0.68pips

-0.63pips

AUD/NZD

-0.91pips

-0.92pips

CAD/CHF

-0.41pips

-0.74pips

CAD/JPY

-0.55pips

-0.70pips

CHF/JPY

-1.01pips

-0.66pips

EUR/AUD

-1.53pips

-1.36pips

EUR/CAD

-1.35pips

-0.86pips

EUR/CHF

-0.83pips

-0.85pips

EUR/JPY

-0.98pips

-0.78pips

GBP/AUD

-1.41pips

-1.35pips

GBP/CAD

-1.29pips

-1.26pips

GBP/CHF

-0.62pips

-1.15pips

NZD/JPY

-0.46pips

-0.63pips

NZD/USD

-0.46pips

-0.51pips

【ECN口座】外国為替のスワップポイント

通貨ペア

ロング

ショート

EUR/USD

-0.97pips

-0.72pips

GBP/USD

-0.89pips

-0.84pips

USD/JPY

-0.69pips

-0.88pips

USD/CHF

-0.47pips

-1.19pips

AUD/USD

-0.51pips

-0.51pips

USD/CAD

-0.99pips

-0.99pips

EUR/GBP

-0.80pips

-0.53pips

GBP/JPY

-1.05pips

-1.06pips

AUD/CAD

-0.72pips

-0.72pips

AUD/CHF

-0.38pips

-0.68pips

AUD/JPY

-0.68pips

-0.63pips

AUD/NZD

-0.91pips

-0.92pips

CAD/CHF

-0.41pips

-0.74pips

CAD/JPY

-0.55pips

-0.70pips

CHF/JPY

-1.01pips

-0.66pips

EUR/AUD

-1.53pips

-1.36pips

EUR/CAD

-1.35pips

-0.86pips

EUR/CHF

-0.83pips

-0.85pips

EUR/JPY

-0.98pips

-0.78pips

GBP/AUD

-1.41pips

-1.35pips

GBP/CAD

-1.29pips

-1.26pips

GBP/CHF

-0.62pips

-1.15pips

NZD/JPY

-0.46pips

-0.63pips

NZD/USD

-0.46pips

-0.51pips

【プライム口座】外国為替のスワップポイント

通貨ペア

ロング

ショート

EUR/USD

-0.97pips

-0.72pips

GBP/USD

-0.89pips

-0.84pips

USD/JPY

-0.69pips

-0.88pips

USD/CHF

-0.47pips

-1.19pips

AUD/USD

-0.51pips

-0.51pips

USD/CAD

-0.99pips

-0.99pips

EUR/GBP

-0.80pips

-0.53pips

GBP/JPY

-1.05pips

-1.06pips

AUD/CAD

-0.72pips

-0.72pips

AUD/CHF

-0.38pips

-0.68pips

AUD/JPY

-0.68pips

-0.63pips

AUD/NZD

-0.91pips

-0.92pips

CAD/CHF

-0.41pips

-0.74pips

CAD/JPY

-0.55pips

-0.70pips

CHF/JPY

-1.01pips

-0.66pips

EUR/AUD

-1.53pips

-1.36pips

EUR/CAD

-1.35pips

-0.86pips

EUR/CHF

-0.83pips

-0.85pips

EUR/JPY

-0.98pips

-0.78pips

GBP/AUD

-1.41pips

-1.35pips

GBP/CAD

-1.29pips

-1.26pips

GBP/CHF

-0.62pips

-1.15pips

NZD/JPY

-0.46pips

-0.63pips

NZD/USD

-0.46pips

-0.51pips

LANDFXの株価指数CFDのスワップポイント

株価指数CFDの取引では、通貨同士の取引が行われないため、実際に金利差はなくスワップポイントが発生しません。

しかし、CFDによるレバレッジやポジションの実質手数料としてスワップポイントが発生します。

LANDFXでも株価指数の取引には、ポジションの持ち越しコストとしてスワップポイントの支払いが必要です。

ただし、本記事執筆時点(2022年5月時点)では、1日当たりのスワップポイントが発生しない株価指数CFDも多くあり、スイングトレード・ポジショントレードで高いポテンシャルを秘めています。

【スタンダード口座】株価指数CFDのスワップポイント

株価指数CFD

銘柄

ロング

ショート

US100

ナスダック平均株価指数

0.00pips

0.00pips

JP225

日経平均株価

0.00pips

0.00pips

HK50

香港ハンセン50株価指数

0.00pips

0.00pips

SP500

S&P500

-1.05pips

-0.90pips

DE30

ドイツ30株価指数

-3.00pips

-4.30pips

EU50

ユーロストックス50

-0.80pips

-1.15pips

FR40

フランス40株価指数

-1.25pips

-1.75pips

UK100

イギリス100株価指数

-2.10pips

-1.90pips

US30

ダウ平均株価指数

-3.24pips

-7.60pips

AU200

オーストラリア200株価指数

0.00pips

0.00pips

【プライム口座】株価指数CFDのスワップポイント

株価指数CFD

銘柄

ロング

ショート

US100

ナスダック平均株価指数

0.00pips

0.00pips

JP225

日経平均株価

0.00pips

0.00pips

HK50

香港ハンセン50株価指数

0.00pips

0.00pips

SP500

S&P500

-1.05pips

-0.90pips

DE30

ドイツ30株価指数

-3.00pips

-4.30pips

EU50

ユーロストックス50

-0.80pips

-1.15pips

FR40

フランス40株価指数

-1.25pips

-1.75pips

UK100

イギリス100株価指数

-2.10pips

-1.90pips

US30

ダウ平均株価指数

-3.24pips

-7.60pips

AU200

オーストラリア200株価指数

0.00pips

0.00pips

LANDFXの貴金属CFDのスワップポイント

貴金属CFDは、外国為替ほどではないものの、市場規模が大きく平日24時間取引できる銘柄です。

また、為替にない大きなボラティリティも短期トレーダーにとって魅力があります。

LANDFXでは、ボラティリティの大きい貴金属CFDに関しても低スプレッドを実現しており、ECN口座とプライム口座に関しては、XAU/USD(ゴールド/米ドル)とXAG/USD(シルバー/米ドル)に関して、1日当たりのスワップポイントが発生しない好条件で取引が可能です。

【スタンダード口座】貴金属CFDのスワップポイント

貴金属CFD

ロング

ショート

XAU/USD

-1.95pips

-1.65pips

XAG/USD

-0.29pips

-0.25pips

XPD/USD

-0.56pips

-1.66pips

XPT/USD

-0.78pips

-0.31pips

【ECN口座】貴金属CFDのスワップポイント

貴金属CFD

ロング

ショート

XAU/USD

0.00pips

0.00pips

XAG/USD

0.00pips

0.00pips

【プライム口座】貴金属CFDのスワップポイント

貴金属CFD

ロング

ショート

XAU/USD

0.00pips

0.00pips

XAG/USD

0.00pips

0.00pips

LANDFXのエネルギーCFDのスワップポイント

LANDFXでは、BRENT(ブレント原油)・CRUDE(WTI原油)・NGAS(天然ガス)の主要なエネルギーCFDを取り扱っています。

株価指数や貴金属のその他CFDと同様にポジションの持ち越しコストとして、エネルギーCFDのスワップポイントは発生します。

また、他の銘柄と比較してスワップポイントが大きいため、ポジションを持ち越す際は確認必須です。

【スタンダード口座】エネルギーCFDのスワップポイント

エネルギーCFD

銘柄

ロング

ショート

BRENT

ブレント原油

-8.22pips

-3.84pips

CRUDE

WTI原油

-8.37pips

-3.07pips

NGAS

天然ガス

-1.43pips

0.57pips

【プライム口座】エネルギーCFDのスワップポイント

エネルギーCFD

銘柄

ロング

ショート

BRENT

ブレント原油

-8.22pips

-3.84pips

CRUDE

WTI原油

-8.37pips

-3.07pips

NGAS

天然ガス

-1.43pips

0.57pips

LANDFXのスワップポイント確認方法

LANDFXのスワップポイントは、公式サイトから一覧表で確認ができます。

他の海外FX業者と同様に取引プラットフォームのMetaTraderの気配値一覧の銘柄仕様から確認することもできますが、一覧表で網羅的に確認できるためLANDFXの公式サイトからスワップポイントを確認する方法がおすすめです。

landfx-swap-1

LANDFXの公式サイトにアクセスしましたら、上部の「取引」→「スプレッド&スワップポイント」の順にクリックしましょう。

landfx-swap-2

「スプレッド&スワップポイント」のページでは、口座タイプ別に全銘柄の取引条件を確認することができます。

Swappoint(スワップポイント)の欄に記載されている数値から最新のスワップポイントを確認しましょう。

LANDFXのスワップポイント まとめ

今回は「LANDFXのスワップポイントまとめ。一覧表と付与タイミングまで徹底解説」のテーマでお届けしました。

スワップポイントは、ポジションを持ち越す際のコストや、金利差を狙った運用の利益として考えられるトレードの重要な要素です。

しかし、LANDFXでは本記事執筆時点のスワップポイントが全てマイナススワップとなっており、ポジションの持ち越しコストとしての側面しかありませんでした。

スプレッドの狭さや約定力の高さから、スキャルピングや自動売買(EA)と相性が良い半面で、LANDFXはポジションを持ち越す中長期トレードとは相性が悪いようです。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!