FXGT(エフエックスGT)の評判・特徴・口コミ

FXGTロゴ

2020年にオープンした、新しい海外FX業者FXGT(エフエックスGT)。
仮想通貨トレーダーを始め、何かと話題になることが多いです。

「FXGTってどんなFX業者なの?」「FXGTを使うメリット何?デメリットはある?」
そんな疑問を解決する内容でお届けします。

FXGTの総合評価│ハイレバの仮想通貨取引が魅力

最大のメリットは、仮想通貨の取り扱いがあり、最大500レバレッジが適応されることです。口座開設ボーナスや入金ボーナスも豪華です。

ただ、為替の平均スプレッドが広い、仮想通貨のレバレッジが割高、口座タイプが1種類などのデメリットもあります。

海外FX業者 信頼度 レバレッジ スプレッド ボーナス 日本語対応
FXGT(エフエックスGT)
おすすめ仮想通貨
○ 500倍
レバレッジ詳細
△スプレッド詳細 ◎ボーナス詳細 ◎

海外FX業者FXGT(エフエックスGT)の基本情報

✓FXGTの運営元
360 Degrees Markets Ltd(2009年設立)

✓本社の所在地
Suite C, Oion Mall Palm Street Victoria 8421720-1, Mahe, Seychelles

✓金融ライセンス
FSA(セーシェル金融サービス庁)

✓FXGTの口座仕様 一覧

プラットフォーム Metatrader 5 Desktop / Web Trader / IOS / Android
証拠金通貨 USD/EUR/JPY/BTC/ETH/XRP/USDT
レバレッジ 最大500倍
ゼロカット あり
取り扱い銘柄 為替50種類/仮想通貨13種類/貴金属2種類/エネルギー3種類/株価指数7種類/株式53種類
口座タイプ 1種類のみ
取引方式 NDD方式
自動売買 MT4/MT5の自動売買(EA)に対応
スキャルピング 可能
最小入金額 USD 10 / EUR 10 / JPY 1000 / BTC 0.0001 / XRP 25 / ETH 0.05 / USTD OMNI 25 / USTD ERC20 25
マージンコール 証拠金維持率80%
ロスカットレベル 証拠金維持率50%
最小取引額 0.01ロット
最大取引額 50 ロット
最大注文額 100
最大予約注文額 100

海外FX業者FXGT(エフエックスGT)の特徴

2020年、FXGTは仮想通貨取引所×FX業者をテーマとした「ハイブリットFXブローカー」としてデビューしました。

文字通り、海外FX業者としては異例の最大500倍レバレッジの仮想通貨取引が最大の特徴です。
最大500倍の仮想通貨取引については、現状の仮想通貨取引所と比較して、最も高いレバレッジ倍率になります。

例えば、金融庁に仮想通貨交換業者として認可されている国内取引所は、全社が最大4倍のレバレッジに自主規制しています。

また、海外の仮想通貨取引所に関しても100倍~200倍が一般的です。
FXGTと同じ最大500倍を提供する、Hatio Ltd.が運営するCryptGTが挙げられますが、FXGTと違い証拠金は仮想通貨しか使えません。

結論、FXGTは「法定通貨を証拠金に最も高いレバレッジで仮想通貨を取引できる海外FX業者」と言えるでしょう。

海外FX業者FXGT(エフエックスGT)の評判とメリット・デメリット

海外FX業者FXGT(エフエックスGT)には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

✓FXGTのメリット
最大500倍のレバレッジで取引可能
仮想通貨のレバレッジ取引が充実
口座開設・入金ボーナスが豪華
金融ライセンスを取得済み
株式CFDも取り扱っている

✓FXGTのデメリット
為替の平均スプレッドが広い
仮想通貨のレバレッジ手数料が高い
仮想通貨以外の最大レバレッジが低い
口座タイプが1種類しかない
取引口座へ直接入金できない

FXGTのメリット&デメリットは各5つずつあります。
私自身、仮想通貨・為替と実際にFXGTを使った結果、同じくメリットとデメリットの影響を感じました。

具体的にどんな影響がFXGTを使う上で発生するのか?詳細を以下にまとめました。

FXGTのメリット

  • 最大500倍のレバレッジで取引可能
  • 仮想通貨のレバレッジ取引が充実
  • 口座開設・入金ボーナスが豪華
  • 金融ライセンスを取得済み
  • 株式CFDも取り扱っている

最大500倍のレバレッジで取引可能

FXGTでは最大500倍のレバレッジで取引ができます。
対象となるのは、仮想通貨と為替です。

国内のFX業者では、最大25倍までの規制があるため、海外FX業者であるFXGTは規制の対象外となり、高い水準のレバレッジで少額資金でも十分トレードできます。

また、海外FX業者としては更に上の倍率もある半面で、レバレッジ制限が細かくない扱いやすさも魅力でしょう。

証拠金 最大レバレッジ
0~10,000USD(0~10万円) 500倍
>10,000~50,000USD(>10万~50万円) 200倍
>50,000~100,000USD(>50万円~100万円) 100倍
>100,000~200,000USD(>100万円~200万円) 50倍
> 200,000USD(>200万円) 20倍

FXGTのレバレッジは証拠金残高に応じて適用され、10万円を超えるまでが最大500倍のレバレッジとなります。

仮想通貨のレバレッジ取引が充実

FXGTを使う最大のメリットは最大500倍レバレッジの仮想通貨取引と言って良いでしょう。

仮想通貨自体を取り扱う海外FX業者も少なく、同じく最大500倍のレバレッジを提供しているのもFXGTのみです。

FX業者 FXGT XM Axiory iFOREX GemForex
仮想通貨のレバレッジ 最大500倍 現在停止中 取り扱い無し 最大10倍 取り扱い無し

仮想通貨を取り扱う海外FX業者として、FXGTの他にiFOREXが挙げられます。

しかし、仮想通貨のレバレッジは最大10倍と制限があり、FXGTの方が好条件と言えるでしょう。

口座開設・入金ボーナスが豪華

FXGTは、仮想通貨取引所を利用している人、仮想通貨もトレードしたいFXトレーダーからたった1年で人気を獲得しました。

短期間で人気を獲得した理由の1つとして「新しいFX業者ながら、豪華なボーナスを実施」したのが考えられます。

✓FXGTで実施されたボーナス
入金不要で3000円の口座開設ボーナス
初回入金150%ボーナス
常時入金30%ボーナス

不定期ですが、ほぼ全期間を通して何かしらのボーナスを実施しているFXGT。
少額資金でも30%~150%と、取引資金にボーナスを追加して始められます。

2020年にオープンしたFXGTですが、早い段階で金融ライセンス取得に成功しています。
FXGTが取得したのは、FSA(セーシェル金融サービス庁)の金融ライセンスです。

セーシェル金融サービス庁のライセンスは、最低自己資本金がないなど、緩い条件ではあります。とは言え、運営年数のないFXGTが金融ライセンス取得の事実だけは評価できるでしょう。

今後、より厳格な金融ライセンスの取得、あるいは他の金融ライセンスの様に、認可を受ける条件がアップデートされるのを期待したいです。

株式CFDも取り扱っている

FXGTでは、株式CFDも取り扱っています。
仮想通貨のイメージが強く、意外と知られていないメリットです。

ちなみに、FXGTの株式CFDでは最大10倍のレバレッジで取引ができます。

海外FX業者で株式CFDを取り扱うケースが増えてきていますが、FBSやiFOREXなど一部しか対応できていません。

FXGTのデメリット

  • 為替の平均スプレッドが広い
  • 仮想通貨のレバレッジ手数料が高い
  • 仮想通貨以外の最大レバレッジが低い
  • 口座タイプが1種類しかない
  • 取引口座へ直接入金できない

為替の平均スプレッドが広い

FXGTを使うデメリットは、やはり平均スプレッドの広さです。

他社と比較すると、為替の平均スプレッドが広く、一般的にスプレッドが広いとされる海外FX業者の中でも不利なスプレッドと言えます。

FX業者 FXGT XM GemForex Axiory iFOREX
USDJPY 1.6pips 1.6pips 1.5pips 1.3pips 1.0pips

海外FX業者といっても、取引手数料を支払い低スプレッドで取引できるECN口座もあります。

しかし、FXGTにはECN口座の設定がなく、他社の同じ取引手数料無料の口座タイプと比較しても広い平均スプレッドです。

上記のドル円の平均スプレッドは、各社同じ条件で、一日の平均スプレッドを元に記載しています。

仮想通貨のレバレッジ手数料が高い

fxgt-reputation-1

仮想通貨にはスワップポイントがありません。

しかし、FXGTはレバレッジ手数料として4時間毎に手数料を支払う必要があるデメリットが発生します。

仮想通貨ペア ロングスワップ ショートスワップ
BTCUSD -0.0105% -0.0085%
BTCJPY -0.0105% -0.0085%
ETHUSD -0.0111% -0.0101%
ETHJPY -0.0111% -0.0101%
XRPUSD -0.0115% -0.0105%
XRPJPY -0.0115% -0.0105%
LTCUSD -0.0105% -0.01%
LTCJPY -0.0105% -0.01%
BCHUSD -0.0105% -0.01%
BCHJPY -0.0105% -0.01%
XRPBTC -0.0115% -0.0105%
ETHBTC -0.0111% -0.0101%
LTCBTC -0.0105% -0.01%

取引数量×スワップの金額が4時間ごとにポジションへ反映されます。

仕組みとしてはスワップポイントと同じで、MT5にもスワップポイントとして処理されますが4時間毎なのは高いコストです。

仮想通貨以外の最大レバレッジが低い

FXGTの最大レバレッジは500倍です。

メリットでお伝えした通り、仮想通貨に対して最大500倍のレバレッジは高いと言えます。
とは言え、FX(為替)の取引に対して最大500倍は海外FXとしては低い水準です。

FXGT GEMFOREX XM iFOREX Axiory
最大500倍 最大1000倍 最大888倍 最大400倍 最大400倍

最近では1000倍~3000倍といった最大レバレッジがつかる海外FX口座も増えており、FXGTの最大500倍は低いのは事実です。

口座タイプが1種類しかない

FXGTには、口座タイプの設定がありません。

もちろん、証拠金通貨の選択や、追加口座で1つの証拠金通貨当たり5つまで口座を作る事は出来ます。

とは言え、ECN口座で低スプレッドな取引をしたい、あるいは1000通貨口座で少額運用したいとった方も多いと思います。

特色のある口座タイプ設定がないのは、FXGTのデメリットと言えるでしょう。

取引口座へ直接入金できない

FXGTは、取引口座へ直接入金できないデメリットがあります。

仮想通貨による入金を受け付けている事もあり、FXGTのアカウントへ入金→取引口座へ資金移動といった流れの入金体制です。

これによるデメリットは、入金工程が1つ増える面倒さと「入金ボーナスが受け取れないといったトラブル」の原因になります。

FXGTの入金ボーナスは、取引口座へ資金移動するタイミングで付与される仕組みです。
資金移動をしておらず、入金ボーナスが反映されないと勘違いするケースが多く見受けられます。

FXGTの評価・口コミまとめ

今回は「【まとめ】海外FX業者FXGT(エフエックスGT)評判・特徴・口コミ」のテーマでした。

FXGTの最大の特徴であり、メリットは仮想通貨が最大500倍のレバレッジで取引できる事です。
とは言え、海外FX業者ですが為替の取引に関しては、他社と比較してスプレッドやレバレッジが劣るデメリットがあります。

FXトレーダーの中には、やはり大きなボラティリティの仮想通貨に魅力を感じる人は多いので、仮想通貨用に使い分けるのがオススメです。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!