LAND-FX(ランドFX)の評判・特徴まとめ!どんなメリット・デメリットがある?

LAND-FX(ランドエフエックス)は、2013年に設立された中堅クラスの海外FX業者です。

2種類の口座タイプに、最大500倍と最大200倍の分かりやすい仕様ですが、非常に狭いスプレッドを提示しています。

LP事業(リクイデティプロバイダー)も始め、高い流動性による優れた約定力も特徴です。

本記事では、LAND-FXの評判・特徴をテーマに具体的なメリット・デメリットまで詳しくお届けします。

海外FX業者LAND-FX(ランドエフエックス)とは?8個の特徴で解説

✓海外FX業者LAND-FX 8個の特徴
最大500倍のレバレッジ
「約定まで0.035秒」本格的なECN口座を提供
国内銀行送金が使える
豊富なボーナスを実施
優秀なブローカーとして数々の受賞歴
FSV マインツ のスポンサー
PAMMシステムを提供
デモトレードコンテストを実施

LAND-FX(ランドエフエックス)は、2013年に設立されたFX業者でLand Prime Ltd.が運営しています。

金融ライセンスは、SV:FSA(セントビンセント金融サービス機構)を取得しており、欧州圏でも一定のネームブランドがあることから信頼性の高さが伺えます。

<mark>ここでは、LAND-FXがどんなFX業者なのかを8個との特徴と一緒に解説します。</mark>

特徴(1) 最大500倍のレバレッジ

LAND-FXでは、最大500倍のレバレッジを使って取引ができます。

海外FX業者としては、標準よりやや低い倍率なものの、国内FX業者の法人口座以上に高いレバレッジです。少額資金でも、比較的取引を始めやすくなります。

上級者向けのECN口座に関しては、口座残高の規模も考慮して、最大200倍に設定されており、<span class=”txt_red”>低スプレッドと最大レバレッジのバランスが優れているのが特徴です。</span class=”txt_red”>

特徴(2) 「約定まで0.035秒」本格的なECN口座を提供

注文を発注して、約定まで0.035秒の高い約定力と低スプレッドがLAND-FXの特徴です。

特に、ECN方式を採用する本格的な口座タイプECN口座が、非常に優れた取引環境を提供しています。

ECN口座では、電子取引システムを介して、銀行や金融機関などのリクイデティプロバイダーと直接取引が行われます。

<span class=”txt_red”>金融機関対個人トレーダーの注文規模</span class=”txt_red”>なので、<mark>約定力に優れ、適切なレート提示が受け取れるためスプレッドも低いのが特徴です。</mark>

また、LAND-FXは、業界大手のEquinix、Amazon、RousTech、PrimeXMと提携し、世界中にデータセンターを設置。

通信インフラが高レベルに整備されていることで、海外FX業者ながら遅延がほとんどないのも特徴です。

LP事業も開始

ECN方式の口座では、流動性の高さが重要です。

大手金融機関との提携や高頻度売買に耐えうる通信環境が決めてとなります。Land-FXは、<span class=”txt_red”>流動性の面で海外FX業者でトップクラスと言えるのが特徴です。</span class=”txt_red”>

2017年に世界最難関の金融ライセンスと言われるFCA(イギリス金融行動監視機構)のライセンスを取得し、リクイディティプロバイダー(LP:流動性プロバイダー)としての事業も開始しました。

リクイディティプロバイダーは、ECN方式の口座では、私達の注文と取引を成立させる側の存在です。

<mark>LAND-FXは、自社でLP事業を手掛けるほど、流動性の高い市場を提供できるため、ECN口座のレベルは非常に高いと言えるでしょう。</mark>

特徴(3) 国内銀行送金が使える

LAND-FXは、海外FX業者ながら国内銀行送金を使った入出金にも対応しています。

日本国内の銀行口座から、営業時間なら1時間以内にLAND-FXの取引口座に入金が反映されるため、入金スピードも早く便利です。

<span class=”txt_red”>また、5万円以上の入金なら国内銀行送金の入金手数料も無料にできるため、コストパフォーマンスにも優れています。</span class=”txt_red”>

全5種類の入出金方法

便利な国内銀行送金以外にも、全5種類の入出金方法にLAND-FXは対応しています。

即時に入金が反映されるクレジットカードや、オンラインウォレットのSTICPAY。最近ではビットコインによる入金にも受付を開始しました。

特徴(4) 豊富なボーナスを実施

新規向けのボーナスが豪華なのもLAND-FXの特徴です。

入金ボーナス
リカバリーボーナス
Restart LPボーナス

上記3種類のボーナスを実施しています。<span class=”txt_red”>全てのボーナスは、受け取れるボーナスの上限金額と、還元される割合が豪華さに注目です。</span class=”txt_red”>

Restart LPボーナス口座では、1万円以上の初回と追加入金には、<mark>100%相当の入金ボーナスが最大50万円まで</mark>付きます。

また、リカバリーボーナスは、他社にないLAND-FXの珍しいボーナスです。リカバリーボーナスでは、万が一ロスカットされてしまい、口座残高が3000円以下になると、初回入金額の5%相当ががボーナスで貰えます。

他社だと、取引を始めるのに受け取れる内容が多いですが、リカバリーボーナスは、取引を初めてから一番トレード資金が欲しいロスカット時の救済がされるユニークなボーナスです。

特徴(5) 優秀なブローカーとして数々の受賞歴

LAND-FXは、2013年に設立されて以降、<span class=”txt_red”>優れたトレード環境を提供するFX業者として国際的な受賞歴が数多くあります。</span class=”txt_red”>

過度なボーナスやプロモーション活動を行わず、純粋に優れた取引環境、FXブローカーとして評価されているのが特徴です。

LAND-FXの受賞歴を2013年から振り返ると以下の通りになります。

【2013年】CIOT GLOBAL EXPO FCM 2013
【2014年】China BEST RETAIL FOREX PROVIDER
【2015年】FX Innovation Summit BEST RETAIL FOREX PROVIDER
【2016年】CGIIF BEST Forex Broker in Asia
【2017年】IIFE The Most TRUSTWORTHY Forex Broker
【2018年】GFDC best trading environment broker
【2019年】The Best CFD Broker Europe in International Business Magazine
【2020年】The Best Trading Platform 2020 in World Forex Award

前述した通り、LAND-FXが設立されたのが2013年ですから、毎年必ず何かしらのアワードの受賞があるのは、他社にない特徴と言えるでしょう。

信頼性や、取引環境など総合的に見て、LAND-FXの評判が良いのが分かります。

また、金融に関してルールの厳しいヨーロッパ圏で受賞歴があるのは、LAND-FXの評判がずば抜けて良いとする理由として十分です。

特徴(6) FSV マインツ のスポンサー

大手のFX業者は、国内・海外問わずスポンサーシップにも力を入れています。

LAND-FXは、ドイツのプロサッカークラブFSV マインツのスポンサーです。

FSV マインツとLAND-FXのスポンサーシップは長く、2015~2016年・2018~2021年現在まで合計6年間の関係があります。

2016~2018年に関しては、ロンドンを拠点とするプロサッカークラブ、クイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)のスポンサーシップもつとめていました。

<span class=”txt_red”>LAND-FXの広告が試合会場に掲載され、選手たちのユニホームには、センターロゴにLAND-FXが記載されています。</span class=”txt_red”>

<mark>LAND-FXのヨーロッパ圏における知名度と共に、企業としての母体が大きいことが容易に想像できるでしょう。</mark>

特徴(7) PAMMシステムを提供

ファンドマネージャーもしくは、個人トレーダーがトレード情報を提供、もしくは提供されたトレード情報を使って、自動的に口座資金の運用を行うサービスを「PAMM(Percentage Allocation Management Module)」と言います。

PAMMは、国内FX業者にはない、<span class=”txt_red”>海外FX業者ならではの投資信託よりカジュアルな運用方法として、話題の運用方法です。</span class=”txt_red”>

LAND-FXでは、自社で「LAND-FX PAMM」を提供しており、PAMM提供者・PAMM利用者のどちらも快適に資金の運用ができます。

PAMM提供者は、LAND-FXで専用の口座を解説し、普段取り取引するだけで、利用者の口座による利益を一部受け取れます。

一方で、PAMM利用者は、プロに運用を任せ、取引で利益が出た場合のみ手数料として一部の利益を支払うだけなので、非常に手軽です。

特徴(8) デモトレードコンテストを実施

LAND-FXでは、不定期のデモトレードコンテストを実施してます。

<mark>デモトレードと言っても、1ヵ月間で取引結果を競い、優勝者には3000ドルの賞金が与えられる本格的な内容です。</mark>

また。賞金獲得は1~5位の全員が対象であり、1~5位はランキングページにPAMMアカウントが公開され、PAMM利用者(投資家)を集められます。

PAMM利用者もトレードの実力が証明された人に運用を任せら、PAMM提供者となったデモコンテスト入賞者は効果的にPAMM口座を宣伝できます。

<span class=”txt_red”>中には、1ヵ月間で5倍以上の口座残高に増やし、勝率も80%を超えるなど天才的な戦績を残したトレーダーも。</span class=”txt_red”>意外とデモトレードコンテストと、PAMM口座の相性は良いのです。

LAND-FXの評判とメリット・デメリット

メリット

デメリット

LPボーナス・入金ボーナスがお得

無料の学習コンテンツを配信

低スプレッドで取引可能

最大レバレッジが低い

大口取引ができない
初回入金が少し高い

LANDFX(ランドエフエックス)で評判なのは、やはりECN口座のスプレッドや、取引手数料の安さに関する良い評判が多いです。

自社でFX業者の約定力やスプレッドを左右する、流動性プロバイダー(リクイデティプロバイダー)の事業を手掛けていることもあり、<mark>LAND-FXの約定力とスプレッドは優れています。</mark>

一方で、上級者に嬉しい取引環境を備えながら、最大ロット数が少ないといった悪い評判も一部ある様です。以上を踏まえてここでは、LAND-FXの具体的なメリット・デメリットを見てみましょう。

LAND-FXのメリット

✓LAND-FXのメリット
LPボーナス・入金ボーナスがお得
無料の学習コンテンツを配信
低スプレッドで取引可能

<span class=”txt_red”>LAND-FXのメリットは、やはり設立当初からアワードを受賞するなど高い評価を得ている取引環境です。</span class=”txt_red”>

海外FX業者の中でもトップクラスのスプレッドを提示しており、特にECN方式の口座タイプがLAND-FXを使うメリットを得やすいでしょう。

それでは、各メリットをより詳しくお届けします。

メリット(1) LPボーナス・入金ボーナスがお得

<span class=”txt_red”>LAND-FXのメリットは、LPボーナスと入金ボーナスのお得さです。</span class=”txt_red”>

初回のロスカット時に貰える、わずかな金額のリカバリーボーナスと違い、LPボーナスと入金ボーナスは初心者~上級者までメリットがあります。

例えば、LPボーナスは、専用のLPボーナス口座を開設し、1回当たり10,000円以上の入金に対して、100%相当のクレジットが付与。

<mark>また、LPボーナスは、最大500,000円相当のクレジットを受け取るまで、複数回に分けた入金も対象なのがポイントです。</mark>

高還元なボーナス内容ですが、LAND-FXのボーナスでは取引条件に制限がないのもメリットでしょう。

例えば、他社の新規向けボーナスでは、ボーナス単体の取引で得た利益は、出金手数料が発生したり、ボーナス対象口座のみ最大レバレッジが下がるといった制限があります。

制限なく、純粋にボーナスが得られるのは大きなメリットです。

メリット(2) 無料の学習コンテンツを配信

<mark>初心者がLAND-FXを使う大きなメリットは、無料の学習コンテンツが多く配信されていることです。</mark>

LAND-FXでは、「Forex教育」としてFX初心者向けに無料の学習コンテンツを配信しています。

入門~高級コースまで、FXとは何なのかという基礎知識から実践的な分析方法まで、トレードに必要な知識が十分過ぎるほど学べるのがメリットです。

<span class=”txt_red”>また、実はLAND-FXの会員以外でも自由に閲覧できることから、LAND-FXが大手として業界の教育活動に力を入れている事が分かります。</span class=”txt_red”>

メリット(3) 低スプレッドで取引可能

LAND-FXは、優れた取引環境を持つFX業者として数々の受賞歴があります。

良い評判は、LAND-FXのECN口座が提示する非常に狭い実質スプレッドが理由です。

<mark>実際に、LAND-FXのECN口座と他社のECN方式採用の口座で比較してみましょう。</mark>

FX業者名

USD/JPY

EUR/USD

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

LAND-FX (ランドエフエックス)

0.1pips(0.45pips)

0.1pips(0.45pips)

0.8pips(1.15pips)

0.3pips(0.65pips)

0.5pips(0.85pips)

AXIORY (アキシオリー)

0.4pips(0.7pips)

0.2pips(0.5pips)

0.3pips(0.6pips)

0.5pips(0.8pips)

0.7pips(1.0pips)

BigBoss (ビッグボス)

0.5pips(0.95pips)

0.7pips(1.15pips)

1.4pips(1.85pips)

0.8pips(1.25pips)

1.5pips(1.95pips)

FBS (エフビーエス)

0..4pips(0.7pips)

0.2pips(0.5pips)

0.6pips(0.9pips)

0.5pips(0.8pips)

0.8pips(1.1pips)

FXGT (エフエックスGT)

0.3pips(0.8pips)

0.3pips(0.8pips)

0.5pips(1.0pips)

0.5pips(1.0pips)

0.7pips(1.2pips)

TitanFX (タイタンFX)

0.3pips(0.65pips)

0.1pips(0.45pips)

0.4pips(0.75pips)

0.1pips(0.45pips)

0.4pips(0.75pips)

TradeView (トレードビュー)

0.3pips(0.55pips)

0.1pips(0.35pips)

0.3pips(0.55pips)

0.3pips(0.55pips)

0.4pips(0.65pips)

XM Trading (エックスエム)

0.3pips(0.8pips)

0.1pips(0.6pips)

0.2pips(0.7pips)

0.4pips(0.9pips)

0.5pips(1.0pips)

主要通貨ペア5種類を対象に、平均スプレッドと実質スプレッドを比較表にまとめました。

実質スプレッドとは、スプレッドと同じように毎回の取引で発生する取引手数料を、pipsに換算してスプレッドに足したものを指します。

LAND-FXのECN口座と他社口座で比較すると、ほとんどがLAND-FXの圧勝です。

<mark>LAND-FXのECN口座は、スプレッドが狭く、取引手数料も安いため非常にコストパフォーマンスに優れているのがメリットと言えるでしょう。</mark>

LAND-FXのデメリット

✓LAND-FXのデメリット
最大レバレッジが低い
大口取引ができない
初回入金が少し高い

LAND-FXのデメリットは上記の通りです。

狭いスプレッドや遅延のない約定力がメリットのLAND-FXですが、細かい部分に人を選ぶ要素があります。

例えば、最大レバレッジが海外FX業者の中では低めの水準であり、少額資金の取引に向いていないなどです。

ここでは、LAND-FXのデメリットを忖度なく詳しく解説します。

デメリット(1) 最大レバレッジが低い

<span class=”txt_red”>LAND-FXは、海外FX業者の魅力であるレバレッジが他社と比べて低いのがデメリットです。</span class=”txt_red”>

近年では、1000倍を超える最大レバレッジを取り扱っている海外FX業者も少なくありません。

また、LAND-FXの得意とするECN方式の口座では、他社を含めて通常の口座より低いレバレッジとなるのが一般的です。

しかし、通常の口座とECN方式のレバレッジ事情を踏まえても、LAND-FXの最大レバレッジの低さはデメリットです。

<mark>実際に他社の最大レバレッジと比べて見ましょう。</mark>

FX業者名

通常口座

ECN口座

LAND-FX (ランドエフエックス)

500倍

200倍

AXIORY (アキシオリー)

400倍

400倍

BigBoss (ビッグボス)

999倍

999倍

FBS (エフビーエス)

3000倍

500倍

FXGT (エフエックスGT)

1000倍

1000倍

FxPro (エフエックスプロ)

200倍

200倍

GemForex (ゲムフォレックス)

1000倍

なし

HotForex (ホットフォレックス)

1000倍

なし

IFC Markets (アイエフシー)

400倍

なし

iFOREX (アイフォレックス)

400倍

なし

IS6FX (アイエスシックス)

1000倍

なし

TitanFX (タイタンFX)

500倍

500倍

Traders Trust (トレーダーズトラスト)

3000倍

なし

TradeView (トレードビュー)

500倍

200倍

XM Trading (エックスエム)

888倍

500倍

実際に他社の最大レバレッジと比べて見ると、通常の口座に関しては500倍を超える最大レバレッジを提供しているケースが多いです。

一方で、ECN口座の最大200倍は他社と比べて低過ぎるとまでは言いませんが、500倍や1000倍を提供する他社と比べると見劣ってしまいます。

デメリット(2) 大口取引ができない

LAND-FXは、低スプレッド・高約定力のECN口座に力を入れているFX業者です。

派手なレバレッジやマイクロ口座がないことから、中・上級向けの仕様が特徴と言えます。

しかし、中・上級者向けの仕様ながら、<span class=”txt_red”>大口取引ができないのがデメリットです。</span class=”txt_red”>

<mark>LAND-FXでは、一度に発注できる最大ロット数が30ロットで、100ロットや1000ロットといった大口取引には向いていません。</mark>

最大ロット数

FX業者

30ロット

LAND-FX/GemForex/IS6FX

50ロット

BigBoss/iFOREX

60ロット

HotForex

75ロット

TradeView

100ロット

TitanFX/XM Trading

200ロット

FXGT

500ロット

FBS

1000ロット

AXIORY/TradersTrust

10000ロット

FxPro

制限無し

IFC Markets

実際に他社と比べてみると、最大30ロットは海外FX業者の中で特に少ない最大ロット数の設定だと分かります。

LAND-FXの様に、低スプレッド・高約定力を強みとするFX業者では、TitanFXが最大100ロット、AXIORYは最大1000ロットなど大口取引に対応しているのが一般的です。

デメリット(3) 初回入金が少し高い

LAND-FXは、初回の最低入金額が他社と比べて少し高いデメリットがあります。

最大レバレッジの低さと一緒に考えると、少額資金でハイレバレッジ取引といった使い方を余り想定していないのかも知れません。

海外FX業者の中には、初回最低入金額の決まりが無く、1ドル相当額からの入金ができる場合があります。

<mark>LAND-FXの初回最低入金額が他社と比べてどのぐらい高いかを実際に見てみましょう。</mark>

FX業者名

通常口座の初回最低入金額

ECN口座の初回最低入金額

LAND-FX (ランドエフエックス)

300ドル相当額

2000ドル相当額

AXIORY (アキシオリー)

200ドル相当額

200ドル相当額

BigBoss (ビッグボス)

1ドル相当額

1ドル相当額

FBS (エフビーエス)

100ドル相当額

1000ドル相当額

FXGT (エフエックスGT)

5ドル相当額

250ドル相当額

FxPro (エフエックスプロ)

100ドル相当額

無し

GemForex (ゲムフォレックス)

1ドル相当額

無し

HotForex (ホットフォレックス)

5ドル相当額

無し

IFC Markets (アイエフシー)

1000ドル相当額

無し

iFOREX (アイフォレックス)

100ドル相当額

無し

IS6FX (アイエスシックス)

1ドル相当額

無し

TitanFX (タイタンFX)

200ドル相当額

200ドル相当額

Traders Trust (トレーダーズトラスト)

50ドル相当額

無し

TradeView (トレードビュー)

100ドル相当額

1000ドル相当額

XM Trading (エックスエム)

5ドル相当額

5ドル相当額

LAND-FXは、通常の取引口座(スタンダード口座)の初回最低入金額が300ドルと、他社と比べてかなり高い部類に分けられます。

また、初回最低入金額が高くなりやすいECN方式を採用するECN口座では、<span class=”txt_red”>初回最低入金2000ドル相当額(約20万円)が必要です。</span class=”txt_red”>

とにかく少額からFXを始めたい初心者には、敷居が高い初回最低入金額です。

LAND-FX(ランドエフエックス)の基本情報

運営元

Land Prime Ltd.

所在地

Plaza Level,4 1 Shortland Street, Auckland,1010 New Zealand

金融ライセンス

SV:FSA(セントビンセント金融サービス機構)

日本語対応

日本語サポートあり・日本人スタッフ在籍

口座タイプ

スタンダード口座

ECN口座

発注方式

NDD STP方式

NDD ECN方式

証拠金通貨

JPY/USD

最大レバレッジ

500倍

200倍

取引手数料

無料

3.5ドル相当額

1ロット当たりの単位

10万通貨

最大ロット

30ロット(合計100ロットまで)

最小ロット

0.01ロット

0.1ロット

初回最低入金額

300ドル相当額

2000ドル相当額

取り扱い銘柄

MetaTrader4(MT4)

【通貨ペア】65種類

【貴金属CFD】4種類

【エネルギーCFD】3種類

【株価指数CFD】11種類

MetaTrader5(MT5)

【通貨ペア】67種類

【貴金属CFD】5種類

【エネルギーCFD】3種類

【株価指数CFD】11種類

MetaTrader4(MT4)

【通貨ペア】65種類

【貴金属CFD】4種類

MetaTrader5(MT5)

【通貨ペア】63種類

【貴金属CFD】5種類

【商品合計】MT4:83種類/MT5:85種類

【商品合計】MT4:65種類/MT5:68種類

マージンコール

証拠金維持率が50%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が30%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )・MetaTrader5(MT5)

 

海外FX業者LAND-FX(ランドエフエックス) まとめ

今回は「LAND-FX(ランドエフエックス)の評判・特徴まとめ!どんなメリット・デメリットがある?」のテーマでした。

LAND-FXは、30ロット未満の取引サイズを基準に短期トレードを行う中・上級者にオススメの海外FX業者と言えるでしょう。短期トレードでは、やはりスプレッドの狭い取引口座が重宝されます。LAND-FXのECN口座なら格安の取引手数料で、業界トップクラスのスプレッドで取引可能です。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!


Notice: Undefined offset: 0 in /home/cro81/to-shin.com/public_html/wp/wp-content/themes/to-shin/parts_newpost.php on line 7

Notice: Trying to get property 'category_parent' of non-object in /home/cro81/to-shin.com/public_html/wp/wp-content/themes/to-shin/parts_newpost.php on line 9