TradersTrust(TTCMトレーダーズトラスト)評判・口コミ

Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、2021年で創業11周年を迎える老舗のFX業者です。

2012年から日本を含むアジア圏にも展開しており、海外FX屈指の低スプレッドで本格派のトレーダーに支持されています。

また、2021年4月から最大3000倍のレバレッジを採用し、11周年を記念して200%入金ボーナスなどキャンペーンも豊富です。

本記事では、海外FX業者Traders Trustの評判と特徴をテーマに、具体的なメリット・デメリットまで徹底的にまとめました。

Traders Trust(トレーダーズトラスト)とは?7個の特徴で解説

✓海外FX業者Traders Trust 7個の特徴
運営実績のある老舗FXブローカー
透明性の高いNDD方式を採用
全82種類の幅広い取り扱い銘柄
ロット数に応じた最大3000倍のレバレッジ
トレードコンテストを開催
4種類のボーナスキャンペーン
コピートレードの提供

Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、キプロスに拠点を置くTTCM TRADERS CAPITAL MARKETS LIMITEDが運営するFX業者です。

日本から利用できるTraders Trustはバミューダ法人の登録がされている、子会社のTTCM Traders Capital Limitedが運営しています。

<mark>ここでは、Traders Trustがどういった海外FX業者なのかを7つの特徴と一緒に解説をまとめました。</mark>

特徴(1) 運営実績のある老舗FXブローカー

Traders Trustの知名度は日本だと余り高くはありません。

しかし、世界的に見るとTraders Trustは運営実績のある老舗FX業者です。

Traders Trustの本社であるTTCM TRADERS CAPITAL MARKETS LIMITEDは、2009年設立であり金融ライセンスにはCySEC(キプロス証券取引委員会)を取得しています。

<span class=”txt_red”>CySECの金融ライセンス下では日本人の利用ができないものの、難関ライセンスとして信頼が高いです。</span>)

また、日本から利用できるTraders Trastの子会社TTCM Traders Capital Limitedはバミューダでキチンと法人登録がされています。

<mark>日本から利用できる体制も2012年から続いており、実は日本のトレーダーとも付き合いが長いです。</mark>

特徴(2) 透明性の高いNDD方式を採用

Traders Trustでは全ての口座タイプでNDD方式(ノン・ディーリングデスク方式)を採用しています。

NDD方式は、顧客の注文は取引ステムを介して、市場へ人為的な操作がなく注文が流れる仕組みです。

<mark>NDD方式は不正のない透明性の高い発注方式として高く評価されています。</mark>

海外FX業者ながらスプレッドが狭さを実現しており、複数リクイデティプロバイダーによる高い約定力が特徴です。

初心者~上級者向けの口座タイプで「発注拒否・リクオート無し」、注文から100ミリ秒で約定が魅力なります。

また、意外と知らない人も多いですが、海外FX業者ながら東京にも取引サーバーを設置しているのは珍しいです。

特徴(3) 全82種類の幅広い取り扱い銘柄

海外FX業者では為替の通貨ペアでなく、同一の口座内で株価指数や貴金属などのCFD取引も行えます。

Traders Trustも例外なく、<span class=”txt_red”>全ての口座タイプで全82種類の取り扱い銘柄と幅広いバラエティを揃えています。</span>

通貨ペア:53種類
貴金属CFD:5種類
エネルギーCFD:2種類
株価指数CFD:8種類
仮想通貨CFD:15種類

具体的にTraders Trustの取り扱い銘柄は上記の内容です。

特徴としては53種類の通貨ペアに加え、仮想通貨CFDを15種類も取り扱っている点が挙げられます。

また、口座タイプによって取り扱い銘柄が変わらないのも珍しいです。

特徴(4) ロット数に応じた最大3000倍のレバレッジ

最大3000倍のレバレッジは、最も分かりやすいTraders Trustの特徴です。

また、高い最大レバレッジには口座残高による倍率制限が基本的にはあります。

<mark>しかし、Traders Trustではレバレッジ制限ルールに近年増えてきている「ダイナミックレバレッジ」を採用しているのが特徴です。</mark>

ダイナミックレバレッジは、取引サイズに応じて自動的に最大レバレッジが変更されるため、口座残高のシビアな調整が必要ありません。

なので、ダイナミックレバレッジは初心者~上級者まで使いやすい新しいレバレッジ制限ルールと言えるでしょう。

取引サイズ

最大レバレッジ

0~1ロット

最大3000倍

1,01 ~ 5ロット

最大2000倍

5,01~10ロット

最大1000倍

10,01~20ロット

最大500倍

20,01~50ロット

最大200倍

50,01~100ロット

最大100倍

100,01~300ロット

最大50倍

300,01~500ロット

最大33倍

500,01ロット~

最大25倍

Traders Trustのダイナミックレバレッジでは、上記の表にある通りロット数に応じてレバレッジ制限が行われます。

<span class=”txt_red”>1ロットまでは最大3000倍のレバレッジが適用されるので、少額資金でハイレバレッジをするには十分です。</span>

また、ロット数が大きくなるにつれて最大レバレッジも制限されるため、ある程度の資金を使う上級者向けのレバレッジに制限されます。

特徴(5) トレードコンテストを開催

<mark>Traders Trustは11周年を記念して2021年は毎月トレードコンテストを開催しています。</mark>

トレードコンテストは1ヵ月間行われ、2月~12月まで11回開催される予定です。

期間内にTraders Trustの口座へ300ドル相当額以上の入金を行えば、コンテストへ参加する権利を獲得できます。

1ヵ月間の取引結果から利益率がランキングされ、毎月の賞金総額は10,000ドルです。

<span class=”txt_red”>1ヵ月間で最も高い利益率を記録し、1位となれば5000ドルの賞金に加えて、iPhoneがプレゼントされます。</span>

元手の大きさに関係なく、単純に1ヵ月間で上手いトレードをした人が入賞できるため、腕試しに参加してみるのはオススメです。

特徴(6) 4種類のボーナスキャンペーン

新規口座開設ボーナス
100%入金ボーナス
200%入金ボーナス
VIPキャッシュバック報酬

Traders Trustでは2021年時点で4つのボーナスキャンペーンを実施しています。

新規口座仮設者向けの口座開設ボーナスも実施しており、口座開設&本人確認完了で10,000円相当のクレジットを獲得できます。

クレジットとは、取引で使えるポイントの様なもので、ようするに未入金でも10,000円の証拠金で取引が可能です。

また、入金ボーナスは通常100%相当のクレジットが貰える内容ですが、<mark>2021年はTraders Trust11周年を記念して、200%相当のボーナスも追加で貰えます。</mark>

入金ボーナスを活用すれば、入金した金額の3倍の資金で取引が始められるので、2021年にTraders Trustを新規で使い始める人にとって当たり年と言えるでしょう。

特徴(7) コピートレードの提供

コピートレード(ソーシャルトレード)もTraders Trustは提供しています。

コピートレードとは、投資信託をよりカジュアルにした様なサービスです。

コピートレードでは提供者と利用者に分かれ、<mark>利用者はコピートレードを提供者のトレードを自動で再現して運用ができます。</mark>

運用資金は、Traders Trustの取引口座に預けた分を使って、コピートレードで利益が出た場合は、目安利益の30%を提供者への報酬として支払う仕組みです。

提供者は、コピートレードを発信することで利益が得られます。

提供されるコピートレードは、戦績が公開されるので利用者は優れたトレーダーに利益が出た場合のみ、<span class=”txt_red”>利益の一部を支払うだけで自動運用できるのが特徴です。</span>

Traders Trustの評判とメリット・デメリット

メリット

デメリット

使いやすい最大3000倍レバレッジ
VIP口座の運用コストが安い

ボーナスが豊富

ゼロカットが使いづらい

取り扱い銘柄がやや少ない

VIP口座の初回最低入金額が高い

Traders Trust(トレーダーズトラスト)は、日本に置ける知名度が低いためSNSで評判を見つけるのは難しいです。

しかし、海外の有名レビューサイトTrustpilotでは、<mark>Traders Trustはかなり良い評判を日本人から獲得しています。</mark>

スプレッドの狭さや、入出金の対応などが優れており、メイン口座として運用しているといった日本人ユーザーの評判が多数確認できます。

<span class=”txt_red”>Trustpilotも星5つ上限の評価中、4.6点と優良クラスの分類です。</span>

ここでは、Traders Trustの評判と他社比較も踏まえた、具体的なTraders Trustのメリット・デメリットを解説します。

Traders Trust メリット

✓Traders Trustのメリット
使いやすい最大3000倍レバレッジ
VIP口座の運用コストが安い
ボーナスが豊富

Traders Trustのメリットは上記の3つです。

メリットを全てまとめると初心者~上級者まで長く付き合っていけるのがTraders Trustだと言えるでしょう。

<mark>初心者は口座開設ボーナスや、最大3000倍のレバレッジで元手が少なくても取引しやすいのがメリット。</mark>

中~上級者は、資金が増えるに連れて、<span class=”txt_red”>より狭いスプレッドで取引ができます。</span>

メリット(1) 使いやすい最大3000倍レバレッジ

2021年4月から実装されたTraders Trustの最大3000倍レバレッジは、ハイレバレッジが多い海外FX業者の中でも、かなり高い部類になります。

<span class=”txt_red”>また、同等の最大3000倍レバレッジを採用している他社が少ないため貴重な存在です。</span>

FX業者名

最大レバレッジ

Traders Trust (トレーダーズトラスト)

3000倍

AXIORY (アキシオリー)

400倍

BigBoss (ビッグボス)

999倍

FBS (エフビーエス)

3000倍

FXGT (エフエックスGT)

1000倍

FxPro (エフエックスプロ)

200倍

GemForex (ゲムフォレックス)

1000倍

HotForex (ホットフォレックス)

1000倍

IFC Markets (アイエフシー)

400倍

iFOREX (アイフォレックス)

400倍

IS6FX (アイエスシックス)

1000倍

LAND-FX (ランドエフエックス)

500倍

TitanFX (タイタンFX)

500倍

TradeView (トレードビュー)

500倍

XM Trading (エックスエム)

888倍

実際に他社の最大レバレッジと比べると、同じ最大3000倍のレバレッジを採用しているのはFBS(エフビーエス)のみ。

ちなみに、FBSの最大3000倍レバレッジは口座残高による制限ルールで、Traders Trustの様にダイナミックレバレッジは採用していません。

<mark>ロット数に応じて最大レバレッジが調整できる分、Traders Trustの最大3000倍レバレッジは使いやすいのがメリットです。</mark>

メリット(2) VIP口座の運用コストが安い

Traders Trustは、上級者向けの口座タイプ「VIP口座」が実は海外FXトップクラスにコスパが良いです。

<mark>スプレッドが狭いのが評判なのも、Traders TrustのVIP口座がスプレッドと手数料のバランスに優れているのが理由だと言えます。</mark>

FX業者名

USD/JPY

EUR/USD

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

Traders Trust (トレーダーズトラスト)

0.4pips(0.55pips)

0.2pips(0.35pips)

0.7pips(0.85pips)

0.4pips(0.55pips)

0.8pips(0.95pips)

AXIORY (アキシオリー)

0.4pips(0.7pips)

0.2pips(0.5pips)

0.3pips(0.6pips)

0.5pips(0.8pips)

0.7pips(1.0pips)

BigBoss (ビッグボス)

0.5pips(0.95pips)

0.7pips(1.15pips)

1.4pips(1.85pips)

0.8pips(1.25pips)

1.5pips(1.95pips)

FBS (エフビーエス)

0..4pips(0.7pips)

0.2pips(0.5pips)

0.6pips(0.9pips)

0.5pips(0.8pips)

0.8pips(1.1pips)

FXGT (エフエックスGT)

0.3pips(0.8pips)

0.3pips(0.8pips)

0.5pips(1.0pips)

0.5pips(1.0pips)

0.7pips(1.2pips)

LAND-FX (ランドエフエックス)

0.1pips(0.45pips)

0.1pips(0.45pips)

0.8pips(1.15pips)

0.3pips(0.65pips)

0.5pips(0.85pips)

TitanFX (タイタンFX)

0.3pips(0.65pips)

0.1pips(0.45pips)

0.4pips(0.75pips)

0.1pips(0.45pips)

0.4pips(0.75pips)

TradeView (トレードビュー)

0.3pips(0.55pips)

0.1pips(0.35pips)

0.3pips(0.55pips)

0.3pips(0.55pips)

0.4pips(0.65pips)

XM Trading (エックスエム)

0.3pips(0.8pips)

0.1pips(0.6pips)

0.2pips(0.7pips)

0.4pips(0.9pips)

0.5pips(1.0pips)

上記の一覧表は、同条件で計測した平均スプレッドと、()内には取引手数料をpipsに換算した実質スプレッドを表記しています。

Traders Trustはスプレッドが狭く、1ロット当たり片道1.5ドルの取引手数料と上級者向けの口座タイプでは非常にコストパフォーマンスに優れているのがメリットです。

メリット(3) ボーナスが豊富

各種ボーナスが充実しているのもTraders Trustを使うメリットです。

特に2021年は、Traders Trustが11周年を迎えていることもあり、<span class=”txt_red”>ボーナスの豊富さに優れています。</span>

まず、新規ユーザーは口座開設ボーナスで10,000円相当のクレジットを、次に100%入金ボーナスは最大10,000,000円のクレジットです。

さらに、20万円以上の入金なら、200%ボーナスも併せて最大20,000,000円相当のクレジットもボーナスで貰えます。

口座開設以外のボーナスは、新規・既存のユーザーどちらも対象なので、<mark>初心者~上級者まで全ての人がボーナスの恩恵を受けられるのはTraders Trustのメリットです。</mark>

Traders Trust デメリット

✓Traders Trustのデメリット
ゼロカットが使いづらい
取り扱い銘柄がやや少ない
VIP口座の初回最低入金額が高い

Traders Trustのデメリットは、仕様を理解して使う分のは特に悪い影響がないです。

ただし、海外FX業者としても他社と違うルールや、株式を取引したい、少額資金で低スプレッド口座を使いたいと言った方には不向きな部分があります。

それでは、Traders Trustの書くデメリットを詳しくみてみましょう。

デメリット(1) ゼロカットが使いづらい

追証が無い、FXの取引で借金にならないゼロカットは海外FXを使う大きなメリットです。

他の海外FX業者では、基本的に口座残高がマイナスになると自動的にゼロカットによってマイナス分が相殺されます。

しかし、Traders Trustのゼロカットはマイナス残高になってから、運営へ連絡する事で適用されます。

<span class=”txt_red”>ゼロカットが適用される点は他社と同じですが、連絡の手間があるのはデメリットです。</span>

デメリット(2) 取り扱い銘柄がやや少ない

取り扱い銘柄がやや少ないのがTraders Trustの隠れたデメリットの1つです。

もちろん、全83種類の取り扱い銘柄は、FX業者として十分すぎるほどバラエティに富んでいます。

しかし、最近では株式CFDやETFなど、株式市場に関する取り扱いが増えているのも事実です。

Traders Trustは、トレンドである仮想通貨CFDを取り扱うも、<span class=”txt_red”>株式の取引ができません。</span>

<mark>FXで稼いだ利益を、株式の長期投資で運用したいといった一部の方にはデメリットになるでしょう。</mark>

デメリット(3) VIP口座の初回最低入金額が高いめ

業界最狭水準のスプレッドと、業界最安値の取引手数料を実現しているTraders TrustのVIP口座。

そんな優れたVIP口座ですが、<mark>完全に上級者向けの初回最低入金額が唯一のデメリットです。</mark>

他社で同等の低スプレッド口座、上級者向けの口座タイプと初回最低入金額を比較してみましょう。

FX業者名

初回最低入金額

Traders Trust (トレーダーズトラスト)

20000ドル相当額

AXIORY (アキシオリー)

200ドル相当額

BigBoss (ビッグボス)

1ドル相当額

FBS (エフビーエス)

1000ドル相当額

FXGT (エフエックスGT)

250ドル相当額

LAND-FX (ランドエフエックス)

2000ドル相当額

TitanFX (タイタンFX)

200ドル相当額

TradeView (トレードビュー)

1000ドル相当額

XM Trading (エックスエム)

5ドル相当額

Traders Trustの初回最低入金額は他社と比べて、かなり高い部類の文字通りVIP口座です。

クラシック口座が50ドル相当額(約5000円)、プロ口座が200ドル相当額(約20,000円)なので、<mark>資金が増えるごとにステップアップしていく使い方が良いでしょう。</mark>

Traders Trustの基本情報

運営元

TTCM Traders Capital Limited

所在地

5th Floor、Andrew’s Place、51 Church Street、Hamilton HM 12、Bermuda

金融ライセンス

バミューダ法人ライセンス

日本語対応

日本語サポートあり・日本人スタッフ在籍

口座タイプ

クラシック口座

プロ口座

VIP口座

発注方式

NDD STP方式

証拠金通貨

JPY/USD/EUR

JPY/USD/EUR/CHF/GBP

最大レバレッジ

3000倍

取引手数料 (※1)

なし

3ドル相当額

1.5ドル相当額

1ロット当たりの単位

10万通貨

最大ロット

1000ロット(同時保有350,000ロット)

最小ロット

0.01ロット

初回最低入金額

50ドル相当額

200ドル相当額

20,000ドル相当額

取り扱い銘柄

【通貨ペア】53種類

【貴金属CFD】5種類

【エネルギーCFD】2種類

【株価指数CFD】8種類

【仮想通貨CFD】15種類

【商品合計】83種類

マージンコール

証拠金維持率が50%を下回った場合

証拠金維持率が80%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が20%を下回った場合

証拠金維持率が20%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )

(※1) 1ロット10万通貨当たりの取引手数料

Traders Trust(トレーダーズトラスト) まとめ

今回は「Traders Trust(トレーダーズトラスト)の評判・特徴まとめ!どんなメリット・デメリットがある?」のテーマでした。

Traders Trustは、日本では余り知られていないものの、運営年数の長い大手FX業者です。

使いやすい最大3000倍のダイナミックレバレッジや、豊富なボーナスは非常に魅力があります。

また、海外レビューサイトを見ると、上級者向けのVIP口座は業界トップクラスの低コスト・低スプレッドのFX口座として評判です。

FXを本格的に始めたい方にとって長く使えるオススメのFX業者だと言えるでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!


Notice: Undefined offset: 0 in /home/cro81/to-shin.com/public_html/wp/wp-content/themes/to-shin/parts_newpost.php on line 7

Notice: Trying to get property 'category_parent' of non-object in /home/cro81/to-shin.com/public_html/wp/wp-content/themes/to-shin/parts_newpost.php on line 9