海外FX業者XM(エックスエム)の禁止事項とは?【要確認】

海外FX業者を利用する上で、意外と知らないのが「禁止事項」。
もし、違反したら口座凍結や永久停止の対象となります。

今回は、海外FX業者XM(エックスエム)の禁止事項をまとめました。
海外FX大手なので、ここで禁止=基本的にどこでもNGです。

しっかり確認しておきましょう。

この記事で分かること

  • XMでの具体的な禁止事項
  • 禁止事項をするとどのような制裁があるのか

XMの禁止事項とは?

XMの禁止事項とは、口座開設者には最初に確認が推奨されています。
実は、公式サイトから見れますが「英語表記」です。

英語が読めなくても、違反すれば口座凍結などの措置が取られます。
ようするに、知らなかったが通りません。

本記事では、日本語でXMの禁止事項を解説します。

XMの禁止事項は6つ。

XMの禁止事項

(1)接続遅延を意図的に利用した取引

(2)経済指標発表時に限定した取引

(3)週明けの「窓(ギャップ)」に限定した取引

(4)複数口座・複数のFX業者を利用したアービトラージ

(5)偽名・他人の名前を悪用したボーナス不正取得

(6)グループ・チームで行う取引

XMの禁止事項は合計6つあります。
9割は取引に関する事で、他業者でも同じく禁止されている場合が多いです。

普通に取引すれば該当しない内容になります。
とは言え、本人の意思を問わず、禁止事項に該当する=制裁対象なので中止しましょう。

具体的にどういった取引・行為が禁止事項なのか?を解説します。

【XMの禁止事項】接続遅延を意図的に利用した取引

国内外問わず、FXの取引ではインターネット使い、取引が行われる仕組みです。

「自宅PC→FX業者のサーバー→為替の市場」を繋ぐ中で、接続遅延が発生する可能性があります。

稀に接続遅延によって起こる、割高・割安の価格が表示される現象。
これを意図的に取引するのが禁止事項です。

例えば、他社では100円のレート・XMでは101円のレートだったとしましょう。
両建てを各口座で行い、価格が同じになった所で割高・割安の方を決済します。

価格が同じ=適正レートですから、有利な価格で取引できるといった仕組みです。
「意図的に」ですから、毎回の取引が接続遅延のみだと禁止事項に該当します。

【XMの禁止事項】経済指標発表時に限定した取引

雇用統計や中央銀行総裁の発言など、経済指標発表では大きく市場が変動します。
大きな変動による利益を期待し、発表時のみを取引するのは禁止事項です。

例えば、ゼロカット制度で追証が発生しないのを悪用し、少額でハイレバレッジ取引をします。

経済指標時に限定すれば、いわゆるギャンブルトレードです。
負けてゼロカットor勝って大きな利益の2択となります。

ゼロカットなので、証拠金を毎回同じ金額にするとリスクが固定化できる反面。
負けた場合の損失不足分はXMの負担となります。

  • 指標時のみのギャンブルトレードで顧客のリスクが大きい
  • 毎回ゼロカットでXMのリスクも大きい

XMも、利用者もリスクの高い取引となるので禁止されている取引です。
もちろん、指標時の取引自体は禁止されていません。

【XMの禁止事項】週明けの「窓(ギャップ)」に限定した取引

週明けの月曜日早朝では、チャートに大きな空間が空くケースがあります。
急激な価格変動によって空間が開くのが「窓(まど)」もしくは「Gap(ギャップ)」です。

これらのみを取引の対象とするのはXMの禁止事項に該当します。

窓を狙った取引自体は禁止されていません。

【XMの禁止事項】複数口座・複数のFX業者を利用したアービトラージ

XMでは、他社口座も含む「アービトラージ(裁定取引)」を禁止しています。

アービトラージとは、細かい価格のズレを利用した取引です。

  • カバー銀行による提示レートの違い
  • スプレッドの誤差
  • スワップポイントの金利差

上記による、口座間のズレを利用した取引方法になります。

根本的に、個人規模では資金が足りないので実践できません。
なぜなら、取引当たりの利益が小さいので大きな数量を取引する必要があるからです。

しかし、独自のコミュニティで共謀するなど悪質なケースもあるので、間違ってもアービトラージは行わないようにしましょう。

【XMの禁止事項】偽名・他人の名前を悪用したボーナス不正取得

ボーナスの豊富さから、XMらしい禁止事項です。
本人以外の口座開設や、偽名のクレジットカードによる入金(根本的に犯罪)は禁止されています。

例えば、XMの新規口座開設ボーナスでは無料で3,000円分のクレジットが貰えます。

このボーナス欲しさに、他人の名前で口座開設をしてはいけません。
仮に、登録できたとしても口座凍結や永久利用停止の処分が行われます。

【XMの禁止事項】グループ・チームで行う取引

前述した、アービトラージも該当します。
グループ・チームで取引を行う事もXMの禁止事項です。

どのような取引なのか具体的なパターンは以下の通りです。
→1つのXMアカウントを複数名で使う
→買いグループ・売りグループで共謀して取引をする
→資金を集め、1つの口座をチームで運用する

XMは個人利用が前提のFX業者です。
法人口座を設けておらず、個人トレーダーによる利用を前提としています。

XM(エックスエム)の禁止事項まとめ

今回は「海外FX業者XM(エックスエム)の禁止事項とは?【要確認】」のテーマでした。

XMに限らず、国内外のFX業者には必ず禁止事項が定められています。
禁止事項を破るとどうなるか?以下の通りです。

  • 口座凍結
  • 永久利用停止
  • 入出金の停止

ようするに、ルールを破ってメリット無し。
XMでは普通に取引をするだけでも、レバレッジ888倍・取引ボーナスなど十分に良い環境です。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!