【最大210万円】HotForex(ホットフォレックス)で実施中のボーナスまとめ

海外FX業者HotForex(ホットフォレックス)では、常時3種類のボーナスキャンペーンを実施しています。

全てのボーナスをフル活用できれば、最大で210万円相当のボーナスを獲得できる非常に豪華な内容です。

しかし、HotForexのボーナスはそれぞれ異なる規約と条件がある独立したボーナスキャンペーンなので、キチンと理解していないと正しく受け取れない場合があります。

本記事では、HotForexで実施中のボーナスと受け取り方法を分かりやすくまとめました。

この記事で分かること

HotForexで実施中のボーナスは3種類

キャンペーン

ボーナス内容

クッション機能

ボーナスの獲得上限

50%ウェルカムボーナス

MT4マイクロ口座への初回入金に50%相当のクレジット付与

あり

100,000円

スーパーチャージボーナス

MT4プレミアム口座への入金に対し100%相当のクレジット付与

なし

500,000円

クレジットボーナス

MT4プレミアム口座・MT4マイクロ口座への入金に対し100%相当のクレジットを付与

あり

1,500,000円

HotForex(ホットフォレックス)では、2022年現在上記のボーナスキャンペーンを実施しています。

最初にお伝えした通り、それぞれ独立したボーナスキャンペーンなので、併用はできないものの、申し込む口座を分ければ全てのボーナスを受け取ることができます。

HotForexの実施する全てのボーナスをフル活用すると、最大で210万円相当のボーナスを獲得できるので非常に魅力的です。

ただし、各ボーナスは受取時点でトレード資金として使えるクッション機能を持ったクレジットで付与される場合と、受取時点ではトレード心としては使えず、条件を満たすとキャッシュバックが受け取れるなどボーナス内容が異なります。

本記事では、各ボーナスの詳しい仕様をまとめましたのでキチンと確認しておきましょう。

HotForexの50%ウェルカムボーナス

50%ウェルカムボーナス

参加条件

50%ウェルカムボーナスに申し込む

対象になる最低入金額

初回入金50,000円以上

対象になる口座タイプ

MT4マイクロ口座

クッション機能

あり

50%ウェルカムボーナスは、HotForex(ホットフォレックス)の新規口座開設者向けのボーナスキャンペーンです。

HotForexの公式サイトから50%ウェルカムボーナスに申し込んだ後、MT4マイクロ口座を開設し、初回入金50,000円以上を行うと対象になります。

50%ウェルカムボーナスでは、文字通り入金額に対して50%相当のクレジットは、入金先のMT4マイクロ口座に反映されます。

50%ウェルカムボーナスで付与されるクレジットには、クッション機能があるため、追加のトレード資金として利用可能です。

最大で100,000円相当のクレジットを受け取れるため、初回入金200,000円で満額のボーナスを受け取れます。

50%ウェルカムボーナスに関する注意点

✓50%ウェルカムボーナスの注意点
50%ウェルカムボーナスに申し込んだMT4マイクロ口座は最大500倍レバレッジ
50%ウェルカムボーナスの獲得上限は100,000円相当額まで
50%ウェルカムボーナスと他のキャンペーンは併用できない

50%ウェルカムボーナスに関する注意点は上記3つです。

通常、MT4マイクロ口座はHotForexで最も高い最大1000倍レバレッジが適用されます。

しかし、50%ウェルカムボーナスに申し込むことで、対象のMT4マイクロ口座は最大500倍のレバレッジへ制限されます。

ただし、50%ウェルカムボーナスに申し込んでいない他のMT4マイクロ口座は最大1000倍のレバレッジが利用できます。

HotForexのスーパーチャージボーナス

スーパーチャージボーナス

参加条件

スーパーチャージボーナスに申し込む

対象になる最低入金額

なし

対象になる口座タイプ

MT4プレミアム口座

クッション機能

なし

スーパーチャージボーナスは、通常の入金ボーナスと違い入金だけでは特に利用するメリットがありません。

なぜなら、スーパーチャージボーナスで付与されるクレジットにはクッション機能がないからです。

クッション機能のないクレジットは、有効証拠金として扱われないため、受け取った時点でトレード資金として活用することはできません。

しかし、クッション機能がない代わりに、スーパーチャージボーナスで受け取ったクレジットは、一定の取引量をこなすと、現金と交換されるキャッシュバックがあるのがメリットです。

スーパーチャージボーナスのキャッシュバック

スーパーチャージボーナスは、申し込んだMT4プレミアム口座へ最低25,000円以上の入金に対して、入金に対して100%相当のクレジットが付与されます。

先にお伝えした通り、スーパーチャージボーナスのクレジットにはクッション機能がないため、トレード資金として使うことはできません。

ただし、受け取ったクレジットは、1ロット当たり2ドル相当額のレートで、現金としてキャッシュバックされます。

キャッシュバックは、現金なのでトレード資金としての利用、もしくはキャッシュバックされた現金は自由に出金可能です。

スーパーチャージボーナスに関する注意点

✓スーパーチャージボーナスの注意点
100%入金ボーナスの上限は50,000ドル相当額まで
キャッシュバックの上限金額は8,000ドル相当額まで
注文から決済まで1分以上の取引のみカウント
キャッシュバックは毎営業日に行われる
口座残高からの資金移動・ゼロカットで同割合のボーナスが消失

スーパーチャージボーナスに関する注意点は上記の5つです。

特に気を付けておくべきポイントは、スーパーチャージボーナスでキャッシュバックを受け取る条件になる取引ロット数のカウント基準になります。

キャッシュバックにカウントされるのは、注文から決済まで1分以上の取引となるため、高速取引を行う自動売買等はカウントされない可能性もあるので注意しましょう。

HotForexのクレジットボーナス

クレジットボーナス

参加条件

クレジットボーナスに申し込む

対象になる最低入金額

10,000円以上の入金

対象になる口座タイプ

MT4プレミアム口座・MT4マイクロ口座

クッション機能

あり

クレジットボーナスは、スーパーチャージボーナスにクッション機能が追加されたキャンペーンです。

申し込み済みのMT4プレミアム口座もしくはMT4マイクロ口座へ10,000円以上の入金に対して、100%相当のクレジットが付与されます。

100%相当の入金ボーナスは、最大で150万円相当のクレジットを受け取るまで、入金額が10,000円以上なら複数回の入金が対象です。

クレジットボーナスのキャッシュバック

クレジットボーナスもスーパーチャージボーナスと同様に、一定の取引量を満たすとクレジットを現金と交換するキャッシュバックが受け取れます。

ただし、スーパーチャージボーナスと違い、1ロット当たりのキャッシュバックではなく、「受け取った入金ボーナスの総額(ドル)÷2ドル」で計算されるロット数を取引するとキャッシュバックが受け取れる仕組みです。

例えば、2000ドル相当の入金ボーナスを受け取っていたら、200ロットの往復取引が完了するとキャッシュバックが受け取れることになります。

クレジットボーナスに関する注意点

✓クレジットボーナスの注意点
複数の口座で申し込み可能
1口座当たり3万ドル相当がボーナス上限・最大5口座で最大合計15万ドル相当額
ロット数の条件を満たしたら3か月以内にキャッシュバックの申請が必要
CFDの取引は1ロット当たり0.1ロットとしてカウントする

クレジットボーナスに関する注意点は上記4つです。

他のHotForexが実施するキャンペーンと違い、クレジットボーナスは複数の口座が対象になります。

また、スーパーチャージボーナスとの違いとして、クッション機能があるものの、キャッシュバックを受け取るには必要なロット数を全て完了してから自らキャッシュバックの申請が必要です。

1ロット当たりの取引からキャッシュバックが自動で口座に反映されるスーパーチャージボーナスより、キャッシュバックに手間がかかることに注意しましょう。

HotForexのボーナスに関する注意点

✓HotForexのボーナスに関する注意点
ボーナスはクレジットで付与される
クレジットのクッション機能に注意する
スーパーチャージボーナスとクレジットボーナスの違い

HotForex(ホットフォレックス)のボーナスを利用する上で、少なくとも最低限知っておくべき注意点をまとめました。

ボーナスはクレジットで付与される

HotForexのボーナスは、どのキャンペーンでも「クレジット」で付与されます。

クレジットとは、海外FX業者では定番のボーナス形態です。取引口座の現金とは別でクレジットとして口座へ反映され、基本的には追加のトレード資金として使えます。

クレジットとは、取引に使える仮想資金、トレード用のポイントと考えると分かりやすいです。

クレジットは、現金ではないので、トレード資金の一部として活用できるものの、クレジット自体を出金することはできません。

クレジットのクッション機能に注意する

クレジットには、トレード資金として使えない場合はあります。

各社あるいは、キャンペーン毎にクレジットの仕様には、トレード資金として使うことができ、ロスカット水準の計算にも含まれる場合と、含まれない場合とで区別する意味で使われるのが「クッション機能」です。

クッション機能のあるクレジットは、クレジット自体を出金できない以外は証拠金として同じ様に取り扱われます。

一方で、クッション機能のないクレジットは、トレード資金としての役割がありません。

しかし、一定条件でクレジットと現金を交換するキャッシュバックが受け取れるのがメリットです。

HotForexでは、クッション機能のあるクレジットが受け取れるのは「50%ウェルカムボーナス」と「クレジットボーナス」です。

スーパーチャージボーナスとクレジットボーナスの違い

スーパーチャージボーナスとクレジットボーナスは、どちらも100%相当の入金ボーナスとして付与され、取引によってキャッシュバックが受け取れます。

似た内容のキャンペーンなので違いが分からない方も多いでしょう。

また、クレジットボーナスのみクッション機能があるため、スーパーチャージボーナスよりクレジットボーナスの方が良いと考えられます。

とは言え、実際には向き不向きがあるため、どちらのボーナスがオススメかは人によって変わります。

具体的にスーパーチャージボーナスとクレジットボーナスの違いは何があるか一覧表を作成しました。

スーパーチャージボーナス

クレジットボーナス

対象の口座タイプ

MT4プレミアム口座

MT4プレミアム口座・MT4マイクロ口座

最低入金額

25,000円から

10,000円から

入金ボーナスの上限

500,000円相当額

1,500,000円相当額

キャッシュバック条件

1ロット毎に2ドル相当

ボーナスの合計受取金額÷2の往復路っと

キャッシュバックの上限金額

800,000円相当

1,500,000円相当額

クッション機能

なし

あり

キャッシュバックの受け取り方法

毎営業日に自動で口座へ反映

申請が必要

 

まとめると、入金ボーナスをトレード資金として活用したい場合はクレジットボーナスを利用して、クッション機能のあるクレジットを使うのが良いでしょう。

一方で、トレード資金自体はある程度あり、キャッシュバックを積極的に貰いたい人はスーパーチャージボーナスがオススメです。

とは言え、どちらのキャンペーンも口座を分ければ対象になるので、先にクレジットボーナス、資金が増えてきたら別口座でスーパーチャージボーナスといった様にどちらも利用するのが良いでしょう。

HotForexのボーナス まとめ

今回は「【最大210万円】HotForex(ホットフォレックス)で実施中のボーナスまとめ」のテーマでした。

HotForexは、F1のスポンサーにもなるほど世界的な大手FX業者です。大手の資金力があるからこそ、常時開催のボーナスキャンペーンは他社が期間限定で実施するレベルの豪華さを備えています。

とは言え、3種類のボーナスには各ルールや仕様に違いがあるため、一通り理解していないとボーナスの効果は薄れてしまうでしょう。

<mark>本記事を参考に、HotForexのボーナスを全て受け取り、トレード資金の追加調達とキャッシュバックに役立ててください。</mark>

 

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!