IS6FXの口座タイプは3種類!おすすめと各特徴を分かりやすく解説

IS6FX(アイエスシックスFX)は、is6comがITコンサルティング&ホールディングス会社 TECワールドグループに買収されたことでサービスが一新された海外FX業者です。

口座タイプには、マイクロ口座・スタンダード口座・プロ口座の3種類が設定されており、1つのアカウントで複数の口座タイプを使った運用にも対応しています。

本記事では「IS6FXの口座タイプ」をテーマに、各特徴やおすすめを分かりやすくまとめました。

自分に合った口座タイプを選び、より有利な条件でIS6FXを利用しましょう。

この記事で分かること

IS6FXの口座タイプは3種類

最初にお伝えした通り、IS6FXで利用できる口座タイプは3種類です。

ただし、例外としてプロモーションの一環として限定公開された「レバレッジ6000倍口座」も厳密には口座タイプとして設定されています。

現在はレバレッジ6000倍口座の開設は停止して言いますが、再度募集がある可能性もあるため4種類の口座タイプの基本仕様を一覧表にまとめました。

口座タイプ

マイクロ口座

スタンダード口座

プロ口座

レバレッジ6000倍口座

発注方式

NDD STP方式

証拠金通貨

JPY/USD

最大レバレッジ

1000倍

400倍

6000倍

取引手数料

無料

1ロット当たりの単位

1000通貨

10万通貨

最大ロット

100ロット(同時保有可能ポジション30件)

30ロット(同時保有可能ポジション30件)

最小ロット

0.05ロット

0.01ロット

 

1ロット

初回最低入金額

1ドル相当額

1000ドル相当額

1ドル相当額

取り扱い銘柄

【通貨ペア】35種類

【貴金属CFD】2種類

【株価指数CFD】7種類

【エネルギーCFD】2種類

【商品合計】46種類

マージンコール

証拠金維持率が70%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が50%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )

IS6FXでおすすめの口座タイプとは?

「IS6FXでおすすめの口座タイプとは?」と聞かれれば、基本的にはスタンダード口座をおすすめします。

スタンダード口座は、IS6FXの特徴とも言える最大1000倍のレバレッジが利用でき、初回最低入金額1ドル相当と使い始めるのに敷居が非常に低いです。

また、マイクロ口座より狭いスプレッドが利用でき、プロ口座よりスプレッドが広いものの最大レバレッジが1000倍なので必要証拠金が少なくります。

万人に使いやすいスタンダード口座は、IS6FXの口座タイプに迷ったら確実におすすめしたい口座タイプです。

IS6FXで口座タイプ別の特徴を紹介

IS6FXの口座タイプは基本的にスタンダード口座がおすすめだとご紹介しました。

ただし、IS6FXの口座タイプは各特徴が異なり、実際にはトレードスタイルによっておすすめの口座タイプも変わります。

ここでは、IS6FXの各口座タイプの特徴をまとめましたので、自身のトレードスタイルに合った口座タイプ選びの参考にしてください。

IS6FXのマイクロ口座の特徴

口座タイプ

マイクロ口座

発注方式

NDD STP方式

証拠金通貨

JPY/USD

最大レバレッジ

1000倍

取引手数料

無料

1ロット当たりの単位

1000通貨

最大ロット

100ロット(同時保有可能ポジション30件)

最小ロット

0.05ロット

初回最低入金額

1ドル相当額

取り扱い銘柄

【通貨ペア】35種類

【貴金属CFD】2種類

【株価指数CFD】7種類

【エネルギーCFD】2種類

【商品合計】46種類

マージンコール

証拠金維持率が70%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が50%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )

✓マイクロ口座口座の特徴
初回最低入金額1ドル相当額
最大1000倍のレバレッジ
1ロット=1000通貨のミニマム口座

IS6FXのマイクロ口座は、少額資金から低リスクで取引したい方やミニマムなロットでポジションを組み立てるスワップ投資に最適な口座タイプです。

マイクロ口座とスタンダード口座の違いはさほどなく、最大1000倍レバレッジや初回最低入金額1ドルは共通のルールです。

マイクロ口座とスタンダード口座の唯一の違いは、1ロット当たり1000通貨の取引サイズになります。

スタンダード口座より小さい取引から行えるので、利益は小さくても実際の取引を低リスクで行って経験を積みたいといった場合に非常に使いやすいです。

ただし、取引サイズが小さければ利益も小さくなるため将来的にはスタンダード口座に移行することも視野に入れると良いでしょう。

IS6FXのスタンダード口座の特徴

口座タイプ

スタンダード口座

発注方式

NDD STP方式

証拠金通貨

JPY/USD

最大レバレッジ

1000倍

取引手数料

無料

1ロット当たりの単位

10万通貨

最大ロット

30ロット(同時保有可能ポジション30件)

最小ロット

0.01ロット

初回最低入金額

1ドル相当額

取り扱い銘柄

【通貨ペア】35種類

【貴金属CFD】2種類

【株価指数CFD】7種類

【エネルギーCFD】2種類

【商品合計】46種類

マージンコール

証拠金維持率が70%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が50%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )

✓スタンダード口座の特徴
初回最低入金額1ドル相当額
最大1000倍のレバレッジ
1ロット10万通貨が標準サイズ

IS6FXのスタンダード口座は、IS6FXを代表する口座タイプです。

最大1000倍のレバレッジで少ない必要証拠金でポジションを建てることができ、1つの口座で外国為替・貴金属・株価指数・エネルギーの幅広い市場が取引可能です。

また、最大1000倍のレバレッジはマイクロ口座と共通ですが、スタンダード口座はマイクロ口座より狭いスプレッドで取引ができるのも特徴になります。

通貨ペア

マイクロ口座

スタンダード口座

EUR/USD

1.9pips

1.5pips

USD/JPY

2.0pips

1.6pips

GBP/USD

3.1pips

2.4pips

AUD/USD

2.5pips

2.0pips

USD/CAD

2.7pips

2.1pips

例えば、上記のメジャー通貨ペアのスプレッド比較表を見ると、スタンダード口座はマイクロ口座より約0.5pipsほどスプレッドが狭くなっているのが分かります。

したがって、特に1000通貨以下の取引をしない限りはスタンダード口座を選ぶのがおすすめです。

IS6FXのプロ口座の特徴

口座タイプ

プロ口座

発注方式

NDD STP方式

証拠金通貨

JPY/USD

最大レバレッジ

400倍

取引手数料

無料

1ロット当たりの単位

1000通貨

最大ロット

100ロット(同時保有可能ポジション30件)

最小ロット

0.05ロット

初回最低入金額

1000ドル相当額

取り扱い銘柄

【通貨ペア】35種類

【貴金属CFD】2種類

【株価指数CFD】7種類

【エネルギーCFD】2種類

【商品合計】46種類

マージンコール

証拠金維持率が70%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が50%を下回った場合

取引プラットフォーム

MetaTrader4(MT4 )

✓プロ口座の特徴
最大400倍のレバレッジ
取引手数料無料&低スプレッド
初回最低入金額1000ドル相当額

IS6FXのプロ口座は、初回最低入金額1000ドルと初心者には若干敷居が高いものの、取引手数料無料で低スプレッドを実現している魅力的な口座タイプです。

低スプレッドな口座タイプと言えば、他社口座では取引手数料を支払い、金融機関の市場へ専用のシステムを介して直接注文を流すNDD ECN方式が一般的になります。

IS6FXでは、他の口座タイプと同じNDD STP方式を採用しており、業者側で即時に注文が約定するNDD STP方式を採用することで、無料の取引手数料と低スプレッドを両立しているのが特徴です。

実際に他社と比べて、どういったスプレッドをプロ口座は提示しているのか他社比較を表にまとめました。

海外FX業者

EUR/USD

USD/JPY

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

スプレッド(スプレッド+取引手数料)

IS6FX(アイエスシックスFX)

0.7pips(0.7pips)

0.8pips(0.8pips)

1.1pips(1.1pips)

1.0pips(1.0pips)

1.0pips(1.0pips)

XM Trading(エックスエム)

0.1pips(0.6pips)

0.2pips(0.7pips)

0.5pips(1.0pips)

0.6pips(1.1pips)

0.6pips(1.1pips)

AXIORY(アキシオリー)

0.2pips(0.5pips)

0.4pips(0.7pips)

0.3pips(0.6pips)

0.5pips(0.8pips)

0.7pips(1.0pips)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

0.6pips(0.6pips)

0.4pips(0.4)pips

1.9pips(1.9pips)

0.9pips(0.9pips)

1.3pips(1.3pips)

TitanFX(タイタンFX)

0.3pips(0.65pips)

0.4pips(0.75pips)

0.8pips(1.15pips)

0.3pips(0.65pips)

0.8pips(1.15pips)

HotForex(ホットフォレックス)

0.5pips(0.8pips)

0.4pips(0.7pips)

1.6pips(1.9pips)

0.9pips(1.2pips)

1.4pips(1.7pips)

FBS(エフビーエス)

0.3pips(0.6pips)

0.4pips(0.7pips)

0.8pips(1.1pips)

0.8pips(1.1pips)

1.2pips(1.5pips)

TradeView(トレードビュー)

0.3pips(0.55pips)

0.5pips(0.75pips)

0.7pips(1.85pips)

0.5pips(0.75pips)

0.8pips(1.05pips)

LAND FX(ランドFX)

0.5pips(0.85pips)

0.5pips(0.85pips)

1.5pips(0.95pips)

0.8pips(1.15pips)

1.1pips(1.45pips)

BigBoss(ビッグボス)

0.9pips(1.35pips)

0.7pips(1.15pips)

2.0pips(2.45pips)

0.8pips(1.25pips)

1.9pips(2.35pips)

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

0.4pips(0.7pips)

0.6pips(0.9pips)

1.2pips(1.5pips)

0.9pips(1.2pips)

1.4pips(1.7pips)

メジャー通貨ペアでは、他社の低スプレッド特化型の口座タイプよりやや狭い場合が多いです。

また、外付けと取引手数料がないプロ口座はスプレッド=取引コストとなるため、非常にシンプルで使いやすいのもメリットに挙げられます。

ただし、プロ口座は最大400倍レバレッジに引き下げがあるため、最大1000倍レバレッジよりも必要証拠金が多くなることに注意しましょう。

IS6FXの口座タイプの共通点と違い

ここでは、IS6FXの口座タイプによる取引条件の共通点と違いをまとめました。

例えば、最大レバレッジは1000倍が良いけど、可能な限りスプレッドは抑えて欲しいといった場合など、口座タイプによる共通と違いを知ることで不利な条件で取引せずに済みます。

IS6FXの口座タイプで共通していること

✓全口座タイプの共通点
NDD STP方式を採用
追証無しのゼロカット
マージンコール・ロスカット水準
取引プラットフォーム
取り扱い銘柄
最大ロット数

IS6FXでは、口座タイプによる共通のルールが比較的多い海外FX業者です。

また、共通の取引条件は、どの口座タイプでも取引において有利になることが多く、不要な制限で口座のポテンシャルが下がるといったことがありません。

それでは、IS6FXの全口座タイプの共通点をそれぞれご紹介します。

NDD STP方式を採用

IS6FXでは、全ての口座タイプの約定方式にNDD STP方式を採用しています。

NDD STP方式とは、トレーダーから受けた注文をFX業者が即時に決済を行ってから必要に応じてカバー先の金融機関とカバー取引を行うといった注文→決済までの一連の流れをディーリングシステムが機械的に行う仕組みを言います。

NDD STP方式はFX業者によるスプレッドが加算されているため、ややスプレッドが高くなりやすいものの、人為的な操作がなく透明性の高さと約定力の高さがメリットです。

追証無しのゼロカット

国内FX業者では、強制ロスカットが市場の急変動によって間に合わなかった場合にマイナス残高となると、不足分をトレーダーが支払う「追証(おいしょう)」があります。

しかし、IS6FXでは強制ロスカット時にマイナス残高となった場合に口座残高0円に自動調整するゼロカットを採用しており、口座残高以上の損失が発生しないのが全口座タイプで共通の取引条件です。

口座残高を超える損失、実質のFXにおける借金リスクがないのは初心者から上級者トレーダーまで誰もが安心できるメリットになります。

マージンコール・ロスカット水準

IS6FXでは、マージンコールとロスカットの水準を全口座タイプ共通の基準で設定しています。

マージンコール

証拠金維持率が70%を下回った場合

ロスカット水準

証拠金維持率が50%を下回った場合

マージンコールとは、証拠金維持率が一定の割合にまで下がった時にロスカット水準が近づいたことを知らせる仕組みであり、ロスカット水準に到達するとポジションは強制的に決済されます。

IS6FXでは、マージンコールとロスカットの両方を全口座共通の基準にすることで、口座タイプが変わってもロスカットやマージンコールでトラブルを起こしづらくなっているのは良心的な共通条件です。

取引プラットフォーム

IS6FXでは、全ての口座タイプで取引プラットフォームにMetaTrader4(MT4)を採用しています。

MT4は2006年に公開されて以降、多くのトレーダーに長く愛用されている定番の取引プラットフォームです。

独自のテクニカル指標を利用できるカスタムインジケーターや、独自のMQL言語で開発・稼働がされる自動売買(EA)が有料・無料を問わず多く開発されており、市場の流通量も多いのがメリットになります。

特に自動売買に関しては、IS6FXが自動売買の稼働に便利なVPS(仮想プライベートサーバー)を一定条件クリアで無料レンタルしているので非常に相性が良いです。

取り扱い銘柄

IS6FXでは、全口座タイプで共通の取り扱い銘柄となっています。

例えば、スタンダード口座では取引できたのにプロ口座に移行したら取引できない銘柄があるといった問題が発生しません。

以下、IS6FXで取り扱う銘柄を市場別にまとめました。

✓外国為替 34種類

AUD/CAD・AUD/CHF・AUD/JPY・AUD/NZD・AUD/USD・CAD/JPY・CHF/JPY・EUR/AUD・EUR/CAD・EUR/CHF・EUR/GBP・EUR/JPY・EUR/NZD・EUR/USD・

EUR/ZAR・GBP/AUD・GBP/CAD・GBP/CHF・GBP/JPY・GBP/NZD・GBP/USD・NZD/CAD・NZD/CHF・NZD/JPY・NZD/USD・SGD/JPY・USD/CAD・USD/CHF・

USD/CNH・USD/JPY・USD/MXN・USD/SGD・USD/TRY・USD/ZAR

✓株価指数 6種類

DAX・HK50・JP225・S&P500・UK100・US30

✓貴金属 2種類

XAU/USD・XAG/USD

✓エネルギー

Brent・WTI

IS6FXの口座タイプによる違い

✓口座タイプによる違い
スプレッド
最低入金額と最大レバレッジ

IS6FXの口座タイプによる違いは、決して多くはありません。実際に、IS6FXの各口座タイプで異なる取引条件は「スプレッド」「最低入金額」の2つです。

しかし、細かな取引条件の違いではあるものの、取引に与える影響は大きく、人によっては特定の口座タイプだと相性が悪い場合もあります。

各口座タイプの違いを理解して、自分の取引に影響がないか確認しておきましょう。

スプレッド

IS6FXでは、全ての口座タイプで異なるスプレッドを提示しています。口座タイプが上級者向けになるにつれて、スプレッドはより狭くなるのが特徴です。

通貨ペア

マイクロ口座

スタンダード口座

プロ口座

EUR/USD

1.9pips

1.5pips

0.7pips

USD/JPY

2.0pips

1.6pips

0.8pips

GBP/USD

3.1pips

2.4pips

1.1pips

AUD/USD

2.5pips

2.0pips

1.0pips

USD/CAD

2.7pips

2.1pips

1.0pips

スプレッドは、プロ口座→スタンダード口座→マイクロ口座の順に狭くなります。

ただし、レバレッジや最低入金額にも差がでるため、単純にスプレッドの違いだけでは口座タイプの良し悪しは決められません。

最低入金額と最大レバレッジ

IS6FXでは、口座タイプによって初回最低入金額と最大レバレッジが異なります。

各口座タイプと初回最低入金額を一覧表にまとめると以下の通りです。

口座タイプ

初回最低入金額

最大レバレッジ

マイクロ口座

1ドル相当額

1000倍

スタンダード口座

1ドル相当額

1000倍

プロ口座

1000ドル相当額

400倍

スプレッドの狭さでは、プロ口座が最も狭かったものの、初回最低入金額とレバレッジはプロ口座が最も低くなります。

したがって、必要証拠金を減らして少額資金で運用したい方はマイクロ口座・スタンダード口座を、低スプレッドで運用コストを減らしたい場合はプロ口座をといった様に分かれます。

IS6FXの口座タイプ まとめ

今回は「IS6FXの口座タイプは3種類!おすすめと各特徴を分かりやすく解説」のテーマでお届けしました。

IS6FXの口座タイプは3種類あり、トレードスタイルや運用方針などによって最適な口座タイプを選ぶことができます。

マイクロ口座は、少額取引でコツコツスワップ投資をしたり、低リスク低リターンでも実戦経験を積みたい方にオススメです。

また、プロ口座はレバレッジが400倍に下がり、1000ドル相当の入金が必須ですが低スプレッドを取引手数料無料で利用できます。

とは言え、トレードスタイルも決まっていないといった方は、IS6FXで最も使いやすいスタンダード口座がおすすめです。

スタンダード口座は最大1000倍のレバレッジを、マイクロ口座より狭いスプレッド環境で取引できます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!