IS6FXのスプレッドまとめ!全銘柄の一覧と他社比較まで

IS6FX(アイエスシックスFX)は、最大1000倍の高倍率なレバレッジで有名な海外FX業者です。

とは言え、レバレッジが高いFX業者ほど、スプレッドが広いイメージを持つ方も少なくないでしょう。

そこで本記事では、IS6FXのスプレッドを一覧表にまとめ、他社との比較まで徹底解説をお届けします。

この記事で分かること

IS6FXでスプレッドが狭い口座タイプとは?

IS6FX(アイエスシックスFX)では、口座数限定のレバレッジ6000倍を含めて、全4種類の口座タイプが用意されています。

口座タイプ毎にスプレッドが異なり、レバレッジや初回の最低入金額を含めて、細かな取引条件にも違いがあるのが特徴です。

通貨ペア

マイクロ口座

スタンダード口座

プロ口座

レバレッジ6000倍口座

EUR/USD

1.9pips

1.5pips

0.7pips

1.3pips

USD/JPY

2.0pips

1.6pips

0.8pips

1.4pips

GBP/USD

3.1pips

2.4pips

1.1pips

2.2pips

AUD/USD

2.5pips

2.0pips

1.0pips

1.8pips

USD/CAD

2.7pips

2.1pips

1.0pips

1.9pips

各口座タイプで、主要通貨ペアのスプレッドを比較すると上記の通りです。

IS6FXの口座タイプで、最もスプレッドが狭いのは最大400倍のレバレッジのプロ口座、一方で最も広いスプレッドは最大1000倍のレバレッジが利用できるマイクロ口座になります。

マイクロ口座と同じく最大1000倍レバレッジが利用できるスタンダード口座は、マイクロ口座とプロ口座のちょうど中間層のスプレッドです。

また、口座数限定で募集されていたレバレッジ6000倍口座は、ややスタンダード口座より狭いスプレッドでした。

【口座タイプ別】IS6FXの平均スプレッド

IS6FX(アイエスシックスFX)では、全口座タイプで以下の46銘柄を取り扱っています。

【FX/通貨ペア】35種類
【貴金属CFD】2種類
【株価指数CFD】7種類
【エネルギーCFD】2種類

ここでは、全口座タイプ・全銘柄を対象にスプレッドを一覧表でお届けします。

なお、IS6FXの約定方式は全口座タイプ共通で「NDD STP方式」となっており、注文は即時に約定され、必要に応じて業者側でカバー取引を行う約定方式です。

マイクロ口座の平均スプレッド

マイクロ口座は、最大1000倍のレバレッジと1ロット当たり1000通貨の取引サイズで、少額資金による取引が可能な口座タイプです。

初回最低入金額も1ドル相当からなので、FXを始めてみたい方に最適と言えるでしょう。

しかし、スプレッドに関しては、IS6FXの全口座タイプで最も広いのがデメリットです。

マイクロ口座のFX(外国為替)の平均スプレッド一覧

通貨ペア

平均スプレッド

AUD/CAD

4.7pips

AUD/CHF

4.4pips

AUD/JPY

3.7pips

AUD/NZD

4.3pips

AUD/USD

2.5pips

CAD/JPY

3.8pips

CHF/JPY

3.6pips

EUR/AUD

4.3pips

EUR/CAD

4.6pips

EUR/CHF

3.2pips

EUR/GBP

2.5pips

EUR/JPY

2.9pips

EUR/NZD

6.8pips

EUR/USD

1.9pips

EUR/ZAR

190.0pips

GBP/AUD

6.1pips

GBP/CAD

6.4pips

GBP/CHF

5.1pips

GBP/JPY

3.9pips

GBP/NZD

9.2pips

GBP/USD

3.1pips

NZD/CAD

4.3pips

NZD/CHF

3.6pips

NZD/JPY

3.9pips

NZD/USD

3.4pips

SGD/JPY

7.5pips

USD/CAD

2.7pips

USD/CHF

2.9pips

USD/CNH

25.5pips

USD/JPY

2.0pips

USD/MXN

60.0pips

USD/SGD

5.6pips

USD/TRY

20.4pips

USD/ZAR

85.0pips

マイクロ口座の貴金属CFDの平均スプレッド一覧

貴金属CFD

平均スプレッド

XAU/USD

5.7pips

XAG/USD

5.8pips

マイクロ口座の株価指数CFDの平均スプレッド

株価指数CFD

平均スプレッド

DAX

45.0pips

HK50

10.4pips

JP225

2.8pips

NASDAQ

23.0pips

S&P500

19.0pips

UK100

38.0pips

US30

54.0pips

マイクロ口座のエネルギーCFDの平均スプレッド

エネルギーCFD

平均スプレッド

Brent

0.9pips

WTI

0.9pips

スタンダード口座の平均スプレッド

スタンダード口座は、IS6FXの口座タイプで文字通り最もスタンダードな口座タイプです。

初回最低入金額は1ドル相当から、最大1000倍レバレッジによって少額トレーダーや、レバレッジを利かせたい短期トレーダーまで幅広いスタイルに適しています。

スプレッドに関しては、マイクロ口座より狭く、プロ口座より広い中程度の数値です。

スタンダード口座のFX(外国為替)の平均スプレッド一覧

通貨ペア

平均スプレッド

AUD/CAD

3.8pips

AUD/CHF

3.5pips

AUD/JPY

2.9pips

AUD/NZD

3.4pips

AUD/USD

2.0pips

CAD/JPY

3.0pips

CHF/JPY

2.9pips

EUR/AUD

3.4pips

EUR/CAD

3.7pips

EUR/CHF

2.5pips

EUR/GBP

2.0pips

EUR/JPY

2.3pips

EUR/NZD

5.5pips

EUR/USD

1.5pips

EUR/ZAR

185.0pips

GBP/AUD

4.8pips

GBP/CAD

5.1pips

GBP/CHF

4.4pips

GBP/JPY

3.1pips

GBP/NZD

7.6pips

GBP/USD

2.4pips

NZD/CAD

3.5pips

NZD/CHF

2.8pips

NZD/JPY

3.1pips

NZD/USD

2.7pips

SGD/JPY

6.8pips

USD/CAD

2.1pips

USD/CHF

2.3pips

USD/CNH

21.0pips

USD/JPY

1.6pips

USD/MXN

55.0pips

USD/SGD

4.5pips

USD/TRY

18.9pips

USD/ZAR

80.0pips

スタンダード口座の貴金属CFDの平均スプレッド一覧

貴金属CFD

平均スプレッド

XAU/USD

5.0pips

XAG/USD

4.8pips

スタンダード口座の株価指数CFDの平均スプレッド

株価指数CFD

平均スプレッド

DAX

45.0pips

HK50

10.4pips

JP225

2.8pips

NASDAQ

23.0pips

S&P500

19.0pips

UK100

38.0pips

US30

54.0pips

スタンダード口座のエネルギーCFDの平均スプレッド

エネルギーCFD

平均スプレッド

Brent

0.9pips

WTI

0.9pips

プロ口座の平均スプレッド

プロ口座は、IS6FXで最もスプレッドの狭い口座タイプです。

他社では、低スプレッド特化の口座タイプに関しては、1ロット当たり3~5ドル前後の取引手数料が発生します。

しかし、IS6FXのプロ口座は取引手数料が発生せず、スプレッドがそのまま実質の取引コストとなるのが特徴です。

他社の低スプレッド特化口座で、取引手数料に抵抗があるといった方でも、プロ口座は使いやすいでしょう。

ただし、プロ口座は他の口座タイプと違い、初回最低入金額が1000ドル相当額、最大レバレッジが400倍など中級者以上に向けた仕様となっています。

プロ口座のFX(外国為替)の平均スプレッド一覧

通貨ペア

平均スプレッド

AUD/CAD

2.0pips

AUD/CHF

1.8pips

AUD/JPY

1.4pips

AUD/NZD

1.6pips

AUD/USD

1.0pips

CAD/JPY

1.4pips

CHF/JPY

1.5pips

EUR/AUD

1.7pips

EUR/CAD

1.9pips

EUR/CHF

1.2pips

EUR/GBP

1.0pips

EUR/JPY

1.1pips

EUR/NZD

2.9pips

EUR/USD

0.7pips

EUR/ZAR

175.0pips

GBP/AUD

2.3pips

GBP/CAD

2.6pips

GBP/CHF

3.1pips

GBP/JPY

1.5pips

GBP/NZD

4.5pips

GBP/USD

1.1pips

NZD/CAD

1.8pips

NZD/CHF

1.5pips

NZD/JPY

1.5pips

NZD/USD

1.3pips

SGD/JPY

3.4pips

USD/CAD

1.0pips

USD/CHF

1.2pips

USD/CNH

12.0pips

USD/JPY

0.8pips

USD/MXN

45.0pips

USD/SGD

2.4pips

USD/TRY

15.9pips

USD/ZAR

70.0pips

プロ口座の貴金属CFDの平均スプレッド一覧

貴金属CFD

平均スプレッド

XAU/USD

4.5pips

XAG/USD

4.2pips

プロ口座の株価指数CFDの平均スプレッド

株価指数CFD

平均スプレッド

DAX

45.0pips

HK50

10.4pips

JP225

2.8pips

NASDAQ

23.0pips

S&P500

19.0pips

UK100

38.0pips

US30

54.0pips

プロ口座のエネルギーCFDの平均スプレッド

エネルギーCFD

平均スプレッド

Brent

0.9pips

WTI

0.9pips

レバレッジ6000倍口座の平均スプレッド

レバレッジ6000倍口座は、IS6FXのプロモーション活動の1つとして2021年に限定100口座でリリースされた口座タイプです。

最大6000倍のレバレッジと海外FX業者でも異例の高倍率ですが、意外にもスプレッドの条件は悪くなく、スタンダード口座よりも狭い水準でした。

IS6FXの公式サイト内にレバレッジ6000倍口座のページが残っていることから、再び限定で公開される可能性もあります。

レバレッジ6000倍口座のFX(外国為替)の平均スプレッド一覧

通貨ペア

平均スプレッド

AUD/CAD

3.6pips

AUD/CHF

3.3pips

AUD/JPY

2.7pips

AUD/NZD

3.2pips

AUD/USD

1.8pips

CAD/JPY

2.8pips

CHF/JPY

2.7pips

EUR/AUD

3.3pips

EUR/CAD

3.5pips

EUR/CHF

2.3pips

EUR/GBP

1.8pips

EUR/JPY

2.1pips

EUR/NZD

5.3pips

EUR/USD

1.3pips

EUR/ZAR

185.0pips

GBP/AUD

4.6pips

GBP/CAD

4.9pips

GBP/CHF

4.2pips

GBP/JPY

2.9pips

GBP/NZD

7.4pips

GBP/USD

2.2pips

NZD/CAD

3.3pips

NZD/CHF

2.6pips

NZD/JPY

2.9pips

NZD/USD

2.5pips

SGD/JPY

6.6pips

USD/CAD

1.9pips

USD/CHF

2.1pips

USD/CNH

21.0pips

USD/JPY

1.4pips

USD/MXN

55.5pips

USD/SGD

4.3pips

USD/TRY

18.9pips

USD/ZAR

80.0pips

レバレッジ6000倍口座の貴金属CFDの平均スプレッド一覧

貴金属CFD

平均スプレッド

XAU/USD

5.7pips

XAG/USD

5.8pips

レバレッジ6000倍口座の株価指数CFDの平均スプレッド

株価指数CFD

平均スプレッド

DAX

45.0pips

HK50

10.4pips

JP225

2.8pips

NASDAQ

23.0pips

S&P500

19.0pips

UK100

38.0pips

US30

54.0pips

レバレッジ6000倍口座のエネルギーCFDの平均スプレッド

エネルギーCFD

平均スプレッド

Brent

0.9pips

WTI

0.9pips

IS6FXのスプレッドを他社比較

ここまで、IS6FX(アイエスシックスFX)のスプレッドを全銘柄・全口座タイプを対象にご紹介しました。

次は、IS6FXのスプレッドが同じ海外FX業者の他社口座と比べて、狭いのか広いのかを比較してみましょう。

IS6FXのスタンダード口座を他社とスプレッド比較

iS6FXのスタンダード口座と、他社のスタンダード口座もしくは通常仕様の口座タイプでスプレッドを比較しました。

海外FX業者

EUR/USD

USD/JPY

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

IS6FX(アイエスシックスFX)

1.5pips

1.6pips

2.4pips

2.0pips

2.1pips

XM Trading(エックスエム)

1.8pips

1.6pips

2.6pips

1.9pips

2.3pips

AXIORY(アキシオリー)

1.2pips

1.3pips

1.4pips

1.6pips

1.8pips

iFOREX(アイフォレックス)

0.7pips

1.0pips

1.1pips

0.8pips

2.0pips

FXGT(エフエックスGT)

1.5pips

1.6pips

2.2pips

2.0pips

2.5pips

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

1.7pips

1.4pips

2.4pips

1.5pips

2.0pips

TitanFX(タイタンFX)

1.2pips

1.3pips

1.8pips

1.5pips

2.3pips

HotForex(ホットフォレックス)

1.3pips

1.7pips

1.7pips

1.5pips

取り扱い無し

FBS(エフビーエス)

1.2pips

1.3pips

1.8pips

1.5pips

2.3pips

TradeView(トレードビュー)

1.7pips

1.8pips

2.0pips

1.9pips

2.5pips

LAND FX(ランドFX)

0.9pips

0.9pips

1.3pips

1.4pips

1.3pips

IFC Markets(アイエフシーマーケッツ)

1.4pips

1.5pips

2.9pips

1.6pips

3.0pips

FxPro(エフエックスプロ)

1.5pips

1.3pips

1.8pips

1.7pips

1.8pips

BigBoss(ビッグボス)

1.8pips

1.6pips

2.3pips

1.7pips

2.6pips

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

1.4pips

1.6pips

2.2pips

1.8pips

2.6pips

結論、IS6FXのスタンダード口座は海外FX業者の中でも中間層のスプレッドだと分かります。

ただし、スプレッドだけでなく、レバレッジを加味すると最大1000倍と高いレバレッジが利用できるFX口座としては、十分に狭いスプレッドとも評価できます。

IS6FXのプロ口座を他社とスプレッド比較

最大400倍のレバレッジと初回最低入金額1000ドル相当額の条件で利用できる、低スプレッド特化のプロ口座を他社口座と比較してみましょう。

海外FX業者

EUR/USD

USD/JPY

GBP/USD

AUD/USD

USD/CAD

スプレッド(スプレッド+取引手数料)

IS6FX(アイエスシックスFX)

0.7pips(0.7pips)

0.8pips(0.8pips)

1.1pips(1.1pips)

1.0pips(1.0pips)

1.0pips(1.0pips)

XM Trading(エックスエム)

0.1pips(0.6pips)

0.2pips(0.7pips)

0.5pips(1.0pips)

0.6pips(1.1pips)

0.6pips(1.1pips)

AXIORY(アキシオリー)

0.2pips(0.5pips)

0.4pips(0.7pips)

0.3pips(0.6pips)

0.5pips(0.8pips)

0.7pips(1.0pips)

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

0.6pips(0.6pips)

0.4pips(0.4pips)

1.9pips(1.9pips)

0.9pips(0.9pips)

1.3pips(1.3pips)

TitanFX(タイタンFX)

0.3pips(0.65pips)

0.4pips(0.75pips)

0.8pips(1.15pips)

0.3pips(0.65pips)

0.8pips(1.15pips)

HotForex(ホットフォレックス)

0.5pips(0.8pips)

0.4pips(0.7pips)

1.6pips(1.9pips)

0.9pips(1.2pips)

1.4pips(1.7pips)

FBS(エフビーエス)

0.3pips(0.6pips)

0.4pips(0.7pips)

0.8pips(1.1pips)

0.8pips(1.1pips)

1.2pips(1.5pips)

TradeView(トレードビュー)

0.3pips(0.55pips)

0.5pips(0.75pips)

0.7pips(1.85pips)

0.5pips(0.75pips)

0.8pips(1.05pips)

LAND FX(ランドFX)

0.5pips(0.85pips)

0.5pips(0.85pips)

1.5pips(0.95pips)

0.8pips(1.15pips)

1.1pips(1.45pips)

BigBoss(ビッグボス)

0.9pips(1.35pips)

0.7pips(1.15pips)

2.0pips(2.45pips)

0.8pips(1.25pips)

1.9pips(2.35pips)

Traders Trust(トレーダーズトラスト)

0.4pips(0.7pips)

0.6pips(0.9pips)

1.2pips(1.5pips)

0.9pips(1.2pips)

1.4pips(1.7pips)

【XM Trading(エックスエム)】5ドル相当額(0.5pips)
【AXIORY(アキシオリー)】3ドル相当額(0.3pips)
【GEMFOREX(ゲムフォレックス)】取引手数料なし
【TitanFX(タイタンFX)】3.5ドル相当額(0.35pips)
【HotForex(ホットフォレックス)】3ドル相当額(0.3pips)
【FBS(エフビーエス)】3ドル相当額(0.3pips)
【TradeView(トレードビュー)】2.5ドル相当額(0.25pips)
【LAND FX(ランドFX)】3.5ドル相当額(0.35pips)
【BigBoss(ビッグボス)】4.5ドル相当額(0.45pips)
【Traders Trust(トレーダーズトラスト)】3ドル相当額(0.3pips)

基本的には、低スプレッドに特化する口座タイプの場合は外付けの取引手数料が発生するため、スプレッド+取引手数料の実質スプレッドの比較も重要です。

しかし、前述した通り、IS6FXのプロ口座は他の口座タイプより、初回最低入金額とレバレッジに条件を付けることで取引手数料を無料のまま低スプレッドを提供しています。

プロ口座のスプレッドは、他社の実質スプレッドと比べると中程度のスプレッドでした。

IS6FXの強みである最大1000倍レバレッジを手放すと考えると、あえてプロ口座を利用するのはコスパが悪いかも知れません。

IS6FXのスプレッドに関する注意点

✓IS6FXのスプレッドに関する注意点
経済指標の発表前後はスプレッドが拡大しやすい
月曜日の早朝は要注意
口座タイプ選びでスプレッドは大きく変わる

IS6FX(アイエスシックスFX)のスプレッドに関する注意点を3つ解説します。

IS6FXに限らず、スプレッドには急拡大しやすいタイミングもあるため、快適にトレードを行うためにも基本の知識を押さえておきましょう。

経済指標の発表前後はスプレッドが拡大しやすい

経済指標とは、公的機関によるデータであり経済状況を明確な数字で表しています。

発表された経済指標に関連する通貨ペアは、発表前後に相場が急変動しやすいため、スプレッドも拡大しやすいです。

例えば、米国の雇用統計など世界的な基軸通貨となる米ドルに関連する経済指標が発表されると、為替市場全体のボラティリティが大きく反応するため、スプレッドの拡大や、スリッページが発生しやすくなります。

あらかじめ、経済指標発表前後は、スプレッドが広がることを理解して、早めにポジションを決済するなど自己管理が大切です。

月曜日の早朝は要注意

市場が開く月曜日の早朝は、土日の相場によっては大きく変動してスプレッドを拡大させる可能性があります。

また、前週の終値と当日の始値に大きく差が開き、ギャップ(窓)を空ける場合もあるため要注意です。

土日に関しては、基本的に休場ですが、中東の市場で為替の取引が行われています。

中東市場の取引量は少なく、為替レートへの影響も少ないと考えられていますが、例外として土日の中東市場で大きな取引があった場合に月曜日の早朝で相場の急変動に繋がる1つの要因です。

口座タイプ選びでスプレッドは大きく変わる

IS6FXでは、全口座タイプで異なるスプレッドを提示しています。

スキャルピングが主体、あるいは短期決戦の自動売買を稼働させる場合は口座タイプの選択が重要です。

例えば、マイクロ口座とプロ口座の平均スプレッドでは、倍以上の差が開きます。

スプレッドの影響を受けやすいトレードスタイルは、IS6FXの口座タイプでプロ口座を選びましょう。

 

IS6FXのスプレッド まとめ

今回は「IS6FXのスプレッドまとめ!全銘柄の一覧と他社比較まで」のテーマでした。

IS6FXのスプレッドは、海外FX業者の中では中程度の狭さです。ただし、最大1000倍のレバレッジが利用できるスタンダード口座は、レバレッジの高さを踏まえると十分に狭いスプレッドと言えます。

また、プロ口座は低スプレッド特化の口座デビューにちょうど良く、最大400倍のレバレッジと1000ドル相当の初回入金をクリアできれば、取引手数料無料で低スプレッド環境が手に入るのが特徴です。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!