TradeViewのレバレッジルールまとめ【最大500倍だけじゃない】

上級者向けの海外FX業者TradeView(トレードビュー)では、最大500倍のレバレッジを提供しています。

しかし、TradeViewは複数の取引プラットフォームや、口座タイプなどにより、必ずしも全てのユーザーが最大500倍のレバレッジを利用できるとは限りません。

本記事では、海外FX業者の中でも違いの多いTradeViewのレバレッジルールについて解説します。

この記事で分かること

TradeViewの最大レバレッジは口座タイプで異なる

TradeView(トレードビュー)の最大レバレッジは、各口座タイプによって異なります。

TradeViewの口座タイプは、取引プラットフォームと約定方式によって細かく分けると全5種類あります。

<mark>各口座タイプで適用されるレバレッジは、100倍~500倍と幅があり、国内FX業者の法人口座と同じレバレッジ上限となる場合もあるため注意です。</mark>

TradeViewの口座タイプは全3種類!特徴とおすすめを分かりやすくご紹介

X Leverage口座のレバレッジ

X Leverage口座は、TradeViewで最も高い倍率のレバレッジが利用できるのが特徴の口座タイプです。

X Leverage口座には<span class=”txt_red”>最大500倍のレバレッジ</span>
が適用され、初心者には敷居の高いTradeViewでも、比較的少額資金から取引を始められます。

<mark>参考までに最大500倍のレバレッジでの、主要通貨ペアの取引の必要証拠金目安を一覧表にまとめました。</mark>

通貨ペア

0.5ロットの必要証拠金

1ロットの必要証拠金

10ロットの必要証拠金

USD/JPY

12,635JPY

25,270JPY

252,700JPY

EUR/USD

13,650JPY

27,300JPY

273,000JPY

GBP/USD

16,500JPY

33,000JPY

273,000JPY

USD/CHF

12,620JPY

25,240JPY

252,400JPY

AUD/USD

9,335JPY

18,670JPY

186,700JPY

ILC口座のレバレッジ

ILC口座は、TradeVIewの独自INNOVATIVE LIQUIDITY CONNECTOR技術を利用したECN方式の口座タイプです。

スプレッドが狭く、約定力に優れたILC口座では、<span class=”txt_red”>最大200倍のレバレッジ</span>が利用できます。

海外FX業者としては、非常に低いレバレッジ水準になるものの、業界最狭水準のスプレッドと格安の取引手数料がILC口座のメリットです。

口座残高によるレバレッジ制限で、他社でも最大200倍程度のレバレッジで取引を行っている方にILC口座は向いています。

<mark>参考までに、最大200倍レバレッジにおえる主要通貨ペアの取引に必要な証拠金目安を一覧表にまとめました。</mark>

通貨ペア

0.5ロットの必要証拠金

1ロットの必要証拠金

10ロットの必要証拠金

USD/JPY

31,585JPY

63,170JPY

631,700JPY

EUR/USD

6,827JPY

68,270JPY

682,700JPY

GBP/USD

41,245JPY

82,490JPY

824,900JPY

USD/CHF

31,560JPY

63,120JPY

824,900JPY

AUD/USD

23,345JPY

46,690JPY

466,900JPY

MT5口座のレバレッジ

MT5口座は、取引プラットフォームMetaTrader5を利用するための口座タイプです。MT5口座の基本的な仕様はILC口座と同じになります。

ただし、最大レバレッジに関してはILC口座より低く、<span class=”txt_red”>MT5口座の最大レバレッジは100倍</span>です。

ILC口座なら、同じスプレッドで最大200倍のレバレッジが利用できるため、MetaTrader5を利用したい場合以外はILC口座を利用するのがおすすめです。

<mark>参考までに、ILC口座の最大200倍レバレッジとMT5口座の最大100倍レバレッジで主要通貨ペアの必要証拠金比較表を作成しました。</mark>

通貨ペア

0.5ロットの必要証拠金

1ロットの必要証拠金

10ロットの必要証拠金

100倍レバレッジ

MT5口座

200倍レバレッジ

ILC口座

100倍レバレッジ

MT5口座

200倍レバレッジ

ILC口座

100倍レバレッジ

MT5口座

200倍レバレッジ

ILC口座

USD/JPY

63,180JPY

31,585JPY

126,360JPY

63,170JPY

1,263,600JPY

631,700JPY

EUR/USD

68,275JPY

6,827JPY

136,550JPY

68,270JPY

1,365,500JPY

682,700JPY

GBP/USD

82,515JPY

41,245JPY

165,030JPY

82,490JPY

1,650,300JPY

824,900JPY

USD/CHF

63,130JPY

31,560JPY

126,260JPY

63,120JPY

1,262,600JPY

824,900JPY

AUD/USD

46,700JPY

23,345JPY

93,400JPY

46,690JPY

934,000JPY

466,900JPY

cTrader口座のレバレッジ

cTrader口座は、NDD ECN方式専用取引専用プラットフォーム「cTrader(シートレーダー)」が利用できる専用の口座タイプです。

cTraderは、NDD ECN方式に力を入れるFX業者で対応していることが多く、MetaTraderにないポジションの一括決済といった機能がcTraderには実装されています。

ただし、<span class=”txt_red”>最大レバレッジは400倍</span>とX Leverage口座より、やや低いものの、比較的高いレバレッジと低スプレッドの両立が可能です。

<mark>参考までに、cTrader口座の最大400倍レバレッジと、X Leverage口座の最大500倍レバレッジで主要通貨ペアの必要証拠金の比較表をまとめした。</mark>

通貨ペア

0.5ロットの必要証拠金

1ロットの必要証拠金

10ロットの必要証拠金

400倍レバレッジ

cTrader口座

500倍レバレッジ

X Leverage口座

400倍レバレッジ

cTrader口座

500倍レバレッジ

X Leverage口座

400倍レバレッジ

cTrader口座

500倍レバレッジ

X Leverage口座

USD/JPY

15,795JPY

12,635JPY

31,590JPY

25,270JPY

315,900JPY

252,700JPY

EUR/USD

17,065JPY

13,650JPY

34,130JPY

27,300JPY

341,300JPY

273,000JPY

GBP/USD

20,630JPY

16,500JPY

41,260JPY

33,000JPY

412,600JPY

273,000JPY

USD/CHF

15,785JPY

12,620JPY

31,570JPY

25,240JPY

315,700JPY

252,400JPY

AUD/USD

11,675JPY

9,335JPY

23,350JPY

18,670JPY

233,500JPY

186,700JPY

Currenex口座のレバレッジ

Currenex口座は、機関投資家向けの取引プラットフォーム「Currenex(カリネックス)」が利用できる口座タイプです。

カリネックスは、機関投資家向けの取引プラットフォームということもあり、日本語による情報が少なく、利用頻度は少ないでしょう。

<mark>ただし、cTraderと同様に最大400倍のレバレッジが利用でき、スプレッドの狭さも維持できるのが特徴です。</mark>

TradeViewのレバレッジ制限について

TradeView(トレードビュー)では、<span class=”txt_red”>口座残高によるレバレッジ制限ルール</span>を採用しています。

ただし、公式では「10万ドル以上口座残高があるとレバレッジ制限を実施」とのみ記載されており、<mark>具体的なレバレッジ制限基準と制限された場合のレバレッジ倍率は公開されていません。</mark>

TradeViewは上級者向けのサービス提供を中心としているFX業者であるため、レバレッジ制限やその他取引条件に関してトレーダーのニーズに合わせて柔軟に対応しているようです。

実際にTradeViewではファンド向けの共同口座の提供や、一定金額の入金を行うと専任のマネージャーが付くなど、他社にないサービスがあります。

TradeViewのレバレッジ変更はサポートへ申請する

TradeView(トレードビュー)では、前述した通り各口座タイプで最大レバレッジが異なります。

しかし、各口座タイプで口座を開設する際に、各口座タイプの最大レバレッジが選択できません。

TradeViewでは、口座開設時の初期レバレッジが決まっており、最大レバレッジの引き上げ操作が必要です。

<mark>各口座タイプの初期レバレッジは以下の通りになります。</mark>

✓口座タイプ別の初期レバレッジと最大レバレッジ
【X Leverage口座】400倍 (最大500倍)
【ILC口座】100倍 (最大200倍)
【MT5口座】100倍 (最大100倍)
【cTrader口座】200倍 (最大400倍)
【Currenex口座】200倍 (最大400倍)

「X Leverage口座」「ILC口座」「cTrader口座」「Currenex口座」の4種類の口座タイプでは、口座開設時に選択できる最大レバレッジと、口座タイプで本来利用できる最大レバレッジに差があります。

<span class=”txt_red”>最大レバレッジの引き上げには、レバレッジ変更の手続きが必要です。</span>

TradeViewのレバレッジ変更方法

TradeViewのレバレッジ変更は、TradeViewの会員ページから「トレードビュー口座 レバレッジ変更申請」から手続きを行います。

氏名
TradeViewに登録したemail
口座番号
希望のレバレッジ倍率

レバレッジ変更申請では、上記の内容を記入してTradeViewのサポートへ連絡しましょう。

ただし、レバレッジ変更申請に当たり、レバレッジ変更を行う口座へ残高がなければ、レバレッジ変更は受理されません。

<mark>TradeViewでレバレッジ変更申請を行うのは、入金を終えてからにしましょう。</mark>

TradeViewのレバレッジ まとめ

今回は「TradeViewのレバレッジルールまとめ【最大500倍だけじゃない】」のテーマでお届けしました。

TradeViewは、口座タイプによってレバレッジの差が大きく、また初期レバレッジでは、最大のレバレッジ倍率が利用できないといった独自の仕様があります。

最大レバレッジを利用するための変更手続きは少し手間になるものの、最大400倍~500倍のレバレッジが利用できれば、他社にない低スプレッド・低コストの優れた環境でTradeViewを利用することができます。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!