トレンドの方向と強さを表示するAccelerator Oscillator(AC)の使い方

FXで勝つために、誰もが相場の行方を予想すると思います。
予想が当たった時は、自身の力と天狗になり、外れたときは運が悪かったと、運のせいにします。

しかし、FXトレードの開始前にチャート分析を行い、トレンドの方向性と勢いを掴み、その流れに乗れば自然と勝利は手に出来ます。

今回、トレンドの方向と勢い・強さを表示するAccelerator Oscillatorを使い、予想がたて易くする方法を解説いたします。

この記事で分かること

  • Accelerator Oscillatorの使い方
  • Accelerator Oscillatorと他の指標との比較
  • Accelerator Oscillatorの設定方法

Accelerator Oscillatorの解説

Accelerator OscillatorはMT4のビル・ウィリアムスグループ内に標準搭載されているオシレーター系のテクニカル指標です。
同じくBill Williams氏が開発した、Awesome Oscillatorを利用した計算式から成り立っています。
アクセラレータという名前からもお分かりいただけると思いますが、緑色は加速を表し赤色は減速を表します。

Accelerator OscillatorをMT4に表示させる方法

Accelerator OscillatorをMT4に表示させる方法

メニューバーの「挿入」⇒「インディケータ」⇒「ビル・ウイリアムス」⇒「Accelerator Oscillator」をクリックします。
その後、設定ウインドウが表示されます。
Accelerator Oscillator2

Accelerator Oscillatorの設定

パラメーターの変更は出来ません。
変更が可能なのは、
上昇:カラーの変更と線の太さ
下降:カラーの変更と線の太さ

「レベル表示」は0ラインを引いておいた方が見易いです。
Accelerator Oscillatorの設定

Accelerator Oscillatorの計算式

Accelerator Oscillator (AC)の描くヒストグラムは短期5日と中期34日単純移動平均との差です。

・MEDIAN PRICE = (HIGH + LOW) ÷ 2

・AO = SMA (MEDIAN PRICE, 5) – SMA (MEDIAN PRICE, 34)

・AC = AO – SMA (AO, 5)

<解説>

同じく短期5日と中期34日単純移動平均を使うAwesome Oscillator (AO)の計算式を利用します。

ACの値はAOからAOのSMA5日を引いた値です。

MEDIAN PRICE:中央値
HIGH:高値
LOW:安値
SMA:単純移動平均
AO:Awesome Oscillator
AC:Accelerator Oscillator

Accelerator Oscillatorの使い方

Accelerator Oscillatorの使い方
Accelerator Oscillator(以降ACと記載します)は、2色のヒストグラムで描画されます。

ACの値が0未満で推移していた位置から、0ラインを上抜いてきた場合は上昇トレンドと見ます。
ACの値が0より大きい位置で推移していたのが、0ラインを下抜いてきた場合は下降トレンドと見ます。

カラーは任意で変更可能ですが、ここではACの値が直前の値よりも大きければ緑色になり、小さければ赤色に変わる設定です。

上昇トレンドで、緑色から赤色に変わったら上昇の勢いが弱まり、弱気相場への転換の可能性が有りますので、ロングポジションはクローズをします。
下落トレンドで、赤色から緑色に変わったら下落の勢いが弱まり、強気相場への転換の可能性が有りますので、ショートポジションはクローズをします。

使い方のポイント

  • ヒストグラムの緑色が続き0ラインを上抜いたら「買い」
  • ヒストグラムの赤色が続き0ラインを下抜いたら「売り」
  • 0ラインより下で推移していて緑に変わり続いたら「買い」
  • 0ラインより上で推移していて赤に変わり続いたら「売り」
  • ヒストグラムの色が変わったらクローズ
  • 0ラインより上でACが緑色から赤色に変わったら買われ過ぎ
  • 0ラインより下でACが赤色から緑色に変わったら売られ過ぎ

ヒストグラムの変化が頻繁に行われますので、利益を大きく取る長期時間軸で使用するのよりも、1時間足以下の時間軸で使用し、エントリーとクローズを頻繁に細かく行った方が取得pipsを稼げると思います。

Accelerator Oscillatorの検証

Accelerator Oscillatorの検証
上記画像はUSD/JPY1時間足チャートのサブウインドウにACを表示したものです。
では、左が①から見て行きます。

①はACが0ラインを上抜きましたのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ①でクローズをします。50pipsの取得になります。

②は下げてきたACが0ラインで反発していますのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ②でクローズをします。35pipsの取得になります。

③はACが0ラインを下抜きましたのでショートエントリーをし、赤色から緑色に変わった③でクローズをします。70pipsの取得になります。

④はACが0ラインを上抜きましたのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ④でクローズをします。43pipsの取得になります。

⑤はACが0ラインを下抜きましたのでショートエントリーをし、赤色から緑色に変わった⑤でクローズをします。30pipsの取得になります。

⑥はACが0ラインを上抜きましたのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ⑥でクローズをします。35pipsの取得になります。

⑦はACが0ラインを上抜きましたのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ⑦でクローズをします。35pipsの取得になります。

⑧はACが0ラインを下抜きましたのでショートエントリーをし、赤色から緑色に変わった⑧でクローズをします。25pipsの取得になります。

⑨はACが0ラインを下抜きましたのでショートエントリーをし、赤色から緑色に変わった⑨でクローズをします。70pipsの取得になります。

⑩はACが0ラインを上抜きましたのでロングエントリーをし、緑色から赤色に変わったところ⑩でクローズをします。45pipsの取得になります。

⑪は高値が赤色に変わったところで途転ショートエントリーをし、赤色から緑色に変わった⑪でクローズをします。25pipsの取得になります。

ACの振幅が細かいので、取得するpips数は少なめですが、エントリーとクローズの頻度は多くなりますので、回数で稼ぐことが出来ます。

Accelerator OscillatorとAwesome Oscillatorの比較

Accelerator OscillatorとAwesome Oscillatorの比較
上記画像はUSD/JPY1時間足チャートにACとAOをサブウインドウに表示させています。
上段がACで、下段がAOです。
青色の縦線はロングエントリーポイントを表し、赤色の縦線はショートエントリーポイントを表します。

①でAC&AO共0ラインを上抜いていますのでロングエントリーポイントになります。

②でACは0ラインを下抜いています、AOは緑色から赤色に変わりましたので、ショートエントリーポイントになります。

③の位置でACは0ラインより下で赤色から緑色に変わり、AOにはまだサインは出ていません。

ロングエントリーポイントになります。

④でACは0ラインを下抜いています、AOは緑色から赤色に変わりましたので、ショートエントリーポイントになります。

⑤でAC&AO共0ラインを下抜いていますのでショートエントリーポイントになります。

⑥でACは0ラインを上抜いています、AOは赤色から緑色に変わり、ロングエントリーポイントになります。

⑦でAC&AO共0ラインを下抜いていますのでショートエントリーポイントになります。

⑧でAC&AO共0ラインを上抜いていますのでロングエントリーポイントになります。

ACのエントリーポイントに到達した際に、AOはまだ達していないケースが数か所あります。

Accelerator OscillatorとMACDの比較

Accelerator OscillatorとMACDの比較
上記画像は前回使用したチャートにAOの代わりにMACDを加えています。
上段がACで、下段がMACDです。
青色の縦線はロングエントリーポイントを表し、赤色の縦線はショートエントリーポイントを表します。

①でAC&MACD共0ラインを上抜いていますのでロングエントリーポイントになります。

②でACは0ラインを下抜いています、MACDはシグナルとのデッドクロスですので、ショートエントリーポイントになります。

③の位置でACは0ライン上抜いており、MACDはシグナルとのゴールデンクロスになり、ロングエントリーポイントになります。

④でACは0ラインを下抜いています、MACDはシグナルとのデッドクロスですので、ショートエントリーポイントになります。

⑤でACは0ラインを下抜いており、MACDは0ラインで反転していますので、ショートエントリーポイントになります。

⑥の位置でACは0ライン上抜いており、MACDはシグナルとのゴールデンクロスになり、ロングエントリーポイントになります。

⑦の位置でACは0ライン上抜いており、MACDのサインは⑦の位置がゴールデンクロスになり、可なりで早くに出ております。

⑧でACは0ラインを下抜いており、MACDはデッドクロスになり、ショートエントリーポイントになります。

Accelerator Oscillatorの使い方まとめ

Accelerator Oscillatorの使い方を解説し、検証を試みてきました。
基本的な使い方は、トレンドフォロー型の使い方になると思いますが、下がり切ったところ、上がり切ったところで逆張り指標として使いますと、取得するpips数は大きくなります。

ACは振幅が細かく相場に対する反応は早いですので、エントリーポイントのサインとして使い、クローズの判断には細かなノイズに影響を受けないMACDを併用して活用すると効果的だと思います。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!