GemForexはアービトラージが出来る?規約と実践ポイント

この記事で分かること

GemForexでは、他社では難しいアービトラージが出来ると有名です。

アービトラージは機関投資家も利用する、裁量取引より手堅い取引方法として取り上げられます。

GemForexが最大1000倍レバレッジにより、個人の資金力を底上げできますから、アービトラージ可能なら有用です。

今回は「GemForexでアービトラージ」をテーマに規約部分から実践ポイントまでまとめました。

アービトラージとは?

アービトラージ(Arbitrage)とは、日本語で「裁定取引(さいていとりひき)」と言います。金利差や、ごく短期的に発生する価格差を利益として狙った取引方法のが裁定取引です。

例えば、異なる2つの証券会社にて、カバー銀行の違いから価格差が稀に発生します。

市場の適正価格より、割安を買い、割高を売る、そして同じタイミングで決済すると少量ですが利益が発生するといったのがアービトラージの仕組みです。

GemForexでアービトラージは禁止?

アービトラージは前提として両建て取引を行います。

買いと売り、両方のポジションを持ち、決済した時の差益をアービトラージでは狙うからです。

一方で、基本的に一般向けのFX業者では、両建て取引を許可するも、細かい利用規約・禁止事項が定められています。

結論から言うと「アービトラージ自体はGemForexで可能、場合によっては禁止」です。

GemForexで可能なアービトラージとは?

GemForexで可能なアービトラージには2つの条件があります。

  • アービトラージはスワップポイントの「サヤ取り」限定
  • 両建ては同一口座内で行う

上記の条件を守れば、GemForexでアービトラージが問題なく可能です。

アービトラージはスワップポイントの「サヤ取り」限定

両建て取引時に、スワップポイントによる差額が利益として残るのが「サヤ取り」です。

アービトラージの中でも、GemForexはスワップポイントを狙った両建てについて規約に制限はありません。

何より、GemForexは公式ブログにてアービトラージについて触れており、他業者間のアービトラージは口座凍結、スワップを狙ったアービトラージに関しては容認している様な記述がされています。

GemForexで口座凍結されたら?原因別の解決策まとめ

両建ては同一口座内で行う

大前提ですが、スワップのサヤ取りでは、両建ての際、必ず同一口座内だけで行いましょう。

追加口座や他社口座をまたぐ両建ては利用規約上、禁止取引に該当するため、口座凍結や出金拒否の対象となります。

細かい利用規約については以下の記事でまとめました。

【初心者向け】GemForexの禁止事項を分かりやすく解説

なぜGemForexでアービトラージが注目されるのか?

GemForexではスワップのサヤ取りを狙ったアービトラージが可能と解説しました。

そもそも、何故GemForexのアービトラージが注目されているのでしょうか?理由はGemForexのスワップポイントが他社より優れているからです。

銘柄 ロング ショート
ASXAUD -0.92pips -0.11pips
AUDCAD 1.36pips -7.84pips
AUDCHF 2.16pips -10.34pips
AUDJPY 1.14pips -7.66pips
AUDNZD -8.09pips -0.19pips
AUDUSD 1.63pips -6.37pips
BRTGBP 0pips 0pips
CACEUR -0.38pips -0.51pips
CADJPY -0.8pips -5.1pips
CHFJPY -8.93pips -3.43pips
DAXEUR -0.87pips -1.17pips
DOWUSD -3.66pips -0.8pips
ESXEUR -0.24pips -0.32pips
EURAUD -14.92pips 5.08pips
EURCAD -7.73pips -0.8pips
EURCHF -2.97pips -8.27pips
EURGBP -3.64pips -0.44pips
EURJPY -1.5pips -1.2pips
EURNZD -20.8pips 12.3pips
EURUSD 0.247pips 0.253pips
EURZAR -465.48pips 107.51pips
FTXGBP -0.75pips -0.47pips
GBPAUD -17.38pips 3.22pips
GBPCAD -6.69pips -6.69pips
GBPCHF -1.29pips -13.09pips
GBPJPY 0.14pips -3.78pips
GBPNZD -27.3pips 12.7pips
GBPUSD -1.9pips -4.5pips
HSXHKD -3.77pips -0.89pips
JPXJPY -1.94pips -2.04pips
NASUSD -1.04pips -0.23pips
NZDJPY 1.9pips -7.4pips
NZDUSD 3.62pips -8.18pips
S&PUSD -0.4pips -0.09pips
USDCAD -5.2pips -3.2pips
USDCHF -1.28pips -7.58pips
USDCNH -6pips 0pips
USDHKD -6.89pips -1.05pips
USDJPY 0.213pips 0.287pips
USDMXN -196.74pips 33.29pips
USDSGD -13.07pips -6.97pips
USDTRY -145.9pips 30.8pips
USDZAR -6.72pips 1.14pips
WTIUSD 0pips 0pips
XAGUSD -4.68pips -0.23pips
XAUUSD -2.17pips -1.04pips
ZARJPY -2.3pips -2.3pips

※2021年3月時点のスワップポイント

取り扱い銘柄の種類は、GemForexは他社に劣るもののスワップポイントが優れています。

中央銀行による金利変動によりますが、多くのFX業者がスワップポイントをネガティブロール(マイナス)としている通貨ペアでも、受け取り側(ポジティブロール)が多いです。

例えば、本記事作成時点では「EUR/USD」と「USD/JPY」がロング・ショート両方ともポジティブロールです。

これらの通貨を両建てした場合、決済時にはスワップポイントが残る様になっています。

スワップのサヤ取りが可能な通貨ペアが、GemForexには存在しており、アービトラージで注目されているのです。

GemForexでスワップのサヤ取りで儲けるコツ

  • スワップポイントの定期チェック
  • 3日分ロールオーバーで効率を上げる
  • 有効レバレッジと相場に合わせたロット管理

アービトラージは、基本的に再現性が高く、手堅い収益を上げられるのがメリットです。

一方で、わずかな価格差を狙うので1回当たりの利益は低く、相場の状況も重要になります。スワップのサヤ取り目的でアービトラージを行う場合のポイントをまとめました。

スワップポイントの定期チェック

GemForexでアービトラージを行う場合は、スワップポイントのサヤ取りをする事になります。
大前提として、成功のカギを握るスワップポイントは欠かさずチェックすべきです。

GemForexの公式サイトから、スワップポイントの最新情報は確認できます。

比較的、高頻度でGemForexはスワップポイントの見直しを行うので、アービトラージ実施前に確認するのが必須です。

また、欲を言えば、政策金利の動向まで分かるとアービトラージで役立つでしょう。

3日分のロールオーバーで効率を上げる

1度のポジション持ち越しで、3倍のスワップポイントが得られる時が存在しています。
FX業者では、基本的に土日分のスワップを決まった曜日に3日分として付与するからです。

スワップポイントは毎日発生しますが、為替市場が土日休場なので、このような仕組みが採用されています。

ちなみに、GemForexのスワップ3倍は土曜日です。
(他社は水曜日が多いので注意)

シンプルに、他の曜日にサヤ取りをした時の3倍ですから、効率よくアービトラージで儲けられます。

有効レバレッジと相場に合わせたロット管理

アービトラージが手堅い取引方法だからと言って、有効レバレッジを過剰に上げる事は控えましょう。なぜなら、相場は変動するからです。

各通貨ペアの価格は基本的にコンマ秒の世界で動いています。

一方のポジションを決済した時、残りを決済するときにはポジション損失が発生する可能性もあるので十分に注意しましょう。

アービトラージで利益が出る仕組みは、両方のポジションを同一価格で決済できるのを前提としています。

過剰に高い有効レバレッジだと、決済が遅れた時に損失で、スワップポイントの差額が消えるかも知れません。

また、GemForexの取引プラットフォームでは複数ポジションの同時決済に対応しておらず、拡張機能を使っても疑似的に複数決済を行うので同時決済は不可能です。

適切なロット管理と有効レバレッジの設定を意識しましょう。

まとめ

今回は「GemForexはアービトラージが出来る?規約と実践ポイント」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • GemForexではスワップポイントのサヤ取りを狙ったアービトラージが可能
  • アービトラージをする際は、必ず同一口座内の両建てで行う
  • 「最新情報」「3日分スワップ」「レバレッジの管理」が重要

アービトラージは、やはり個人の資金力では1回当たりの利益が少ないのは事実です。

とは言え、利益の大きさに目がくらみハイレバレッジで負け癖のある人にはオススメできます。

適切なリスク管理と、安定した運用は重要ですから、トレードで伸び悩んでいる方はGemForexのアービトラージを活用してみてはいかがでしょうか。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!