GemForexのオールインワン口座は使うべき?特徴とメリット・デメリット

この記事で分かること

GemForexはノースプレッド口座とオールインワン口座の2種類の口座タイプがあります。

ノースプレッド口座は、低スプレッドな上級者向け。一方でオールインワン口座は初心者向けと言えるでしょう。

「オールインワン口座は使うべき?」
「オールインワン口座の特徴とは?」
「オールインワン口座のメリット・デメリットを知りたい」

今回は「GemForexのオールイワン口座」をテーマに上記の疑問を解決します。

【結論】GemForexのオールインワン口座はこんな人にオススメ

  • 様々な通貨ペア・銘柄をトレードしたい
  • デイ・スイングトレードが多い
  • スプレッドはそこまで気にしない

結論から申し上げますと、上記のどれか1つでも当てはまるなら、GemForexのオールインワン口座を使ってみると良いでしょう。

なぜなら、後述するオールインワン口座の特徴とメリット・デメリットと相性が良いからです。

具体的にどんな特徴やメリットがオールインワン口座にあるのか詳しく解説をお届けします。

【基本情報】オールインワン口座の特徴

 

口座タイプ オールインワン
取引方式 NDD方式
取引手数料 無料
レバレッジ 最大1000倍
マージンコール 証拠金維持率が50%を下回った場合
ロスカット水準 証拠金維持率が20%を下回った場合
ゼロカット 採用(追証の請求なし)
両建て 可能
自動売買 可能
取引プラットフォーム MetaTrade4/Web MetaTrade4
取引単位 1ロット当たり10万通貨
最小取引数量 0.01ロット(1000通貨)
最大取引数量 30ロット/30ポジション
最大同時注文数量 30ロット
取り扱い銘柄 通貨ペア:31種類
CFD取引:14種類
追加口座 最大5口座(オールインワン口座:4/ノースプレッド口座:1)
口座維持費 1500円
初回最低入金額 100円

GemForexのオールインワン口座の基本的な仕様は上記の通りです。ノースプレッド口座との大きな違いは初回最低入金額の低さになります。

ノースプレッド口座の初回最低入金額は30万円に対し、オールインワン口座は100円の入金から使い始められます。

オールインワン口座は最大1000倍レバレッジ

GemForexのオールインワン口座では最大1000倍のレバレッジが利用できます。

取引口座の残高に応じて制限はあるものの、少額資金でトレードをしたい方には最適です。

ちなみに、取引口座の残高が200万円までは最大1000倍、200万円を超えると最大500倍のレバレッジ制限がされます。

他社と同様に、通貨ペアに関しては高いレバレッジが利用でき、株価指数などのCFD取引ではレバレッジ設定が異なるので注意しましょう。

GemForexのレバレッジは最大1000倍。制限ルールやメリット・デメリットを解説

オールインワン口座は「為替以外のCFD取引」も豊富

オールインワン口座では31種類の通貨ペア以外に、株価指数などのCFD取引も同じ口座で利用できます。

オールインワン口座で取り扱うCFD銘柄は以下の通りです。

✓オールインワン口座の株価指数CFD

名称(表示名) 概要
日経225(JPXJPY) 「日経平均株価」で知られる東京証券取引所の株価指数
CAC40/FRA40(CACEUR) ユーロ・ネクスト・パリの上場の40銘柄から構成される株価指数
DAX/GER30(DAXEUR) 「ドイツ株価指数」で知られる優良ドイツ企業30銘柄から構成される株価指数
FTSE 100/UK100(FTXGBP) ロンドン証券取引所の時価総額100位銘柄で構成される株価指数
NASDAQ/US100(NASUSD) 「ナスダック総合指数」で知られる107社の非金融会社によって構成される株価指数
US30/DJ30(DOWUSD) 「ダウ・ジョーンズ工業平均株価」で知られる米国の最も注目度が高い株価指数
US500/S&P500(S&PUSD) スタンダード・プアーズ社が選出する、米国の重要な株価師指数
ASX200/AUS200(ASXAUD) オーストラリアの上場企業、時価総額200位以内で構成される株価指数
Euro50/EUSTX50(ESXEUR) ユーロ圏内、11カ国の株式市場から50銘柄を対象に構成される株価指数
HangSeng50/HK50(HSXHKD) 香港証券取引所の50銘柄を対象に構成される株価指数

✓オールインワン口座のエネルギーCFD

名称(表示名) 概要
BRENT(BRTGBP) イギリス北海、ブレント油田から採掘される軽質油
WTI Light Sweet/WTIUSD(WTIUSD) 複数の原油をブレンドしているエネルギーコモディティ

✓オールインワン口座の貴金属CFD

名称(表示名) 概要
GOLD(XAUUSD) 希少鉱物の「金(ゴールド)」
SILVER(XAGUSD) 希少鉱物の「銀(シルバー)」

オールインワン口座を使う、メリット・デメリット

メリット デメリット
45種類の取り扱い銘柄 スプレッドが広い
ボーナスが受け取れる 他社と比較して銘柄は少ない
自動売買に対応

GemForexのオールインワン口座には上記のメリット・デメリットがあります。

まとめると、初心者トレーダーに使いやすく、GemForexの特徴的なサービスを全て利用できるのがオールインワン口座です。

【オールインワン口座のメリット】45種類の取り扱い銘柄

オールインワン口座はGemForexの提供する口座タイプで最も取り扱い銘柄が多いです。

通貨ペア31種類に加えて、貴金属や株価指数の14種類を取り扱っています。ノースプレッド口座では、スプレッドが低い反面、株価指数の取り扱いがありません。

したがって、GemForexで幅広い市場を取引したいなら、オールインワン口座が良いでしょう。

【オールインワン口座のメリット】ボーナスが受け取れる

GemForexと言えば、海外FX業者の中でも豊富なボーナスが有名です。

未入金で受け取れる口座開設ボーナスや、トレード資金が増える入金ボーナスなどがあります。各種ボーナスの対象となるのはオールインワン口座です。

ノースプレッド口座は各種ボーナスの対象となるので、「ボーナスでお得に利用したい!」といった方はオールインワン口座を使いましょう。

【オールインワン口座のメリット】自動売買に対応

GemForexは元々自動売買の配信を専門に行っていました。

現在も、ユーザーがアップロードした自動売買を無料で利用できるサービス、他のトレーダーの取引を再現するミラートレードを提供しています。

ノースプレッド口座は裁量取引限定なので、自動売買やミラートレードを利用できません。

オールインワン口座なら、自動売買の利用はもちろん、GemForexの提供する自動売買配信やミラートレードを無料で利用できるメリットもあります。

【オールインワン口座のデメリット】スプレッドが広い

オールインワン口座のデメリットは「スプレッドの広さ」です。

ノースプレッド口座は実質コストを含めて、海外FX業者で最も狭いスプレッドを提供しており、オールインワン口座は他社と比較してもスプレッドの広さが目立ちます。

通貨ペア オールインワン口座 ノースプレッド口座 XM iFOREX FXGT
USDJPY 1.5pips 0.4pips 1.6pips 1.0pips 1.6pips
GBPJPY 2.4pips 0.5pips 2.3pips 1.2pips 2.0pips
EURJPY 1.6pips 0.6pips 3.2pips 3.0pips 4.0pips
AUDJPY 1.6pips 1.2pips 3.8pips 2.3pips 4.0pips
EURUSD 1.7pips 0.4pips 1.8pips 0.7pips 1.5pips
EURGBP 2.0pips 2.0pips 1.8pips 1.3pips 1.7pips
AUDUSD 1.5pips 0.7pips 1.9pips 0.8pips 2.0pips

実際に平均スプレッドを他社と比較してみましょう。
いずれも、取引手数料が無料の口座を対象の比較しています。)

他社と比べると、ノースプレッド口座が圧倒的に狭い分、広さが目立ちます。

もちろん、極端に広いといった事はないので、広いスプレッドを取引において多少は許容できる場合は問題ありません。

【オールインワン口座のデメリット】他社と比較して銘柄は少ない

オールインワン口座の取り扱い銘柄は、ノースプレッド口座と比べると多いです。

しかし、他社口座と比較すると、取り扱い銘柄は少ないのがデメリットになります。

FX業者名 GemForex XM iForex FXGT
取り扱い通貨ペア 33種類 57種類 61種類 48種類

例えば、通貨ペアのみで比較してもGemForexは他社のおおよそ半分程度の取り扱いです。

また、根本的に他社で取り扱う商品先物といったコモディティの取り扱いがありません。したがって、1つの口座で幅広く分散投資したいといった方には不便を感じさせます。

まとめ

今回は「GemForexのオールインワン口座は使うべき?特徴とメリット・デメリット」のテーマでした。

この記事をまとめると以下の通りです。

  • オールインワン口座は初心者・自動売買ユーザー向け
  • オールインワン口座のメリットはボーナスと無料サービスの多さ
  • オールインワン口座のデメリットは広いスプレッドと他社より銘柄数が少ない事

オールインワン口座は、やはり、初回の入金額が100円からと敷居が低いのが魅力です。

GemForexの実際するボーナスを活用すれば、初期資金0円で使い始められます。「初めての海外FX口座で、リスクを取らずに試してみたい」といった方はオールインワン口座を利用すると良いでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!