TitanFXのZuluTradeとは?具体的なメリット・デメリットを解説

TitanFX(タイタンFX)は、スプレッドの狭さや超短期売買に対応できる約定力が特徴です。

低スプレッド・高約定力を生かして自動売買を考えている方も多いと思います。

TitanFXで自動売買をするなら、ぜひとも利用したいサービスが「ZuluTrade(ズールトレード)」です。

今回は、TitanFXユーザーが利用できるZuluTradeについて分かりやすく解説します。

この記事で分かること

TitanFXのZuluTrade(ズールトレード)とは?

ZuluTrade(ズールトレード)とは、世界有数の自動売買サービスです。

海外FXで利用できる自動売買サービスと言えば、GEMFOREX(ゲムフォレックス)の提供する自動売買使い放題サービスですが、ZuluTradeは世界的に見る知名度が勝ります。

ZuluTradeは、世界192カ国に自動売買サービスを提供しており、2021年時点で50万ユーザーを超え、取引量は累計100兆円以上です。

自動売買だけでなく、コピートレードも提供しており、TitanFXユーザーは無料で全てを利用できます。

TitanFXでZuluTradeを使うメリット・デメリット

メリット

デメリット

ZuluTradeの利用料が無料

リスク管理の設定が初心者でも簡単

トレードスキルがなくてもプロにお任せ

低スプレッド・高約定力を生かせる

勝てるシステムプロバイダーを探すのが難しい

日本語の情報が少ない

TitanFX(タイタンFX)でZuluTradeを使うメリット・デメリットは上記の通りです。

ZuluTradeは、自動売買・コピートレードを配信するサービスですが、TitanFXから利用することでメリットが大きくなります。

一方で、自動売買・コピートレードの性質上、自身でシグナルを開発できない場合には、いくつかのデメリットがあるのも事実です。

ここでは、より詳しくTitanFXでZuluTradeを使うメリット・デメリットを解説します。

TitanFXでZuluTradeを使うメリット

✓TitanFXでZuluTradeを使うメリット
ZuluTradeの利用料が無料
リスク管理の設定が初心者でも簡単
トレードスキルがなくてもプロにお任せ
低スプレッド・高約定力を生かせる

TitanFXでZuluTradeを使うメリットは上記の4つが挙げられます。

TitanFXからZuluTrader利用することで、普通に利用するよりもお得に使うことができ、取引環境との相性も良いメリットが得られるでしょう。

ZuluTradeの利用料が無料

ZuluTradeは、公式で提携するFX業者の口座なら無料で使う事ができます。

通常は、月額費用・コピートレードの利用料などの支払いが必要です。

TitanFXは、ZuluTradeと提携しており、専用口座を開設→連携すると無料で使う事が出来ます。

リスク管理の設定が初心者でも簡単

自動売買・コピートレード配信サービスを使う時に、初心者が悩むのはリスク管理の設定です。

配信されている自動売買やコピートレードに対して、どのぐらいのロット数で取引をさせるか?資金はいくらで運用するのか細かい計算は難しいと思います。

ZuluTradeは、リスク管理を簡単な操作と、見やすいグラフ形式で確認できるので初心者に優しいです。

また、配信されている自動売買・コピートレードも、ランキング形式で見やすくなっています。

トレードスキルがなくてもプロにお任せ

ZuluTradeは、トレードスキルに自信が無くても問題ありません。安定して利益を挙げている自動売買や、コピートレードを見つけられれば後は運用を任せられます。もちろん、自己資金を運用してもらうサービスなので、負ければ損失が発生しますからリスク管理も重要です。とは言え、一度設定さえ終わればPCを付けていなくても、自動て取引が完結するのは忙しいけど、FXで稼ぎたい方に向いています。

低スプレッド・高約定力を生かせる

TitanFXは、ZuluTradeもとい自動売買との相性が良いFX業者とも言えます。

自動売買は、あらかじめ決まった売買ルールにしたがって、機械的に取引を繰り返す仕組みです。

なので、長期的なトレードより、短期的・高頻度なトレードが多くなります。

約定力の低いFX業者では、自動売買による発注スピードに対応できず、場合によってはスキャルピング・自動売買が禁止といったケースも多いです。

TitanFXなら高い約定力と狭いスプレッドにより、運用コストまで下げられるので非常にZuluTradeと相性は良いでしょう。

TitanFXでZuluTradeを使うデメリット

✓TitanFXでZuluTradeを使うメリット
勝てるシステムプロバイダーを探すのが難しい
日本語の情報が少ない

TitanFXでZuluTradeを使うデメリットは2つあります。

デメリットを十分に理解した上で、ZuluTradeを活用することで、より運用の効率を上げることが可能です。

勝てるシステムプロバイダーを探すのが難しい

勝てるシステムプロバイダーを見つけられれば、継続してTitanFXとZuluTradeを使って稼ぎ続けられると思います。

しかし、問題は勝てるシステムプロバイダー(自動売買・コピートレード配信者)を見つけるのが難しいことです。

ZuluTradeに限らず、自動売買・コピートレード配信サービスは、SNSの様にトレーダーをフォローして運用を任せます。

その仕組み上、勝てるトレーダーを見つけることが最も重要
です。

ZuluTradeでは、初心者でも見やすいランキング形式や、各種取引実績を公開しているのでデモ口座等を活用しつつ、自分でシステムプロバイダーをキチンと調べることが大切になります。

日本語の情報が少ない

自動売買・コピートレード配信サービスは、日本国内では提供されていません。

海外FXを利用する魅力の1つであるものの、日本語情報は海外FX業者自体と比べるとまだまだ少ないのが現状です。

ZuluTradeも日本語サイトが公開されましたが、細かい情報や一部の機能はまだ英語になっています。

翻訳ソフトなどを活用しつつ、最初は使い方に慣れる期間が必要なのはデメリットです。

TitanFXのZuluTrade まとめ

今回は「TitanFXのZuleTradeとは?具体的なメリット・デメリットを解説」のテーマでした。

TitanFXを利用する隠れた魅力でもあるZuluTradeは、自動売買やコピートレードの利用を考えている方には便利なサービスです。

とは言え、まだ日本語の情報も少なく、最初は慣れが必要になります。使用感にも慣れ、取引にも自信があれば自分でコピートレードを配信して稼ぐことも可能です。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!