TitanFX(タイタンFX)の出金ガイド!手数料から着金目安まで徹底解説。

FXは取引で利益を得るだけでなく、出金までがゴールです。

とは言え、TitanFX(タイタンFX)が初めての海外FX口座といった方の中には、出金方法が分からないといった悩みがあると思います。

海外FXの出金には、各社で共通あるいは独自の出金ルールがあり、出金ルールを知らないと「出金できない!」「全然お金が振り込まれない・・・」といったトラブルが起きやすいです。

本記事では、海外FX初心者向けにTitanFXの出金ガイドをまとめました。

キチンと読めば、手数料を押さえて着金までスムーズに終えられるでしょう。

この記事で分かること

TitanFXの出金方法は3タイプ

出金方法

出金手数料

出金処理までの時間

着金目安

利益分の出金

最低出金額

国内銀行送金

無料

3営業日以内

3営業日以内

10,000円相当額

クレジット/デビットカード

即時

最大1ヵ月

不可

なし

オンラインウォレット

即時

3営業日以内

100円相当額 (※1)

(※1) bitwalletの最低出金額100円相当額・STICPAYの最低出金額200円相当額

TitanFX(タイタンFX)の出金は、大きく分けて3タイプあります。

ただし、クレジット/デビットカードについては、入金に利用した分をキャンセル処理(返金処理)となるため、厳密には国内銀行送金とオンラインウォレットが出金方法です。

一覧表を見ると分かるように、各出金方法では最低出金額や、最終的に出金が銀行口座に着金するまでの時間も違います。

まずは、TitanFXの出金ルールから順番に覚えておきましょう。

TitanFXの出金ルールを事前に確認

✓TitanFXの出金ルール
出金先・決済方法はTitanFXのアカウントと一致
メールによる2段階の確認で出金リクエスト完了
ポジション保有中は金額に制限がある
クレジット/デビットカードはキャンセル処理

TitanFX(タイタンFX)の出金ルールは上記の4つです。

TitanFXの出金ルールは、国際的な金融ライセンスの認可を受けるFX業者としては標準的な内容になります。

最初は難しく感じるかもしれませんが、上記の4つを押さえておくだけで、出金トラブルに合う可能性はほとんどなくなるでしょう。

出金先・決済方法はTitanFXのアカウントと一致

出金先と、出金に使う決済方法はTitanFXのアカウントと名義が一致するものを使いましょう。

なぜなら、TitanFXの利用規約で「TitanFXのアカウントと同一名義の口座・決済アカウントを入出金方法として使う」と決まっているからです。

例えば、以下のパターンは出金の手続きでエラーが出たり、組み戻しとなります。

出金先の銀行口座が本人以外の名義
bitwalletのアドレスとTitanFXに登録済みのアドレスが違う
クレジット/デビットカードが入金時と出金先が異なる

基本的には、名義が違う場合だと入金の時点でエラーとなるので問題になることは少ないです。

とは言え、結婚などを理由に苗字が入金時と変わるケースもあるので、名前が変わった場合は事前にTitanFX日本語サポートに連絡をしましょう。

メールによる2段階の確認で出金リクエスト完了

TitanFXでは、セキュリティ向上の一環として出金時には2段階確認が実施されるようになりました。

クライアントキャビネット(会員ページ)で出金リクエストを行った後、確認メールを経て出金手続きが完了します。

メールは、TitanFXのアカウントに登録したメールアドレス宛てに届くので、迷惑メール等の設定は事前に確認しておきましょう。

メールによる承認おが済んでいないと、出金手続きは進められないので注意です。

ポジション保有中は金額に制限がある

TitanFXは、ポジションを保有している状態の取引口座からも出金ができます。

ただし、ポジション保有中の出金は、余剰証拠金の90%以内の金額までです。

余剰証拠金は、スマートフォンのアプリ版MT4/MT5は「トレード」の画面から、PC版のMT4・MT5では、ターミナル画面の有効証拠金の右隣に記載されています。

例えば、ポジション保有中の余剰証拠金が10万円の時、出金できる金額の上限は9万円です。

クレジット/デビットカードはキャンセル処理

クレジット/デビットカードの出金ができるのは、クレジット/デビットカードの入金がある場合のみです。

また、出金できるのはクレジット/デビットカードで入金した金額のみとなります。

カードによる出金ルールが少し複雑なのは、出金処理をカード利用のキャンセルとして処理するのが理由です。

TitanFXはVFSC(バヌアツ金融サービス委員会)のライセンスの元、不正な現金化を防止しなればいけない立場にあります。

もし、カード入金分を国内銀行送金やオンラインウォレットで出金できてしまうと、カードを使って不正に現金を得られてしまうのです。

なので、カード入金分は利用キャンセル(返金処理)となります。

TitanFXの出金方法別の仕様と注意点

ここまでTitanFX(タイタンFX)の出金ルールを解説しました。

先に、一覧表でも触れた通り、各出金方法で手数料や最低出金額が異なります。ここでは、各出金方法の詳しい仕様と細かい注意点を見てみましょう。

TitanFXの出金(1)国内銀行送金

出金方法

出金手数料

出金処理までの時間

着金目安

利益分の出金

最低出金額

国内銀行送金

無料

3営業日以内

3営業日以内

10,000円相当額

国内銀行送金はTitanFXの出金方法で最もシンプルな手段です。

他の出金方法と違い、最低出金額が10,000円相当額も高めなものの、TitanFXの会員ページから簡単だな手続きだけで出金を終えられます。

平日であれば、ほとんどの金額にはよるものの、出金申請から翌日には銀行口座へ着金するので早いです。

TitanFXの出金(2)クレジット/デビットカード

出金方法

出金手数料

出金処理までの時間

着金目安

利益分の出金

最低出金額

クレジット/デビットカード

無料

最大1ヵ月

最大1ヵ月

不可

なし

クレジット/デビットカードによる出金は、先に出金ルールでお伝えしたように入金にクレジット/デビットカードを使っていない場合は、出金方法として選択できません。

基本的には、TitanFXでクレジット/デビットカードの出金を行うと当日中にカード利用のキャンセル処理が行われます。

例えば、10万円のカード入金分を出金すると10万円のカード利用がキャンセルさせるといった形です。

TitanFXの出金処理は早いですが、実際にショッピング利用枠へのキャンセル処理や、翌月に返金などの対応は、お使いのカード会社によって異なります。

実際の着金目安、出金完了までの日数はカード会社の規約と対応になるため、TitanFXに問い合わせても変えられないのがデメリットです。

TitanFXの出金(3)オンラインウォレット

出金方法

出金手数料

出金処理までの時間

着金目安

利益分の出金

最低出金額

bitwallet(ビットウォレット)

無料

即時

3営業日以内

100円相当額

STICPAY(スティックペイ)

200円相当額

ウォレットを介して、最終的に銀行口座へ出金するオンラインウォレット。

実は、国内銀行送金の次にシンプルで、着金日数が早いメリットがあります。

特にbitwallet(ビットウォレット)の出金なら、国内銀行振込でウォレット残高から出金ができるのが便利です。

例えば、他の海外FX口座などを持っている場合は、bitwalletへ出金→まとめて国内銀行振込で出金すると格安コストで出金が終えられます。

また、一旦はbitwalletに出金することで他社口座への送金もそのままできるので便利です。

オンラインウォレットは、ウォレット残高からの出金が必要になる仕組み上、細かい手数料まで知っておきましょう。

bitwallet(ビットウォレット)

【bitwalletからの出金手数料】一律824円
【bitwalletからの着金目安】3営業日以内

TitanFXからのオンラインウォレット出金でbitwalletを使うメリットは「出金手数料の安さ」です。もちろん、TitanFXからの出金手数料は全て無料です。

しかし、オンラインウォレットの残高から銀行口座への出金には手数料が発生します。

bitwalletの出金手数料は、金額と問わず、一律824円の出金手数料なのでSTICPAYより割安です。

また、年間のbitwalletで使った送金額に応じて、出金手数料が最大50%オフになります。

ただし、銀行口座へ着金する日数が3営業日以内と、STICPAYより一日遅くなるのがデメリットです。

STICPAY(スティックペイ)

【STICPAYからの出金手数料】出金額1.5%+800円
【STICPAYからの着金目安】2営業日以内

STICPAY(スティックペイ)をTitanFXのオンラインウォレット出金で使うメリットは、bitwalletより最終的に銀行口座へ着金する時間が短くなることです。

ただし、STICPAYはbitwalletと比べて出金手数料が高くなります。

800円の基本手数料と出金額の1.5%なので、割引もあるbitwalletと比べると高いです。また、着金を急ぐ場合は国内銀行送金をTitanFXでは使えます。

TitanFXの出金手順

TitanFX(タイタンFX)の取引口座から出金する手順を解説します。

入金と同様にTitanFXは日本語をフルサポートしているため、海外FX初心者でも出金手順の流れを理解できれば簡単に出金を終えられます。

まずは、TitanFXの出金画面を開くために、クライアントキャビネット(会員ページ)へログインしましょう。

TitanFXの会員ページへ

titanfx-withdrawal-1

TitanFXに登録した「メールアドレス」と「ログインパスワード」を入力して、会員ページにログインしましょう。

titanfx-withdrawal-2

会員ページにログインしたら左側メニューから「出金」をクリックします。

titanfx-withdrawal-3

各項目を入力・選択して入金を完了しましょう。

出金方法に応じて必要項目は異なります。
出金方法別に必要な手順は以下の通りです。

【国内銀行送金】出金先の銀行口座情報
【クレジット/デビットカード】入金に使ったクレジット/デビットカードを選択
【オンラインウォレット】出金先のウォレットアドレス

上記の情報と出金元となる取引口座を選び、出金額を入力しましょう。

国内銀行送金は10,000円相当額以上で出金申請する必要があります。

全ての項目を入力したら「出金【出金額】JPY」をクリックしましょう。

titanfx-withdrawal-4

会員ページで出金手続きを終えると、TitanFXから登録アドレス宛てに出金確認のメールが届きます。

メールに記載されている「確定」をクリックして、出金の2段階認証を完了しましょう。

以上でTItanFXの出金手順は完了です。

TitanFXの出金 まとめ

今回は「TitanFX(タイタンFX)の出金ガイド!手数料から着金目安まで徹底解説。」のテーマでした。

TitanFXの出金手続きは海外FX業者の中でも、かなり早い部類になります。クレジット/デビットカードの処理時間を除き、ほとんどの出金はストレスなく出金が完了できるでしょう。

とは言え、出金ルールを知っておかないと出金トラブルが起きやすいです。海外FX初心者の方は特に、出金ルールの事前確認をしておきましょう。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!