海外FXのスキャルピングやり方とおすすめ業者

FXでトレード時間のスタイルは、トレーダーの好みにより、おおよそ下記の4項目に分かれます。
①長期トレード(数ヵ月~数年の期間)
②スイングトレード(数日~数週間)
③デイトレード(数時間、日は跨がない)
④スキャルピング(数秒~数分)
今回は、スキャルピングのメリット・デメリット、そして攻略のコツなどを記事にして行きます。

この記事で分かること

海外FX(FX)スキャルピングとは?

スキャルピングは、数秒から長くとも数分単位で売買が完了し、それを繰り返し行うトレードスタイルを言います。
獲得pipsは小さいですがロット数を多くし、繰り返しトレードをすることで収益を積み重ねていくFXの手法です。
FXには多くトレードスタイルがありますが、その中でも新規注文から決済注文までにかかる時間が非常に短い手法として知られています。

海外FXでスキャルピングをするメリットとデメリット

スキャルピングのメリット・デメリット

スキャルピングのメリット

相場はある一定の期間、同じ方向へ進行する性質があり、それを利用して思惑通りに進みますと最短で利益を手に入れる事が出来ます。
相場に保有ポジションを晒している時間が長ければ長いほど、リスクは高まりますが、スキャルピングはチャートに対峙している時だけポジションを保有しますので、急な値幅変動へのリスクは低くなります。
特に、相場の大変動は、月曜日の休場明け早朝に起こるケースが多いですが、スキャルピングはポジションを持ち越しませんので、暴騰暴落のリスクに巻き込まれる危険度は低いです。
スキャルピングはポジションの保有時間が非常に短いですので、仕事や家事などでトレードをしていない時に相場に気を取られる煩わしさが有りません、時間を有意義に使えます。
FXは平日24時間相場が動いていますので、仕事や家事の終了後、或いは、合間の空き時間にでもトレードをすることも出来ます。

スキャルピングのデメリット

FX業者の中にはスキャルピングや指標トレードを禁止している会社も有ります。
ポジションを常に保有していないと不安になる、いわゆるポジポジ病に罹ってしまうかもしれません。
超短期トレードの為、ギャンブル感覚に陥りやすく、負が続いた場合に平静を保つことが出来なくなり、ナンピンやロット数を増やしてトレードをした結果、コツコツ⇒ドカンになる危険性が有ります。
トレード中は集中力と判断力が重要なため、非常に精神が疲弊します。
1分足などの短期時間軸チャートに意識が集中的に向いているため、トレンドを無視してしまい思わぬ落とし穴に落ちてしまうかもしれません。

スキャルピングのトレード方法を解説

先ず、下記の事項に留意をして下さい。

  • 環境認識をして相場分析を行い、トレンドの方向性を掴んでおきましょう。
  • テクニカル分析は大事で、確かなロジックの基にトレードを開始しましょう。
  • スキャルピングに最適な時間を把握してトレードをしましょう
  • 東京市場+ロンドン市場+ニューヨーク市場が重なる21時~25時頃が最適です。

  • 取り扱う通貨ペアも重要です。
    値幅の変動率(HV)が低過ぎる通貨ペアでは、中々収益は上げられません。
    取引量が多いのはEUR/USD(ユーロ/米ドル)、USD/JPY(米ドル/円)、GBP/USD(ポンド/米ドル)、AUD/JPY(オーストラリアドル/円)、EUR/JPY(ユーロ/円)、GBP/JPY(ポンド/円)です。
    中でも、EUR/USDとUSD/JPYが多いですので、この辺りを取り扱われるのがベストです。GBP(ポンド)関連は非常にボラが高く、「殺人通貨」とFXの初期より言われておりますので注意してください。
  • スプレッドの狭さは勝敗に直結します。
    数pipsの利益が出たらクローズをし、トレードを繰り返しますので、狭い方が良いです。
    スプレッドはFX業者に裁量権があり、各社ごとに狭いスプレッド化を競い合っています。
    通貨別ではEUR/USD、USD/JPYが各社共通してスプレッドは狭いです。
  • 約定力/金融インフラの整備が整った業者でスキャルピングをしましょう。
    折角の売買チャンスを逃さないために、約定力が高い業者を選択しないとなりません。
    約定スピードが遅い業者は、スリッページが発生しやすく、オフクオートやリクオートとなり中々約定されないケースがあります。
    約定力はFXブローカーとリクイディティープロバイダー間の、金融インフラへの投資力大小によるバックボーとの接続力の差で決まります。

※スリッページはトレーダーが出した注文価格よりも、業者側に都合が良い価格で約定する現象です。
※リクオートはFX業者が提示したレートの約定を拒否し、レートを再提示してくることをいいます。
※オフクオートは取引量が少なく注文が通らず約定しない現象を言います。

海外FX(FX)スキャルピングの具体的なやり方

スキャルピングを始めるにあたり、準備段階から順番に書いて行きます。
■環境認識を把握(マルチタイムフレーム分析)
トレードする通貨ペアの選定:長期時間軸(週足)~短期時間軸(1分足)まめを確認します。
■リスクリワードレシオ:想定利益(期待値)に対する損失
スキャルピングを開始する前に決めておかなければなりません。
例)証拠金=30万円、リスクリワード=1:2、1回の負け許容枠=3%、トレード回数=10回

勝率 20% 30% 40% 50% 60%
許容損失 3% 3% 3% 3% 3%
リターン2 18,000円 18,000円 18,000円 18,000円 18,000円
リスク1 9,000円 9,000円 9,000円 9,000円 9,000円
利益金額 36,000円 54,000円 72,000円 90,000円 108,000円
損失金額 -72,000円 -63,000円 -54,000円 -45,000円 -36,000円
合計残高 264,000円 291,000円 318,000円 345,000円 372,000円

勝率を40%にキープ出来ますと、口座資金は増えていきます。

注文方法

注文方法

新規で成り行き注文を、出します。
チャート上を右クリックして、「板注文画面」を表示させます。
新規注文時に「T/P」(利益確定決済注文)と「S/L」(損切設定注文)を同時に出します。
左画像をご覧ください。
ロングエントリーをした場合に、「損切」は6pips下落時に発生し、「利確」は12pips上昇時に発生します。
中央は注文数を設定します。
Lot数は通常1Lotが10万通貨になります。
画面は0.1Lotが表示されていますので1万通貨の注文になります。

FXの注文と保有ポジション

注文が通りますと、保有ポジションの12pips上に赤い破線が引かれ、此処まで価格が上昇しますと利確決済されます。
注文ラインの6pips下に赤い破線が引かれ、此処まで価格が下落しますとロスカットされます。

おすすめのスキャルピング手法を紹介

ここまでは、スキャルピングを始めるまでの準備段階を書いてきましたが、ここからは勝てる手法を書いて行きますので検証をしてみて下さい。

ボリンジャーバンドとEMAの交差でエントリー

EUR/USDの1分足チャート(ボリンジャーバンドとEMAの交差)

上記、画像はEUR/USDの1分足チャートです。
ボリンジャーバンドの±1σのラインと移動平均線(EMA)5日線の交差位置でエントリーをします。
ボリンジャーバンド青色線は上から+1σ・ミッドバンド・-1σの順に並んだ線と、黄色のEMA5日線が交差した時に、上から下抜けばショートエントリーをします。桃色●位置がエントリーポイントです。
EMAがボリンジャーバンドを上抜けばロングエントリーをします。青色●位置がエントリーポイントです。
ローソク足が届いていてもEMAがボリンジャーバンドを抜けられない位置ではエントリーはしません。

MACDの売買サインに合わせてエントリー

EUR/USDの1分足チャート(MACDの売買サイン)

上記、画像はEUR/USDの1分足チャートです。
MACDとシグナル線(赤色線)を上から下に割った位置(デッドクロス)でショートエントリーをします。
MACDがシグナル線を下から上に割った位置(ゴールデンクロス)でロングエントリーをします。
MACDが0ラインで反発した位置で、反発した方へエントリーをします。
青色●位置がロングエントリーポイントです。
桃色●位置がショートエントリーポイントです。

海外FXでスキャルピングがおすすめな業者

海外FXのスキャルピングまとめ

今回、スキャルピングをする上での心構えを含めて、メリットとデメリットを記載して記事を書き進めてきました。
最後に、移動平均線とボリンジャーバンドを売買根拠にする方法と、MACDの売買サインに合わせる方法を書きました。
他にも短期取引に特化して、売買シグナルを出すインジケーターも多数ありますので、それらの検証をしてみるのも興味深いと思います。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!