海外FXおすすめ口座【2021年】絶大人気の10業者を比較

おすすめ海外FX口座

これから海外FX口座を開設したい方向けに、おすすめの10社を初心者~上級者までおすすめ海外FX業者を10社、ランキング形式でご紹介します。

具体的に以下の4つの基準と、実際に口座開設・取引をした実体験を含めて「おすすめの海外FX業者10社」を忖度なしでピックアップしました。

おすすめ海外FX業者の評価基準

【信頼性】金融ライセンスや運営年数などから評価
【スプレッド】他社と比べて狭いか?取引手数料を含めてコスパが良いか
【ボーナス】口座開設や入金ボーナスを実施しているか
【日本語対応】公式サイトの日本語表記やスタッフに日本人は在籍しているか

海外FX業者 信頼度 スプレッド ボーナス 日本語対応 公式HP
XM Trading(エックスエム)詳細
超おすすめ初心者OKバランス
◎ △ ◎ ◎
GEMFOREX(ゲムフォレックス)詳細
超おすすめ初心者OKバランス
○ ○ ◎ ◎
TitanFX(タイタンFX)詳細
超おすすめ短期OK
○ ◎ ✕ ◎
FXGT(エフエックスGT)詳細
おすすめ仮想通貨
○ △ ◎ ◎
BigBoss(ビッグボス)詳細
おすすめ上級者向け
○ ○ ◎ ◎
Hot Forex(ホットフォレックス)詳細
おすすめバランス
◎ ○ ◎ ○
iFOREX(アイフォレックス)詳細
おすすめ少額OK
◎ △ ◎ ○
FBS(エフビーエス)詳細
おすすめハイレバ
○ △ ○ △
TradeView(トレードビュー)詳細
おすすめ上級者向け
◎ ◎ ✕ △
IS6FX(アイエスシックスFX)詳細
おすすめ少額OK
△ ○ ○ ○

スプレッドやレバレッジを重視したい人は、以下の記事が参考になります。

【おすすめ海外FX口座1位】XM Trading (エックスエム)

バランス最強!初めての海外FXなら迷わず「XM」

12年以上の老舗海外FX業者。日本での人気もずば抜けて高く、3つのボーナス(口座開設、入金、取引ボーナス)が充実。スプレッドやレバレッジは他社より秀でているわけではないが、総合バランスが最強すぎる。
XM Trading(エックスエム)の評判・口コミ

XMの取引基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
888倍 マイクロ口座
スタンダード口座
ゼロ口座
入金ボーナス
口座開設ボーナス
取引ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
MetaTrader5
可能 可能
初回最低入金額 マイクロ口座 5ドル相当額
スタンダード口座 5ドル相当額
ゼロ口座 100ドル相当額
入金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet/STICPAY/BXONE
出金方法 海外銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet/STICPAY/BXONE

XMの特徴

メリット デメリット
グループ全体で5つの金融ライセンス認可
分別管理で顧客資金の安全を確保
安心のゼロカットで追証無し
最大888倍のレバレッジ
日本語に完全対応で初心者も安心
3種類のボーナスでお得
スプレッドが若干広い
90日間の放置で口座維持手数料が発生
サーバーの接続速度が弱い
口座開設ボーナスが3,000円のみ

XMの運営情報

運営
Tradexfin Limited
設立
2017年
金融ライセンス
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FCA(英国金融行為規制機構)
DIFC(ドバイ国際金融サービスセンター)
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)

【おすすめ海外FX:XM】運営年数12年の老舗ブローカー

XMは、日本で最も有名な海外FX業者と言って良いでしょう。

おそらく、他のメディアでも初めての海外FX業者にXMが取り上げられていたかと思います。XMの運営年数は12年を超えましたが、人気の衰えがありません。

安心してオススメできる理由は、各国の規制条件をクリアして、世界中でグローバル展開している信頼性が理由です。

  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
  • FCA(英国金融行為規制機構)
  • DIFC(ドバイ国際金融サービスセンター)
  • IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)

XMグループは、196カ国を対象にFX業者として展開しています。

地域による規制に合わせ、グループ全体で5つの金融ライセンスを取得しました。

XMグループの保有する金融ライセンスの中には、厳しい監査基準があるCySEC(キプロス証券取引委員会)および、同じく厳格な基準とFCA(英国金融行為規制機構)があります。FCAに関しては、日本の金融庁がお手本として参考にしている話は有名です。

【おすすめ海外FX:XM】口座開設・入金・取引の全てにボーナス

初心者から上級者問わず、お得に使えるボーナスがXMの大きな魅力です。

XMのボーナスは、口座開設に始まり、初回入金から日々のトレードまで全ての過程で特典が得られます。

例えば、口座開設ボーナスでは3000円相当のクレジットが入金不要で貰えるため、初めての海外FX口座を試すのに便利です。

もちろん、未入金で試せるといってもトレードで発生した利益も出金可能。また、取引ボーナスではキャッシュバックも実施しています。

取引ボーナスの還元率は、XMの利用期間に応じて還元率が上がるため、初心者でも上級者でも資金の大小を問わずに、ボーナスをフル活用できるのが嬉しいポイントです。

【おすすめ海外FX:XM】日本人スタッフが在籍でサポート充実

初めての海外FX口座で不安なのは、英語読めないといった言語の問題です。

とは言え、XMでは公式サイトの日本語表記はもちろん、サポート窓口には日本人スタッフを起用しています。

メールの問い合わせでは、日本人スタッフが対応しており、細かな疑問やトラブルについて気軽に相談しやすいです。

また、サポート窓口のレスポンスが早いのも安心できます。日中であれば、メールだけでなく、公式サイトからライブチャットでリアルタイムの返答も可能です。

ちなみに、日本語サポートと同様に海外FX業者で気になる入出金ですが、XMの出金は対応が早く、特にオンラインウォレットの入出金は即時に反映されます。

【おすすめ海外FX口座2位】GemForex (ゲムフォレックス)

日本語サポートNo.1!高スペック低コスト「GemForex」

完全日本語対応サポートデスクに加え、国産並にサービスが手厚く、無料EAやミラートレードが優秀。高水準の最大1000レバレッジや全口座タイプ取引手数料無料、豊富なボーナスも魅力。
GemForex (ゲムフォレックス)の評判・口コミ

GEMFOREXの取引基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
1000倍 オールインワン口座
ノースプレッド口座
入金ボーナス
口座開設ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4 条件有 可能
初回最低入金額 オールインワン口座 1ドル相当額
ノースプレッド口座 3000ドル相当額
入金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet/STICPAYなど
出金方法 国内銀行送金/bitwallet/仮想通貨

GEMFOREXの特徴

メリット デメリット
最大1000倍のレバレッジ・ゼロカット
無料の自動売買サービスが充実
期間限定ボーナスが規格外のコスパ
口座開設ボーナスが10,000円以上
運営陣のほとんどが日本人
取引手数料無料の低スプレッド口座を提供
レートエラーが多い
口座維持手数料がある
取り扱い銘柄が少ない
大口取引に不向き

GEMFOREXの運営情報

運営
GEM GROUP NZ LIMITED
設立
2010年
金融ライセンス
NZFSP(ニュージーランド証券投資委員会)

【おすすめ海外FX:GemForex】自動売買・ミラートレードの無料提供サービス

GEMFOREXは、FX業者としてサービスを開始する以前に自動売買専門業者として展開していました。

元自動売買専門業者としての経緯もあり、自社で自動売買やミラートレードを無料で提供するサービスを行っています。

有志作成の自動売買が、口座残高に応じて毎月無料で使い放題といったサービスです。ランキング形式で見やすく、利用者は優れた自動売買プログラムを使用でき、作成者は自身の自動売買を使って収益を上げられます。

また、自動売買と言えば、PCあるいは遠隔で24時間稼働できるレンタルサーバーが必須のイメージでしたが、GEMFOREXのミラートレードなら必要なのはスマホ一台です。

最大1000倍・ゼロカットで少額資金から使いやすい

GEMFOREXは、最大1000倍のレバレッジとゼロカットが全口座タイプに適用されます。

レバレッジの上限規制のない海外FX業者でも1000倍のレバレッジは多くありません。口座開設ボーナスや、入金ボーナスもありますから、GEMFOREXほど少額資金から使いやすいFX口座はかなり貴重です。

例えば、10万円の資金でも最大1000倍のレバレッジで1億円相当の取引に対応でき、GEMFOREXの自動売買やミラートレードも無料で利用できます。

ただし、最大30ロットまでの制限があるため、大口取引がGEMFOREXの苦手分野です。目安10ロット未満の取引サイズ、少額資金でレバレッジを効かせた取引に向いています。

ノースプレッド口座がコスパに優れる

自動売買とミラートレードが注目されやすいGEMFOREXですが、裁量取引に特化した口座タイプがあります。

GEMFOREXのノースプレッド口座では、自動売買ができないかわりに、業界トップ水準の低スプレッド環境です。

海外FX業者で、低スプレッドを実現する場合、基本的に取引手数料が必要になります。しかし、GEMFOREXのノースプレッド口座は、取引手数料が無料です。

スプレッドが狭く、取引手数料がないため実質の取引コストがかなり安くなります。自動売買は使わないけど、最大1000倍レバレッジと低スプレッドの組み合わせに興味があるなら、確実にノースプレッド口座は利用しておきたいです。

【おすすめ海外FX口座3位】TitanFX (タイタンFX)

短期トレードに最適!低スプレッド・高約定力の「TitanFX」

中上級者向けのブロード口座(ECN方式)が優秀!平均スプレッドが他社に比べ圧倒的に狭く、取引手数料はかかるが安いので、低コストで取引可能。
取引銘柄が多く、ほぼ全市場が利用できる。サーバーも遅延が少なく安定している。ただ、ボーナスはない。
TitanFX (タイタンFX)の評判・口コミ

TitanFXの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
500倍 スタンダード口座
ブレード口座
無し
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
MetaTrader5
可能 可能
初回最低入金額 200ドル相当額
入金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet/STICPAY
出金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet/STICPAY

TitanFXの特徴

メリット デメリット
最大500倍のレバレッジ・ゼロカット
取り扱い銘柄が豊富
スプレッドが狭い
サーバーの安定性が高い
日本語に完全対応
ZuleTradeと提携、自動売買が快適
ボーナスがない
最大500倍レバレッジはやや低め
運営年数が短い新興ブローカー

TitanFXの運営情報

運営
Titan FX Limited
設立
2014年
金融ライセンス
VFSC(バヌアツ金融サービス委員会)

【おすすめ海外FX:TitanFX】低スプレッド・高約定力に優れる海外FX業者

TitanFXと言えば、低スプレッドと高約定力が特徴です。

TitanFXの口座タイプは、スタンダード口座とブレード口座の2種類ですが、ECN方式を採用するブレード口座が特に優れています。

ECN方式を採用すると、取引手数料が発生するため少し初心者の方には抵抗があるかも知れません。とは言え、TitanFXのブレード口座はECN口座としての取引手数料が安く、実際の平均スプレッドがかなり狭いのが特徴です。

通貨ペア ブレード口座 スタンダード口座
USDJPY 0.3pips 1.3pips
AUDJPY 0.8pips 2.2pips
EURUSD 0.2pips 1.2pips
EURGBP 0.4pips 1.5pips

例えば、メジャー通貨ペアの平均スプレッドは上記の通りです。ブレード口座の取引手数料は、1ロット当たり片道3.5ドルですから、スプレッドに換算すると0.35pips程度になります。

スタンダード口座とブレード口座のスプレッドでは、半分以上の差があるので「実は、取引手数料を支払った方がコストが圧倒的に安い」です。

TitanFXのECN口座は、JPモルガンやUBSといった大手金融機関と提携しており、スプレッドが安定しています。筆者自身も愛用しており、オススメは貴金属のゴールドが随一の低スプレッドです。

【おすすめ海外FX:TitanFX】全ての市場が取引できる取り扱い銘柄

TitanFXは、リリース当初は取り扱い銘柄の少なさがデメリットでした。しかし、米国株式の取り扱いや、2021年には仮想通貨CFDの取引に対応しています。

デメリットから一転し、海外FX業者でも取り扱い銘柄が多い部類へと大幅に改善されました。

  • 通貨ペア 60種類
  • 貴金属 11種類
  • エネルギー 2種類
  • 株価指数 21種類
  • 米国株式 65種類
  • 仮想通貨 18種類

上記177種類の取り扱い銘柄にまで増え、ほとんどの市場がTitanFXでは取引できます。

仮想通貨CFDに関しては、海外FX業者でも現時点で取引できるケースが珍しく、ブレード口座を使うことで、他社より狭いスプレッドと高い約定環境で取引可能です。

【おすすめ海外FX:TitanFX】取引環境が他社より圧倒的に良い(スプレッド安定性・サーバー遅延遅延なし)

TitanFXは、残念ながらボーナスを実施しない海外FX業者です。

とは言え、ボーナスがない分、FX業者として求められる環境へ力を入れているのが分かります。
他社と比べて、TitanFXの運営年数は浅く、新興ブローカーですが老舗ブローカーよりFX業者として優れています。

例えば、ECN方式の取引口座には、狭いスプレッドの安定性とサーバーのインフラは、TitanFXほど優れているのは珍しいです。

TitanFXでは「ZERO POINTテクノロジー」と言われるインフラ整備を行っています。TitanFXは、GoogleやAmazonも利用するEqunix社のデータセンターを利用しており、世界3か所に取引サーバーを設置。

海外FX業者の多くは、取引の多い深夜帯だとサーバーとの接続速度が遅い問題がありますが、TitanFXは時間帯を問わず、接続遅延がありません。

【おすすめ海外FX口座4位】FXGT(エフエックスGT)

ハイレバレッジの仮想通貨+入金ボーナスの「FXGT」

仮想通貨も最大500レバレッジで、他社ないハイレバレッジ取引が魅力。2012年の国内レバレッジ規制によりFXGTへの乗り換えも多い。
常時入金ボーナスや口座開設ボーナスもあり、コスト面でも嬉しい。
FXGT(エフエックスGT)の評判・口コミ

FXGTの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
500倍 設定なし 口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader5 可能 可能
初回最低入金額 10ドル相当額
入金方法 仮想通貨/bitwallet/STICPAY/海外銀行送金
出金方法 仮想通貨/bitwallet/STICPAY/海外銀行送金

FXGTの特徴

メリット デメリット
最大500倍ののダイナミックレバレッジ
ゼロカットで追証がない
常時入金ボーナスを実施している
日本語に完全対応
仮想通貨の入出金に対応
スプレッドがやや広い
最大500倍レバレッジはやや低め
口座開設ボーナスが3,000円のみ

FXGTの運営情報

運営
360 Degrees Markets Ltd
設立
2019年
金融ライセンス
FSA(セーシェル金融庁)

【おすすめ海外FX:FXGT】仮想通貨CFDが得意な新興ブローカー

FXGTは、2019年にオープンしたばかりの海外FX業者です。最大500倍レバレッジと低めのレバレッジながら、話題を集めています。

海外FX業者ながら、仮想通貨のハイレバレッジ取引に力をいれており、他社にない要素が話題になる理由です。

例えば、ビットコインなら最大500倍レバレッジで取引できます。

2021年からは、国内のレバレッジ規制も2倍に下がりました。少額資金で仮想通貨の取引をするのが難しくなり、FXGTへ乗り換える人も多いです。

もちろん、仮想通貨以外にもFX業者として、為替の取引や株価指数など幅広い銘柄を1つの口座で網羅しています。1つの通貨ペアというより、複数の銘柄で取引をしたい方にFXGTは相性が良いでしょう。

常時入金ボーナスなどキャンペーンが豊富

FXGTは、常時入金ボーナスを実施しています。期間限定ではなく、入金額の20%相当がクレジットで追加付与されるのが常時入金ボーナスです。

また、常時入金ボーナスに加えて、口座開設ボーナスや高還元の入金ボーナスも積極的に開催しています。

例えば、ビットコインの暴落時には、損失を出したユーザー向けに期間限定の入金ボーナスを実施中です。期間限定ボーナスでは、入金額に対し100%以上の割合をクレジットで付与するケースが多く、新規・既存のユーザー問わず対象になります。

【おすすめ海外FX:FXGT】法定通貨・仮想通貨の入出金が快適

新興ブローカーで不便なのは、大手ほど入出金方法が多くない点が挙げられます。

しかし、FXGTは海外FXで定番の入出金方法に対応を始めました。オンライン決済のbitwalletやクレジットカード、仮想通貨による直接入金にも対応しているのが便利です。

ちなみに、海外fx業者で仮想通貨入出金を受け付けている他社より種類が多く、ビットコイン以外にXRP・ETH・USDTが使えます。

【おすすめ海外FX口座5位】BigBoss (ビッグボス)

複数銘柄のスキャルピングと相性が良い「BigBoss」

コスパの良い取り引きボーナスと、期間限定の高還元入金ボーナスが熱い。取り扱い銘柄が多く、ロスカット水準も低い。
国内FXと同様に、通常の銀行振込で証拠金を入金可能なので、はじめての海外FX口座で入出金が不安な方にもおすすめ。
BigBoss (ビッグボス)の評判・口コミ

BigBossの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
999倍 スタンダード口座
プロスプレッド口座
FOCREX口座
口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
FOCREX
可能 可能
初回最低入金額 無し
入金方法 国内銀行送金/bitwallet/BXONE
出金方法 国内銀行送金/bitwallet/BXONE

BigBossの特徴

メリット デメリット
最大999倍のレバレッジ・ゼロカット
国内銀行送金に対応
ボーナスが豊富
日本語の完全なサポート体制
取り扱い銘柄が豊富・仮想通貨現物に対応
ロスカット水準が20%と低い
プロスプレッド口座の手数料が高い
追証無しに条件がある
運営年数が短い新興ブローカー

BigBossの運営情報

運営
Prime Point LLC
設立
2013年
金融ライセンス
無し

【おすすめ海外FX:BigBoss】期間限定キャンペーンや取引ボーナスが豪華

BigBossは、期間限定ボーナスや取引ボーナスの豪華さが特徴です。

不定期で開催される入金ボーナスでは、100%相当の高還元入金ボーナスや、ボーナスの獲得上限が60万円を超えるケースなどボーナス内容も様々。

口座開設にも時期によっては特典がありますが、BigBossは取引ボーナスが最もコスパに優れています。取引ボーナスでは、1ロット当たり4ドルのキャッシュバックが毎回発生し、獲得上限がありません。

取り扱い銘柄の豊富さや、ロスカット水準の低さから、比較的高めのレバレッジで複数銘柄のスキャルピングと相性が良いでしょう。

【おすすめ海外FX:BigBoss】国内銀行送金で簡単に入金できる

BigBossは、国内銀行送金の入金に対応しています。つまり、国内のFX業者と同じ様に、通常の銀行振込で証拠金を入金可能です。

さらに、BigBossでは、出金も国内銀行送金が使えます。海外FX業者では、国内銀行送金に対応していても、出金は海外銀行送金のみといったケースが少なくありません。

海外銀行送金では、中継銀行を使うため送金手数料が高いデメリットがあります。せっかく稼いだ利益から、高い手数料を引かれるのは誰もが嫌です。

BigBossの取引環境自体は、海外FX業者の中でも標準的ですから、海外FX口座への入出金に不安を抱えている方には、最初の海外FX口座としておすすめです。

【おすすめ海外FX口座6位】HotForex (ホットフォレックス)

バランス良し!信頼度の高い金融ライセンスの「HotForex」

250万以上の口座数を持つ世界的に人気の海外FX業者。厳格な監査基準の金融ライセンスを持つため、信頼度も非常に高い。
スプレッドやレバレッジ(最大1000倍)のバランスも良く、ボーナスも十分。ただ、日本円口座がなく、米ドル口座の利用が必須。
HotForex (ホットフォレックス)の評判・口コミ

HotForexの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
1000倍 マイクロ口座
プレミアム口座
ゼロスプレッド口座
入金ボーナス
取引ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
MetaTrader5
可能 可能

HotForexの特徴

初回最低入金額 マイクロ口座 5ドル相当額 
プレミアム口座 100ドル相当額
ゼロスプレッド口座 200ドル相当額
入金方法 クレジット・デビットカード/bitwallet/Bitpay/仮想通貨
出金方法 クレジット・デビットカード/bitwallet/Bitpay/仮想通貨
メリット デメリット
グループ全体で6つの金融ライセンスを取得
取り扱い銘柄が1000種類超え
全5種類の口座タイプから選べる
日本語の完全なサポート体制
海外ユーザーからの評価も高い
各種ボーナスが充実している
口座タイプによって取引ルールが異なる
日本円口座がない
最大ロットが低め

HotForexの運営情報

運営
HF Markets Ltd.
設立
2010年
金融ライセンス
FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
SVGFSA(セントビンセント・グラナディーン金融庁)
FSC(モーリシャス証券取引委員会)

【おすすめ海外FX:HotForex】250万口座突破の世界的な海外FX業者

HotForexは、世界的に有名な海外FX業者の1つです。

口座開設数は250万口座を超えており、各国の規制に合わせて子会社をいくつか設けています。もちろん、グローバル展開するに当たり、複数の金融ライセンスから第三者機関による信頼性も高いです。

  • FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • SVGFSA(セントビンセント・グラナディーン金融庁)
  • FSC(モーリシャス証券取引委員会)

日本から利用できるHotForexは、SVGFSA(セントビンセント・グラナディーン金融庁)とマイナーライセンスですが、グループ内でCySEC(キプロス証券取引委員会)の金融ライセンスを取得しています。

CySECは、厳格な監査基準があることから高い信頼性を持つ金融ライセンスです。ちなみに、CySECの金融ライセンス認可だと日本から利用できないといった事情があります。

したがって、グループ内でCySECを保有しているFX業者は、同じ安全基準を満たしているため信頼性が高いと言えます。

【おすすめ海外FX:HotForex】スプレッド・レバレッジなどの全体的なバランスが良い

スプレッドやレバレッジ、ボーナスなど全体的なバランスが優れているのがHotForexが選ばれる理由です。

例えば、レバレッジが高いFX業者だとスプレッドが広い、あるいはボーナスが豊富な反面、スワップポイントのマイナスが大きいといった問題があります。

HotForexは、100%入金ボーナスやキャッシュバックを提供していながら、スプレッドやレバレッジといった取引環境も優秀です。250万口座を超える大手だからこそ、ボーナスに資金を投じても、他の予算を下げる必要がありません。

HotForexの企業としての規模感は、レーシングチームのスポンサーをしている点や、優れたFX業者として世界的なアワードを受賞している点から垣間見ることができます。

【おすすめ海外FX:HotForex】日本円口座がない

HotForexは、250万口座超のユーザー数で有名なFX業者なのに、日本ではXMより知名度が劣ります。

なぜなら、日本円口座がHotForexには導入されていないからです。口座の証拠金に日本円が使えないため、米ドル口座を利用する必要があります。

入金時には、日本円で入金が出来ますが、実際の取引口座には入金時点の為替レートを元に米ドルへ変えられる仕組みです。

お使いの入金方法、出金方法によっては為替手数料が高くなるため、他の海外FX業者より割高コストになってしまいます。他にも、例えば入出金時で円高になれば、入金時の為替レートよっては、損をする可能性もゼロではありません。

外貨建てのFX口座に慣れていれば良いですが、初心者には少し敷居が高いので6番目のおすすめとなりました。

【おすすめ海外FX口座7位】iFOREX (アイフォレックス)

老舗で高い信頼度!長期分散投資向け「iFOREX」

25年以上の実績と、他社を圧倒する600種類以上の取り扱い銘柄
ブラウザ型の独自取引ツールFXnetは国内FXからの移行も違和感がないと好評。ただ、最大レバレッジ400倍やスプレッドの広さが他社より劣る。
iFOREX (アイフォレックス)の評判・口コミ

iFOREXの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
400倍 設定なし 入金ボーナス
年利3%の利息ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
独自ツール 禁止 不可
初回最低入金額 100ドル相当額
入金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet
出金方法 海外銀行送金/クレジット・デビットカード/bitwallet

iFOREXの特徴

メリット デメリット
運営年数が長い
最大400倍レバレッジ&ゼロカット
取り扱い銘柄が豊富
学習コンテンツが豊富
日本語の完全なサポート体制
利息ボーナスがある
出金手続きが面倒
スプレッドが広い
独自ツール採用で自動売買不可
最大400倍とレバレッジが低い
口座開設時に電話確認がある
DD方式を採用している

iFOREXの運営情報

運営
Formula Investment House Ltd.
設立
1996年
金融ライセンス
MNB南(ハンガリー銀行為替管理制度)
BVIFSC(英国領バージン諸島記入サービス委員会)

【おすすめ海外FX:iFOREX】1996年創業の老舗ブローカーとしての実績

iFOREXは、日本から利用できる海外FX業者として最古参クラスの老舗ブローカーです。

1996年からFX業者として運営されており、多くのトレーダーに利用されています。

もちろん、現在は多くの海外FX業者があるため、最大400倍のレバレッジの低さやスプレッドの広さが他社に劣る面が多いです。とは言え、規制や警告など海外FX業者への風当りが強い日本からも未だに利用できるのは信頼性の高さが大きな要因でしょう。

また、未だに国内外問わず、他社を圧倒する取り扱い銘柄のバラエティはiFOREXの魅力です。例えば、通貨ペアの種類は90種類以上、全ての取り扱い銘柄では600種類を超えます。

株式をはじめ、ETFまで取引できる海外FX業者は珍しく、iFOREXは割と高頻度で新しい銘柄追加しており、取り扱い商品の多さが強みです。

【おすすめ海外FX:iFOREX】独自の取引ツール「FXnet」を採用

国内FX業者から移行して、最も違和感なく取引しやすいのもiFOREXの特徴です。

海外FX業者としては珍しく、iFOREXは独自のプラットフォーム「FXnet」を使って取引から入出金まで全てを行います。

FXnetは、いわゆるブラウザ型の取引ツールであり、インストール不要です。

国内FX業者も、ブラウザ型の取引ツールが主流、iFOREXは海外FX業者として珍しく、国内FXと同じDD方式を採用しています。

DD方式では、ディーラーが顧客注文を合わせ、市場へ流すかを判断するため、スプレッドが狭くなりやすいです。しかし、iFOREXのスプレッドは前述した通り、他社より若干広いのがデメリットになります。

【おすすめ海外FX:iFOREX】幅広い銘柄で長期投資に向いている

iFOREXは、幅広い銘柄に長期的な分散投資といった取引におすすめの海外FX業者と言えるでしょう。

iFOREXのデメリットは、最大レバレッジが400倍と海外FX業者の中では低いこと。そして、スプレッドが他社より広い点です。

一方で、取り扱い銘柄は他社を圧倒しており、為替・株価指数・商品・ETFに仮想通貨と全ての金融市場を網羅しているのがメリットです。

まとめると、低レバレッジで幅広い銘柄に分散投資していく使い方が最も相性が良くなります。細かい部分までみると、iFOREXは1ロット単位ではなく、1通貨単位で発注できますから、かなり少額でも積み立て式に発注しやすいのも良い点です。

【おすすめ海外FX口座8位】FBS (エフビーエス)

最大3000レバレッジ!信頼度も高い「FBS」

1000万口座を超える人気の海外FX業者。信頼度の高い金融ライセンスCySECを始め5つを取得済。また、規格外のレバレッジ3000倍は超ハイレバレッジながらリスクを抑えた仕様で、少額資金の方に最適。
ただ、ボーナスは制限や規約が多いのがデメリット。
FBS (エフビーエス)の評判・口コミ

FBSの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
3000倍 セント口座
マイクロ口座
スタンダード口座
ECN口座
ゼロスプレッド口座
口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
MetaTrader5
FBS Trader
可能 可能
初回最低入金額 セント口座 1ドル相当額
マイクロ口座 5ドル相当額
スタンダード口座 100ドル相当額
ECN口座 10ドル相当額
ゼロスプレッド口座 3ドル相当額
入金方法 bitwallet/クレジット・デビットカード/STICPAY/PerfctMoney/Bonsai
出金方法 bitwallet/クレジット・デビットカード/STICPAY/PerfctMoney/Bonsai

FBSの特徴

メリット デメリット
1000万口座を超えるグローバルFX業者
最大3000倍レバレッジ・ゼロカット
5種類の口座タイプで自由度が高い
取り扱い銘柄が豊富
賞金ありのデモコンテストがある
取引ボーナスの特典が多数
スプレッドが広い
日本語サポートが不十分
取引ボーナス以外は条件が厳しい

FBSの運営情報

運営
Mitsui Markets Ltd.
設立
2009年
金融ライセンス
IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
CySEC(キプロス証券取引委員会)
ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
VFSC(バヌアツ金融ライセンス)

【おすすめ海外FX:FBS】1000万口座を超える世界的なブローカー

FBSのシェアは、海外FX業者の中でも非常に大きいです。

2021年時点ではグループ全体で1000万口座を突破しており、150カ国に向けてFX業者を展開しています。もちろん、各国の規制に合わせて、複数の金融ライセンスも取得済みです。

  • IFSC(ベリーズ国際金融サービス委員会)
  • CySEC(キプロス証券取引委員会)
  • ASIC(オーストラリア証券投資委員会)
  • FSB(南アフリカ金融サービス委員会)
  • VFSC(バヌアツ金融ライセンス)

FBSは、グループ全体で上記5つの金融ライセンスを取得しています。最も評価できるのはCySEC(キプロス証券取引委員会)の厳格な基準を満たしている点です。

ASIC(オーストラリア証券投資委員会)も、オーストラリアでの運営ができる比較的に取得が難しい金融ライセンスと言われています。ただし、CySECとASICについては過去に金融庁からの要請で管轄のFX業者は日本から利用できなくなりました。

したがって、日本から利用できるFBSは、Mitsui Markets Ltd.によって運営され、VFSC(バヌアツ金融ライセンス)の元に運営されています。

【おすすめ海外FX:FBS】少額資金に最適な3000倍レバレッジ

FBSの代名詞とも言えるのが「最大3000倍のレバレッジ」です。

もちろん、規格外のハイレバレッジですから、他社と同じように口座残高によるレバレッジ制限があります。

とは言え、口座残高2万円までが最大3000倍レバレッジと、口座残高がゼロになっても2万円、ゼロカット採用なのでハイレバレッジでも割とリスクを抑えられる仕様です。ちなみに、口座開設ボーナスは、専用口座でボーナス1万円、出金上限1万円、最大レバレッジ100倍と悪条件になります。

実は、同じ1万円の元手で取引するなら、スタンダード口座に最初から入金した方が最大3000倍レバレッジで使いやすいのが豆知識です。

【おすすめ海外FX:FBS】賞金ありのデモコンテスト

ボーナスキャンペーンが豊富なものの、FBSのボーナスはレバレッジ制限や規約が多いのがデメリットです。

レバレッジ制限の発生しない、取引ボーナス(ロイヤルティプログラム)と、デモコンテストを活用するのがオススメの使い方になります。

  • FBSの取引ボーナス・・・取引で貯まるポイントでキャッシュバックや景品が貰える
  • FBSのデモコンテスト・・・デモ口座によるコンテストが2週間単位で開催

取引ボーナスは、ロイヤルティプログラムに参加することで取引毎にポイントがたまっていきます。FBSの取引ボーナスは、ポイントと現金を交換したり、ポイント総額が多いとiPhoneや高級腕時計、メルセデス・ベンツと交換できる規格外のスケールです。

また、デモコンテストを2週間単位で常時開催しており、毎回のデモコンテストで賞金総額10万円が用意されています。大手海外FX業者だからこそ、プロモーションの特典内容も大盤振る舞いなのは魅力的です。

【おすすめ海外FX口座9位】TradeView (トレードビュー)

TradeViewの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
500倍 Xレバレッジ口座
ILC口座
cTrader口座
無し
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4
MetaTrader5
cTrader
可能 可能
初回最低入金額 Xレバレッジ口座 100ドル相当額 
ILC口座 1000ドル相当額
cTrader口座 1000ドル相当額
入金方法 海外銀行送金/bitwallet/クレジット・デビットカード
出金方法 国内銀行送金/海外銀行送金/bitwallet/クレジット・デビットカード

TradeViewの特徴

メリット デメリット
取引手数料とスプレッドのコスパが良い
最大400倍レバレッジ・ゼロカット
最大発注量・ポジション数に制限なし
あらゆる取引ツールに対応
スワップポイントが不利
日本語サポートはメールのみ
ロスカット水準が100%
最大400倍レバレッジは低め
取り扱い銘柄が少ない
ボーナスがない

TradeViewの運営情報

運営
Tradeview Financial Markets SAC
設立
2004年
金融ライセンス
CIMA(イギリス領ケイマン諸島金融庁)
IBFC(ラブアン国際ビジネス金融センター)
ペルー政府

【おすすめ海外FX:TradeView】上級者向けの低スプレッド口座が魅力

TradeViewは、完全に上級者向けのニッチな海外FX業者と言えるでしょう。TradeView自体は、金融の中心地であるウォール街で誕生しました。

機関投資家・プロのトレーダー向けに事業を元々展開しており、実際に提供しているサービスもかなり上級者向けの仕様です。

例えば、TradeViewでは、3つの口座タイプの中で2つがECN方式を採用しています。ECN方式としての取引手数料は、1ロット当たり片道2.5ドルと非常に安いです。

実際のスプレッドは、ファンドマネージャー向けに展開していたこともあり、かなり狭い。ドル円の平均スプレッドは0.9pipsほどになります。TradeViewのスプレッドは狭い水準かつ、安定性に優れます。

新興ブローカーだと、経済指標発表時や過熱相場で最大スプレッドが大幅に乖離する問題がありますが、TradeViewのECN方式は別格です。ECN方式の約定力・スプレッド・安定性を決めるリクイディティプロバイダーが50社以上を超えており、全てがハイレベル。

したがって、注文が通らない、約定レートがズレているといったトラブルがまず発生しません。

【おすすめ海外FX:TradeView】取引サイズに一切の制限がない

TradingViewの最大発注数量は、1回当たり75ロットで同時保有ロット数は26250ロットと大口取引に十分に対応できます。

しかし、ロット数を含めてTradeViewの取引ルールは比較的柔軟です。

ファンドマネージャー向けの海外FX業者として運営していた経緯から、サポート窓口に相談する形で、特別な取引ルールを設定できる場合があります。

ただし、海外の有名レビューサイトFPA(ForexPeaceArmy)では、ある程度の資金量がある大口取引への待遇が良いといった意見があるため、少額資金の小口トレーダーは標準ルール内の取引がベースになり可能性が高いです。

【おすすめ海外FX:TradeView】初心者には不向きな面が多い

TradeViewは、上級者向けのサービスが多いです。一方で、初心者が初めて海外FX業者として選ぶには敷居が高いと言えます。

例えば、海外FX業者を利用する上で、求められるレバレッジの高さで考えると、Xレバレッジ口座が最大500倍、TradeViewの得意分野であるECN方式のILC口座・cTrader口座では200倍、400倍と低いです。

少額資金でトレードをしたい方には、物足りない倍率になります。

また、TradeViewはプロモーション活動に対して消極的であり、ボーナスの実施もありません。初心者のうちは、XMやGEMFOREXなどボーナスが豊富なFX業者で経験を積み、上達と共にTradeViewの様な上級者向けの海外FX口座へとステップアップしていくのがおすすめです。

【おすすめ海外FX口座10位】IS6FX (アイエスシックスFX)

IS6FXの基本情報

最大レバレッジ 口座タイプ ボーナスの提供
1000倍 マイクロ口座
スタンダード口座
プロ口座
口座開設ボーナス
入金ボーナス
取引プラットフォーム スキャルピング 自動売買
MetaTrader4 可能 可能
初回最低入金額 マイクロ口座 1ドル相当額
スタンダード口座 1ドル相当額
プロ口座 1000ドル相当額
入金方法 国内銀行送金/クレジット・デビットカード
出金方法 海外銀行送金/クレジット・デビットカード

IS6FXの特徴

メリット デメリット
最大1000倍レバレッジ・ゼロカットボーナスが豊富
最大6000倍レバレッジの限定口座がある
あらゆる取引ツールに対応
1000通貨単位の取引口座がある
国内銀行送金が使えない
金融ライセンスを取得していない
取り扱い銘柄が少ない
大口取引に弱い

IS6FXの運営情報

運営
TEC Solution.Ltd
設立
2020年
金融ライセンス
無し

【おすすめ海外FX:is6com】is6comからリニューアルで大きく進化した

IS6FXは、元is6comとして日本でも知名度のある海外FX業者です。2020年に大手IT企業のTEC World Groupに買収され、IS6FXとしてリニューアルしました。

最大1000倍レバレッジや口座開設、入金ボーナスの実施に積極的です。少額資金で取引を始めたい初心者には、IS6FXを利用する価値大でしょう。

また、海外FX業者では、1ロット当たり10万通貨が標準ロットですが、1ロット1000通貨単位のマイクロ口座もあります。ロットサイズが小さいと利益も小さくなりますが、少額でも実践経験を積みたい方には有用です。

【おすすめ海外FX:is6com】金融ライセンスがない不安感はある

IS6FXのデメリットとして、金融ライセンスを未取得で信頼性に弱い部分があります。

ちなみに、SVG IBC(SVGインターナショナル・ ビジネス・コーポレーション)のライセンスを運営と元であるTEC Worldが取得していますが、国際企業向けのライセンスであり、金融ライセンスとしての効果はありません。

FX業者としての第三者機関からライセンスは受けていませんが、IS6FXの運営元TEC Worldの企業母体が資本金約400億円と大きく、会社概要まで細かく後悔されているのは好印象です。海外FX業者で運営元の情報を細かく開示しているケースは珍しく、透明性の高さは評価されています。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!