海外FXは法人口座で税率が低くなる?法人化のメリット・デメリットとおすすめ業者

海外FX業者の中には、法人口座を提供している場合があります。

法人口座とは、文字通り法人としてトレードを行うための口座タイプです。

海外FX業者は、取引で発生した利益が大きいほど税率が高くなるため、法人口座を使うことで節税効果が期待できます。

本記事では、海外FXで法人口座を使うメリット・デメリットや、法人口座に対応する海外FX業者をまとめました。

この記事で分かること

海外FXの法人口座は税率が低い?個人口座との違い

海外FXの法人口座は、国内FXの法人口座と開設する意味や仕様が異なります。

それでは海外FXの法人口座と個人口座には、具体的にどういった違いがあるのでしょうか?

口座の種類

法人口座

個人口座

発生する税金

法人税

法人住民税

法人事業税

所得税

住民税

税率

【法人税】15%~23.4%

【法人住民税】1.0%~20.7%

【法人事業税】3.5%~7%

【所得税】5%~45%

【住民税】10%

損益通算

できない

できない

損益繰越

できる

(10年まで)

できない

未決済ポジションへの課税

含み益は課税対象

課税対象外

経費計上が可能な項目数

多い

少ない

海外FX業者の法人口座と個人口座の違いを簡単な表にまとめました。

法人口座と個人口座で気になる違いは、やはり税金に関する内容が多いです。根本的に、海外FX業者の法人口座と個人口座で発生した利益に対して納税する税金が異なります。

また、個人口座は税率の振れ幅、特に上限の割合が高く、法人口座は税率の上限が低い割合です。

プロトレーダーが法人口座を利用する最大の理由は、最大税率が低く、損益繰越など優遇される面が多いことにあります。

海外FXの税率が高いのは累進課税が原因

海外FXの税率は一般的には高いイメージがあります。

なぜなら、海外FXの取引で発生した利益には「累進課税制度(るいしんかぜいせいど)」が適用されるからです。

累進課税とは、課税対象となる所得が増えると、比例して税率も高くなる課税方式のことを指します。

したがって、海外FXの個人口座で利益が発生した場合、以下の累進課税が適用されます。

✓海外FX個人口座の税率

1年間の所得合計

所得税率

控除額

住民税率

195万円以下

5%

0円

10%

195万超~330万以下

10%

9万7,500円

330万超~695万以下

20%

42万7,500円

695万超~900万以下

23%

63万6,000円

900万超~1,800万以下

33%

153万6,000円

1,800万超~4,000万以下

40%

279万6,000円

4,000万超

45%

479万6,000円

つまり、海外FXの個人口座では所得税の税率が最大45%で利益の半分近くを税金として納めなければなりません。

✓海外FX法人口座の税率

1年間の所得合計

法人事業税率

400万円以下の部分

3.5%

400万円超800万円以下の部分

5.3%

800万円超の部分

7%

一方で、海外FXの法人口座で発生する法人住民税は最大でも20.7%の税率です。

したがって、年間の利益がある程度の金額に達したら、海外FXの法人口座を利用する方が良いでしょう。

取引条件は個人・法人口座も同じ

国内FXの法人口座では、節税効果以外にも「法人口座のレバレッジが適用される」というメリットがあります。

通常、国内FX業者の個人口座では最大25倍のレバレッジが上限です。しかし、国内FXの法人口座では通貨ペア別に変動制で100倍前後の法人口座レバレッジが適用されます。

一方で、海外FXの法人口座は、ほとんどの場合は個人口座と同じ取引条件です。元より、海外FXの個人口座は、レバレッジやゼロカットなど国内FX口座より有利な要素が多くあります。

法人口座でも、同じ取引条件が適用されることで、節税効果と海外FXの有利な取引条件の両方のメリットが受けられるのです。

また、海外FX業者によっては法人口座に関しても、個人口座と同じボーナスを提供される場合があります。
法人口座を使ったからといって、取引条件が厳しくなることはないので安心しましょう。

海外FXで法人化するタイミングとは?

海外FXで法人化するタイミングはいつでしょうか?

海外FXで法人口座を開設するために、法人化をする場合は、一般的な法人設立の費用だけでなく、海外FXで法人として継続的にやっていけるかなども考える必要があります。

もちろん、自分自身のトレード技術などは取引履歴や毎年の利益額などから、具体的な数字を持って今後の判断が可能です。

海外FXの法人化は年間利益で考える

「いくら以上稼いだら海外FXは法人口座を使わなければならない」といったルールはありませんが、海外FXで得ている年間の利益を基準に法人化を考えることができます。

例えば、海外FXの個人口座で年間の利益が900万円を超える場合は法人化を検討すべきでしょう。

年間の利益が900万円を超えると、個人口座では所得税率が33%となり、法人口座の法人税の23.4%を上回ります。

他に損益繰越などが可能になることを考えると、海外FXの法人化は年間利益900万円を超えた当たりから、税理士など専門家に相談しつつ考えましょう。

海外FXで法人化する意味のない場合

海外FX業者で法人化する意味がない場合は、年間の利益が900万円未満の場合です。

年間の利益が900万円未満では、個人口座と法人口座で税率にほとんど違いはありません。

また、法人税の場合は、法人の設立と維持に費用も発生します。

費用面を踏まえると、個人口座と法人口座に税率の差がほとんどない、年間900万円未満の利益では、法人化する意味がないと言えるでしょう。

海外FXを法人口座で利用するメリット

✓海外FXを法人口座で利用するメリット
(1)経費できる項目が増える
(2)最大の税率が低い
(3)事業所得の損益通算ができる
(4)損失繰越ができる

ここでは、海外FX業者で法人口座を利用するメリットをご紹介します。

海外FX業者で法人口座を利用する主なメリットは節税効果です。
法人口座を利用することで、どういったお金が控除対象となり、節税効果が期待できるか見てみましょう。

(1)経費できる項目が増える

高額な税金を払い過ぎないための対策して、最も効果的なのは「経費(けいひ)」とは、事業に使った費用のことを言います。

海外FXの法人口座で取引を行う事業に使った費用は、経費として利益から差し引くことが可能です。

一般的に海外FXを使った取引で経費として認められているのは以下の費用になります。

✓海外FXの経費例
【新聞書籍費】FX関連の書籍を購入した代金 (例)テクニカル分析の教材など
【採用教育費】FX関連のセミナー受講料やプロップトレーダーの教材費用など
【旅費交通費】FX関連のセミナーに出席するための交通費や宿泊費用など
【減価償却費】トレード用パソコンや自動売買用の常駐サーバーなど耐用年数4年
【事務用品費】コピー用紙や文具など (例)トレード日誌
【通信費】FXに使った範囲の携帯料金やインターネット料金
【会議費】FX関連のミーティングやトレーダー同士の情報交換を目的とした会合の費用

海外FXを使った取引で発生した利益から、上記の必要経費を差し引いた金額から税金の金額が決まります。

(2)最大の税率が低い

法人口座は、個人口座に適用される税率と比べて最大割合が低いメリットがあります。

例えば、法人化していない個人では、海外FXで発生した所得の合計金額に応じて最大45%の税率が適用されます。

個人口座

法人口座

【所得税】5%~45%

【住民税】10%

【法人税】15%~23.4%

【法人住民税】1.0%~20.7%

【法人事業税】3.5%~7%

一方で、海外FXの法人口座の場合は個人口座と同様に、年間の所得合計が多いほど税率は上がるものの、法人税が最大23.4%、法人住民税が最大20.7%、法人事業税が最大7%と割合がはるかに低くなります。

(3)事業所得の損益通算ができる

海外FXの法人口座で発生した利益は、事業所得として扱われます。

したがって、海外FXの法人口座で発生した利益は、同じ事業所得と損益通算ができることがメリットです。

損益通算とは、同じ事業所得の範囲で赤字と黒字の両方を合算して課税対象となる所得を算出することを指します。

例えば、海外FXの法人口座で大きく利益が発生した年度でも、他の事業で損失が多ければ、合算した事業所得が課税対象です。

(4)損失繰越ができる

海外FXの個人口座では、国内FXの個人口座と異なり損失繰越ができません。

しかし、海外FXの法人口座に関しては、損益繰越が可能です。

損益繰越とは、海外FXの法人口座で発生した本年分の損失が控除しきれない場合に、翌年以降の利益から控除できる制度になります。

国内FXの個人口座では、損益繰越ができるのは損失が発生した年度から3年間です。
しかし、海外FXの法人口座は事業所得として扱われるため、損失繰越は損失が発生した年度から10年間にもなります。

海外FXを法人口座で利用するデメリット

✓海外FXを法人口座で利用するデメリット
(1)法人の設立と維持コスト
(2)口座開設に手間がある
(3)法人口座非対応の海外FXもある
(4)ボーナスが受け取れない場合もある

ここでは、海外FX業者で法人口座を利用するデメリットをご紹介します。

海外FX業者で法人口座を利用することで、節税効果が期待できるメリットがある一方で、個人口座では発生しない手間と費用が主なデメリットです。それでは詳しく見ていきましょう。

(1)法人の設立と維持コスト

海外FXの法人口座は、もちろん法人を設立していなければ利用できません。

したがって、個人口座と異なり、法人の設立と法人を維持するためのコストが発生します。

法人設立と維持コストが発生するため、個人口座と違い気軽に海外FXの口座を開設できないことがデメリットと言えるでしょう。

✓法人の設立コスト相場

株式会社を設立する場合

合同会社を設立する場合

【法定費用】242,000円
【手続きを依頼する場合】10,000円~

【法定費用】100,000円

【手続きを依頼する場合】10,000円~

例えば、株式会社を設立する場合は定款に、紙の場合は印紙代が40,000円、印紙代が不要の電子定款の場合でも認証手数料が50,000円発生します。

また、登記には登録免許税が発生し、「資本金×0.7%」に相当する金額を支払わなければなりません。

海外FXの法人口座を使うために法人化する場合、ほとんど資本金は必要ないものの、登録免許税は少なくとも150,000円以上発生します。

(2)口座開設に手間がある

海外FXの口座開設は、ウェブ上で完結する簡単な手続きで即日完了することがほとんどです。

しかし、海外FXの法人口座に関しては、個人口座より開設するために手間が多いデメリットがあります。

また、海外FX業者の全てが日本から利用できる法人口座を提供しているとは限りません。

まずは、法人口座を開設するために、日本から利用するトレーダーでも法人口座が開設できるか確認する必要があるでしょう。

✓海外FXの口座開設に必要な書類の違い

法人口座

個人口座

登記簿謄本

設立定款

株主名簿

法人住所確認書類

取締役の身分証明書・現住所確認書類

取締役決定書


【本人確認書類として以下から1点】

運転免許証

マイナンバーカード

パスポート

在留カード・特別永住証明書

【現住所確認書類として以下から1点】

国民健康保険証・社会保険証

住民票

電気・ガス・水道などの公共料金請求書

固定・携帯電話請求書

クレジットカード請求書

納税証明書

海外FXの法人口座を開設するために必要な書類は、各社で異なるものの基本的には上記の書類が必要になります。

海外FXの個人口座では、本人確認書類と現住所確認書類で2点の必要書類に対して、法人口座では6種類もの必要書類を提出しなければなりません。

(3)法人口座非対応の海外FXもある

海外FXの中には、日本居住者向けに法人口座を提供していない場合もあります。

海外FX業者は、日本に拠点がなく、日本の金融庁が管轄していないFX業者です。

規制の都合上、日本人向けに勧誘を行ってはいけないため、日本居住者向けには法人口座が提供されてない場合も多くあります。

(4)ボーナスが受け取れない場合もある

海外FXを使う魅力の1つでもある「ボーナス」。

各海外FX業者が実施しているボーナスキャンペーンを利用することで、追加のトレード資金を手に入れたり、ボーナス自体を利益の一部として受け取ることができます。

海外FX業者の中には、法人口座に関しては口座タイプを問わず、ボーナスキャンペーンの対象外としている場合もあるため注意が必要です。

特に、FX初心者の方や国内FXで取引経験が豊富でも海外FXの経験が浅いといった方は、ボーナスを活用してから法人化を検討することをおすすめします。

また、法人口座に関しても個人口座と同様にボーナスが利用できる場合もあるため、各社のボーナスに関する規約を確認することも大切です。

海外FXの法人口座でおすすめの業者4選

ここでは、法人口座の開設に対応している海外FX業者でおすすめの4社をご紹介します。

海外FXの法人口座は、個人口座以上に信頼性できる運営会社であることを重視しなければなりません。

海外FXで法人化をすれば、自身の会社の事業で使う運用資金を海外FX業者に預け入れることになります。

金融ライセンスの取得による信頼性はもちろんのこと、取引条件も確認しておきましょう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

✓GEMFOREX(ゲムフォレックス)の基本情報

GEMFOREXの運営会社

Gem Group Holdings LTD

運営会社の所在地

33, Edith Cavell Street, C/o IQ EQ Fund Services (Mauritius) Ltd, Port-Louis, 11324 Mauritius

金融ライセンス

モーリシャス金融ライセンス GB21026537

運営会社の設立

2010年

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、取引手数料が無料で使える低スプレッド口座や、元自動売買配信業者としての経験を生かした、無料のミラートレードサービスが魅力です。

GEMFOREXは、日本からも法人口座を開設でき、全ての口座タイプ・サービスがそのまま利用できます。

また、GEMFOREXは日本語サポート体制が優れた海外FX業者であり、日本人スタッフが常駐しているため、法人口座に関する手続きやトラブル解決もスムーズです。

✓GEMFOREX(ゲムフォレックス)の取引条件

口座タイプ

オールインワン口座

(All in one口座)

ノースプレッド口座

(No Spread口座)

5000倍口座

ミラートレード専用

ガチゼロ口座

取引方式

NDD(STP方式)/DD

NDD(ECN方式)/DD

NDD(STP方式)/DD

NDD(STP方式)/DD

NDD(STP方式)/DD

取引プラットフォーム

MT4/MT5

MT4/MT5

MT4/MT5

MT4/MT5

MT4/MT5

取引手数料

無料

無料

無料

無料

無料

最大レバレッジ

1000倍

1000倍

5000倍

1000倍

1000倍

通貨単位(1lot)

10万通貨

10万通貨

10万通貨

10万通貨

10万通貨

最大注文数量

(ポジションごと)

30lot

30lot

30lot

30lot

50lot

最小注文数量

(ポジションごと)

0.01lot

0.01lot

0.01lot

0.01lot

0.01lot

最大保有ポジション

(予約注文含む)

30lot

30lot

30lot

30lot

無制限

最低入金額

5,000円相当

300,000円相当

50,000円相当

100,000円相当

5,000円相当

取り扱い通貨ペア

58種類

58種類

58種類

58種類

16種類

CFD

15種類

3種類

15種類

15種類

2種類

口座開設ボーナス

あり

あり

あり

なし

なし

入金ボーナス

あり

あり

あり

なし

なし

取引ボーナス

なし

なし

なし

なし

なし

GEMFOREXが提供する各口座タイプの取引条件は上記の通りです。

GEMFOREXでは、法人口座に関しても、個人口座と同様の取引条件が適用され、ボーナスに関しても原則対象となります。

ただし、ガチゼロ口座を除く口座タイプは、全て最大30ロットまでしか取引できません。

ガチゼロ口座に関しても、一度に発注できるのは50ロットまでのため、大口取引が苦手です。
GEMFOREXで法人口座を利用する場合は、大口取引を行わないトレードスタイルであることが重要になります。

GemForex評判(ゲムフォレックス)│怪しい?危険?噂の口コミからメリット・デメリットまで総合評価

FXGT(エフエックスジーティー)

✓FXGT(エフエックスジーティー)の運営会社

FXGTの運営会社

360 Degrees Markets Ltd.

運営会社の所在地

Room 12, First Floor, Kingsgate House, Victoria, Mahe, Seychelles

金融ライセンス

セーシェル共和国金融庁 SD019

運営会社の設立

2019年

FXGT(エフエックスジーティー)は、仮想通貨CFDを本格的に取り入れた海外FX業者の1つです。

仮想通貨の取引で発生した利益は、海外FXの個人口座と同様に国内取引所を使った場合も、雑所得に分類され、所得税は最大税率45%にもなる累進課税が適用されます。

仮想通貨の短期トレードで生計を建てるなら、FXGTの法人口座は非常に良い取引環境になるでしょう。

✓FXGT(エフエックスジーティー)の取引条件

口座タイプ

ミニ口座

スタンダード+口座

Crypto MAX口座

FX専用口座

プロ口座

ECN口座

取引方式

NDD STP方式

NDD STP方式

NDD STP方式

NDD STP方式

NDD STP方式

NDD ECN方式

取引プラットフォーム

MT5

MT5

MT5

MT5

MT5

MT5

取引手数料

無料

無料

無料

無料

無料

有料

最大レバレッジ

1,000倍

1,000倍

500倍

500倍

1,000倍

1,000倍

通貨単位(1lot)

1万通貨

10万通貨

10万通貨

10万通貨

10万通貨

10万通貨

最大注文数量

(ポジションごと)

200lot

100lot

銘柄による

100lot

200lot

200lot

最小注文数量

(ポジションごと)

0.01lot

0.01lot

0.01lot

0.01lot

0.01lot

0.01lot

最大保有ポジション

(予約注文含む)

200lot

200lot

200lot

200lot

200lot

200lot

最低入金額

500円相当額

500円相当額

500円相当額

500円相当額

500円相当額

500円相当額

取り扱い通貨ペア

54種類

54種類

なし

54種類

54種類

54種類

CFD

20種類

108種類

90種類

45種類

128種類

128種類

FXGTが提供する各口座タイプの取引条件は上記の通りです。FXGTの取引条件が他社より有利なのは仮想通貨CFDになります。

したがって、法人口座で仮想通貨を対象に取引する際に利用するのがおすすめです。

一方で、FXやその他CFDも取引する場合は、仮想通貨CFD専用にFXGT、FXの取引はスプレッドの狭いAXIORYやTitanFXで行うといった形で使い分けると良いでしょう。

FXGT(エフエックスGT)の評判・特徴・口コミ

AXIORY(アキシオリー)

✓AXIORY(アキシオリー)の基本情報

AXIORYの運営会社

Axiory Global Ltd.

運営会社の所在地

No. 1 Corner of William Fonseca Street, Marine Parade, Belize City, Belize, C.A.

金融ライセンス

ベリーズ国際金融サービス委員会 No.IFSC 000122/267

運営会社の設立

2011年

AXIORY(アキシオリー)は、低スプレッドと高い約定力で上級者トレーダーに愛用者が多い海外FX業者です。

もちろん、法人口座の開設にも対応しており、大口取引も可能なことから法人口座で取引するプロトレーダーに最適な環境が整っています。

法人口座に関しても、AXIORYでは個人口座と同じ取引条件が適用されます。元々AXIORYが提供している上級者向けだからです。

✓AXIORY(アキシオリー)の取引条件

口座タイプ

スタンダード口座

ナノ口座

テラ口座

アルファ口座

取引方式

NDD STP方式

NDD ECN方式

NDD ECN方式

NDD STP方式

取引プラットフォーム

MT4/cTrader

MT4/cTrader

MT5

MT5

取引手数料

無料

有料

有料

有料

最大レバレッジ

400倍

400倍

400倍

1倍

通貨単位(1lot)

10万通貨

10万通貨

10万通貨

最大注文数量

(ポジションごと)

1,000lot

1,000lot

1,000lot

100,000lot

最小注文数量

(ポジションごと)

0.01lot

0.01lot

0.01lot

1lot

最大保有ポジション

(予約注文含む)

上限無し

上限無し

上限無し

上限無し

最低入金額

1,000円相当額

1,000円相当額

1,000円相当額

1,000円相当額

取り扱い通貨ペア

61種類

61種類

61種類

なし

CFD

97種類

97種類

97種類

現物・ETFが120種類超

AXIORYが提供する各口座タイプの取引条件は上記の通りです。

最大400倍のレバレッジは、他社と比べると倍率が低いものの、口座残高が500万円を超えるまでレバレッジ制限がありません。

また、1度に1,000ロットも発注することができ、プロ向けの取引プラットフォームcTraderが利用できます。

cTraderは、インターバンク市場に直結するNDD ECN方式を採用しており、ライセンス契約をしているFX業者しか利用できません。
大口取引で約定力の求められるスキャルピングを行うなら、AXIORYの法人口座は最適でしょう。

AXIORY(アキシオリー)の評判│出金トラブルやデメリットは?口コミと辛口評価

TitanFX(タイタンエフエックス)

✓TitanFX(タイタンエフエックス)の基本情報

TitanFXの運営会社

Titan FX Limited

運営会社の所在地

1st Floor, Govant Building, Kumul Highway Port Vila, Vanuatu

金融ライセンス

バヌアツ金融サービス委員会(VFSC) No.40313

運営会社の設立

2014年

TitanFX(タイタンエフエックス)は、今回ご紹介する4社では運営年数の浅い中堅クラスの海外FX業者です。

しかし、安定した低スプレッドと約定力の提供で上級者トレーダーからTitanFXのトレード環境は高く評価されています。

独自のZero Pointテクノロジーによって、機関投資家レベルのトレード環境を備えているのがTitanFXの特徴です。

✓TitanFXの取引条件

口座タイプ

スタンダード口座

ブレード口座

取引方式

NDD方式(STP)

NDD方式(ECN)

取引プラットフォーム

MT4/MT5

MT4/MT5

取引手数料

無料

有料

最大レバレッジ

500倍

500倍

通貨単位(1lot)

10万通貨

10万通貨

最大注文数量

(ポジションごと)

100lot

100lot

最小注文数量

(ポジションごと)

0.01lot

0.01lot

最大保有ポジション

(予約注文含む)

20,000ロット

20,000ロット

最低入金額

20,000円相当

20,000円相当

取り扱い通貨ペア

60種類

60種類

CFD

124種類

124種類

TitanFXの各口座タイプに適用される取引条件は上記の通りです。

TitanFXで法人口座を開設する場合はブレード口座をおすすめします。
なぜなら、ブレード口座は取引手数料を支払うことで、TitanFXの提携する金融機関の中から常に狭いスプレッドが提示されるからです。

取引手数料を含めた実質スプレッドが狭く、また通貨ペア以外の銘柄もブレード口座は業界トップクラスの低スプレッドを提供しています。

また、法人口座を使って大口取引を行うトレーダーでも、口座残高によるレバレッジ制限のないTitanFXは非常に使いやすいでしょう。

TitanFX(タイタンFX)評判・口コミ│危険性・悪質トラブルやデメリットからも辛口評価

海外FXの法人口座 まとめ

本記事は「海外FXは法人口座で税率が低くなる?法人化のメリット・デメリットとおすすめ業者」のテーマでお届けしました。

海外FXによる年間所得が900万円を超えてくると、やはり高額な税金を支払う必要も出てきます。
もちろん、虚偽の申告による脱税はいけませんが、法人化によって適用される制度を利用する範囲で節税は検討すべきです。

海外FXの個人口座では、損益通算や損失繰越ができないため、利益と運用資金が大きくなってきたら、リスク管理の1つとしても海外FXで法人化を考えてみましょう。

  • twitter
  • facebook
  • LINE
このサイトのタイトルとURLをコピーする
海外FX戦士の編集長:
森 栄一(もりえいいち)

記事は税理士歴10年以上の税理士が監修。もちろん海外FXの現役トレーダー。趣味は旅行と馬。最近はドラクエウォークにはまっています!